Weiss Ratingsが初の仮想通貨格付けを発表

独立系格付機関のWeiss Ratingsが初めて仮想通貨の格付けを発表しました。

今回の格付けは大変注目を集めていましたが、個人投資家からは結果はやや期待はずれなものとなりました。

まだ格付けを確認していない方はぜひ確認してみてください。

評価の目的は投資家保護

weiss ratingsは、過大評価されている通貨などに適切な評価をすることで投資家を保護するなどの狙いがあります。今回の格付けはとても多くの人からの注目を集め、数十万のアクセスをこの数時間で記録したとされています。

格付け評価は5段階

格付け評価はE〜からAの五段階で、それぞれに+,-がつく評価があります。

A = excellent
B = good
C = fair
D = weak
E = very weak

ビットコインはC+ イーサリアムはB

今回の格付けでは、元祖仮想通貨であるビットコインはC+という評価になりました。

最高評価はイーサリアムなどのBという結果でした。評価ごとの通貨を紹介していきます。(一部抜粋)

B評価の通貨

  • EOS(EOS)
  • Ethereum(ETH)

B-評価の通貨

  • Cardano(ADA)
  • NEO(NEO)
  • Steem(STEEM)

C+評価の通貨

  • Ark(ARK)
  • Bitcoin(BTC)
  • Bit Shares(BTS)
  • Dash(DASH)
  • NEM(XEM)

C評価の通貨

  • Ethereum Classic(ETC)
  • Monero(XMR)
  • Lisk(LSK)
  • Doge coin(DOGE)
  • Counter Party(XCP)

考察などは後ほど追記します。

(参照元:https://weisscryptocurrencyratings.com/)

関連記事

仮想通貨、儲かるの?素人が10万円から始めてみたvol.1

分散ストレージ型?未来予測型?テーマ別アルトコイン徹底解説

仮想通貨の価格下落要因を徹底解説 | 今後注目のイベントと展望は?

コインチェック不正送金事件の本質と利用者が身につけるべき知識

仮想通貨の暴落要因は?なぜ毎年1月に暴落するの?そして未来は?

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら