【仮想通貨】アービトラージの方法とは?その仕組みや稼ぎ方について

仮想通貨投資で稼ぐ方法に、取引所間の価格差を利用して稼ぐアービトラージという手法が存在します。

本記事では、低リスクで確実に稼げると言われるアービトラージの仕組みやメリット・デメリット、その具体的な方法まで解説していきます。

アービトラージはどのような仕組みで利益を出しているのでしょうか。

仮想通貨のアービトラージとは

アービトラージ(裁定取引)とは、取引所間に存在する商品の価格差を利用して利ざやを得る取引手法のことです。例えば、市場Aと市場Bのビットコインの価格に1万円の価格差があった場合、両者の市場で売買を行き来すれば1万円の利益が出ます。

通常の取引と異なるのは、取引時の【価格差≒利益】となる点です。取引時に1万円の価格差があれば、取引所Aで買い(売り)・取引所Bで売り(買い)で入ることで、その後ビットコインの価格がいくら上下しても利益が出ます。こうした性質から低リスクな取引手法として知られています。

あらゆる商品の価格は取引所ごとに異なります。アービトラージという言葉は幅広い概念であり、株式や先物取引、転売(せどり)やブックメーカーなど様々な場面で使われることがあります。インターネット取引が浸透している現在では、自動取引や不在庫取引によるアービトラージが盛んに行われています。

仮想通貨のアービトラージで稼ぐ仕組み

仮想通貨のアービトラージで利益を出す仕組みは、主に以下の2つに分かれます。

A.取引所間で資金を移動させる手法

(価格差)-(売買手数料×2)-(送金手数料)=(利益)

例)取引所Aで1BTC60万円、取引所Bで65万円だった場合
1.取引所Aで1BTC購入
2.取引所Bに送金
3.取引所Bで売却(5万円から各種手数料を引いた額が利益)

売買手数料と送金手数料を差し引いた金額が利益となります。この手法では送金から売却までに時間がかかるため、利益を確定するまでに価格差が調整される危険があります。

B.取引所間で資金を移動させない手法

(調整幅)-(売買手数料×4)=(利益)

例)取引所Aで1BTC60万円、取引所Bで65万円だった場合
1.取引所Aで1BTC購入、取引所Bで1BTC空売り
2.取引所の価格差が調整された段階で取引所AのBTCを売却、取引所BのBTCを買い戻す

取引所間の価格差の調整幅から手数料を差し引いた額が利益となります。5万円の価格差が3万円になった段階で決済すれば、取引所間で資金を移動させることなく2万円の利益を出すことができます。同時決済が可能なため、この手法が一般的です。

この作業を何周できるかによって、利益の総額が決まってきます。

仮想通貨のアービトラージが注目されている理由

では、なぜ仮想通貨のアービトラージが注目されているのか。その理由は、以下の8つです。

  • 世界中に取引所が点在している
  • 海外取引所にも気軽にアクセスできる
  • 自動取引が可能
  • ボラティリティ(価格変動)が激しい
  • 情報の浸透に遅延が生じる
  • 仮想通貨の種類が豊富
  • 売買/送金手数料が小さい
  • 法整備が十分に進んでいない

仮想通貨取引所は世界中にあるものの、取り扱っている銘柄は似通っています。その上、誰でもアカウントが作れてしまうため、日本にいながら世界中の取引所に接続できます。各取引所ではAPIと呼ばれるコンピュータから取引所を操作できるインターフェイスを配布しているので、自動取引システムを作成することが可能です。

そして、仮想通貨の価格は取引所ごとに異なり、値動きが激しいので取引所間の価格差が大きくなります。特に一部の地域でビッグニュースが入った場合は極端な価格差が生じます。例えば中国で大規模な規制が入った場合、まず中国の取引所で価格が下がり、次いで世界中の取引所価格に波及していきます。

主要取引所におけるリアルタイムでの価格差が知りたい方は、Coin Choiceを参照してみてください。通常時でもビットコインの価格が数千円~1万円近くあるのが分かります。ビットコイン以外も仮想通貨は種類豊富なため、数千、数万通りのアービトラージの可能性があります。

https://coinchoice.net/btc_rate/

取引手数料、送金手数料が小さく、まだ法規制が進んでいないという点もアービトラージを後押ししています。

このように取引しやすく価格差が激しいため、仮想通貨のアービトラージが注目されているのです。ただし、欠点も多数存在します。

仮想通貨のアービトラージを行うメリット・デメリット

メリット

理論上は確実に儲かる

将来の価格ではなく現在の価格差によって利益を出す仕組みなため、理論上は確実に利益を出すことが可能です。60万円で取引されている商品を65万円で取引されている市場に運んで稼ぐような話なので、稼げないわけがありません。

一般的なトレードでは、価格の上下に一喜一憂してしまう人が多いと思いますが、アービトラージではそうした心配がありません。

仮想通貨の専門知識は不要

アービトラージにおいて仮想通貨に将来性があるかどうかは無関係です。ブロックチェーン技術や各通貨の有用性など、一切調べなくても稼ぐことができてしまいます。

アルゴリズムやツールが公開されている

ネットで調べてみると、エンジニアの方がアービトラージの方法、ツール、アルゴリズムを公開しています。丁寧に解説してくれている記事もあり、初心者の方(とはいえパソコンが苦手な人にはちょっと厳しい)でも始めやすい環境が整っています。

相場に左右されず、低リスクで利益を出せる

トレードを行う際は、相場の動向に注力する必要があります。

仮想通貨は値動きが激しいため、トレードを行う際は常に大きなリスクを背負うことになります。しかしアービトラージでは価格差が問題となるので、相場の流れに関係なく利益を出すことが可能です。

デメリット

手動取引には向いていない

各取引所の売買を手動で行うには、相当な労力がかかります。アービトラージは回数を重ねて利益を積み重ねていくモデルなので、手動取引には向いていません。

アルゴリズム作成に知識と技術が必要

自動売買システムを作るにしても、やるべきことがたくさんあります。最低限のプログラミング知識の習得や売買条件の選定、起こり得る様々なリスク対策などをしていかなければなりません。

投資詐欺が横行している

アービトラージは理論上は確実に稼げる仕組みであるため、詐欺ツールなどが出回っています。「絶対稼げます」といったファンドやツールの販売業者には要注意です。また、開発元の分からないツールを使ってしまうと、ハッキングの対象となりやすいので気をつけてください。

薄利多売であり、多額の原資が必要

アービトラージでは、十分な原資がないと稼ぐことは難しいです。例えば、ビットコインの価格差が1万円あった場合、0.1BTCしか取引できなければ1,000円分の利ざやしか取れず、手数料のことを考えると利益がでません。

複数の取引所に資金を置いて取引をするなら、百万円単位の原資(余剰資金)がないと満足のいく利益を出すことは困難だと考えられます。

想定通りに約定されないことがある

常に意図した価格で売買できれば、誰でも利益を出すことができます。しかし、現実には急激な高騰や暴落などによって想定していた価格で約定できないことがあります。

2箇所の取引所で同時注文したのに一方の取引所だけ約定が通るなど、想定外の出来事が必ず起きます。

口座凍結やGOX(取引所閉鎖)、ハッキングのリスクがある

最も恐ろしいのは、口座凍結や取引所の閉鎖、ハッキングによって資産が溶けてしまうことです。アービトラージが推奨されていない取引所で自動取引をしてしまうと口座凍結となる可能性がありますし、取引所の閉鎖やハッキングリスクに常にさらされている怖さがあります。

元手を回収できたら、その分を引き出しておくのがリスクヘッジに繋がります。

仮想通貨のアービトラージは稼げるの?

現実問題としてアービトラージは稼げるのでしょうか?

結論から言うと、「稼げるが大勝ちできない」という話になります。この点について説明していきます。

昔はアービトラージが通用したが、今はかなり厳しい

2018年に入るまでは世界の取引所のビットコイン価格で数万円-数十万円の価格差が生じることが良くありました。その理由は、アービトラージによって利益を出そうとするユーザーがまだ少なかったからです。この時であれば資金が少なくとも十分に稼ぐことが可能でした。

しかし現在はアービトラージの情報が一般人にも出回るほどになり、取引における優位性が存在しなくなりました。多くのユーザーがアービトラージをするようになったことで、取引所間の価格差が生まれにくくなっているのです。

競合が増えれば利益効率は下がります。とはいえ、全く稼げないわけではありません。

アービトラージで稼ぐには?

今の市場においてアービトラージで稼ぐ方法は2つしかありません。

1.多額の資金を投入して高性能な自動売買ツールを運用する

まず、少なくとも百万円単位の資金があった方が良いです。アービトラージは口座凍結等のリスクもあるため余剰資金の中の余剰資金で行うのが良いでしょう。

その上でリスクを最小限に抑えてなるべく大きな利益を出せるアルゴリズムを搭載した自動売買ツールが必要となります。

例えば、原資100万円、ビットコインの価格差1万円、1回の取引で100円の利益が出るとします。この取引を1日100回できれば、1日あたり1万円の利益を出すことができます。1日あたり10回しか資金を回せなくとも年間36万5千円の利益、年利36.5%となるので、悪くない資産運用と言えます。

潤沢な原資と高性能な自動売買ツールが揃えば、競合ひしめく市場の中もで利益を出すことができます。

2.高利回りなアルトコインでアービトラージを行う

取引所でのビットコインの価格差は1~2%程度に収まっているものの、アルトコインでは10%以上の価格差が生じることもあります。

ということは、原資が少ない場合でも、情報収集力とアイデアがあればアービトラージで稼ぐことは可能なのです。

仮想通貨は2,000種類以上あり、フィアット、BTC、ETH、DOGEといった取引通貨があります。中には効率的にアービトラージできる組み合わせがあるはずなので、あらゆる可能性を探ってみると面白いことが判明するかもしれません。

いずれにしても仕組み化するまでは大変ですが、一度仕組みができてしまえば楽に収益を出せるようになります。自動化または作業化できるのがアービトラージの魅力なので、興味ある方は試してみてはどうでしょうか。

アービトラージを行う方法

実際にアービトラージを行う流れは以下になります。

1.取引所を開設する

まずは取引所を開設してください。これをしないと何も始まりません。

最低限登録しておきたいおすすめの取引所は次の4つです。

  • bitFlyer(新規登録停止中)
  • Zaif(必須)
  • Quoinex(必須)
  • Binance(必須)

ZaifとQuoniexとBinanceは価格差が開きやすいので、必ず登録しておきましょう。

2.APIキーの取得

※2.3.の工程を飛ばした場合、手動での取引となります。

自動取引を行う場合は、コンピュータで取引を操作するためのAPIキーの取得が必要です。取引所のほとんどは開発者向けにAPIを提供しているので、調べれば出てきます。例えば、bitFlyerでは4つのAPIを公開しています。
参考: https://bitflyer.com/ja-jp/api

プログラミングに触れたことのない方からすると分かりにくいかもしれませんが、とても大事な工程です。APIを活用することで、自身のコンピュータから直接に取引所の価格を取得、比較、売買するシステムを構築することが可能となります。

3.自動売買システム(bot)の構築

APIキーを取得できたら自動売買システム(以下、bot)を構築していきます。

botを作成するには、既存のツールをカスタマイズする方法と自分で新たに一から作り出す方法があります。とはいえ、エンジニアでない限りは簡単に作れるものではないので、前者で考えていきます。

既存のツールとしては、「R2 Bitcoin Arbitrager」などがあります。調べてみると専門的に解説している記事もあるので、ぜひ調べてみてください。
参考: https://github.com/bitrinjani/r2

こうしたbotの作成においては、書籍やUdemyなどの有料コンテンツを参照するのをおすすめします。情報の質が高く、システムの構築に失敗する可能性が減ります。
参考: https://www.udemy.com/

4.取引所に資金を投入、システムの稼働

準備が整ったら取引所に資金を投入し、システムを稼働させれば完成です。

最初のうちはテスト稼働として低資金で運用し、利益が出そうであれば投入額を増やしていくのが良いと思います。

アービトラージは誰でも手を出せる分野ではないものの、エンジニア気質で仮想通貨に興味のある方であれば、工程そのものを楽しめるのではないでしょうか。

まとめ

アービトラージは、理論上は確実に稼げる仕組みではあるものの、一筋縄ではいきません。特に仮想通貨は以前ほど価格差がなくなってきたため、稼ぐには十分な原資と自動売買ツールが欠かせなくなりました。

何よりも怖いのは、口座凍結や取引所の閉鎖、ハッキングによって資産が全てなくなってしまうことです。取引時は常にネットに接続した状態となり、通常時よりもハッキング被害に遭いやすい状態だと言えます。

アービトラージで安定して稼げるのは、既に大きな資産があり、自動売買ツールを運用できる人です。誰でも簡単に稼げるような市場ではありません。

それでもアービトラージをしてみたい方はアルトコインでの取引を検討することをおすすめします。アルトコインであれば取引所間で数十%の価格差が存在することもよくあるからです。

なお、「金鉱ではスコップを売れ」という格言があるように、アービトラージで稼ぐ際には、システムを販売するのが最も安定して高利益を出すことができます。

利益を出せる人はごくわずかです。であれば、金脈を見つけた(自動売買の仕組みができた)段階で自らその道を掘り続けるのではなく、スコップ(自動売買システム)を売り、その利益を新たな投資に回すのが合理的だと考えられます。

金脈を掘り続ければ、いずれ金が出なくなります。次の一手を考えて投資をしていきましょう。

関連記事

PoS(プルーフオブステーク)とは?定義・仕組み・PoWとの違い

仮想通貨の半減期とは | 価格への影響について徹底解説

ブロックチェーンとは?改めて基礎からわかりやすく解説

【対談】仮想通貨業界最前線の3人に聞いた「業界の現状と理想」

今回は、(…

仮想通貨のハードフォークとは|仕組み・メリットデメリットを解説

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら