イーサリアムのマイニングとは?仕組み・方法・最新情報を徹底解説

仮想通貨のマイニングとは?

仮想通貨におけるマイニング(採掘)とは、ブロックチェーン(分散型取引台帳)上に暗号化された取引(トランザクション)を承認・確認する作業のことです。マイニングに成功すると、マイナー(採掘者)は新規発行された仮想通貨の報酬を得ることができます。

イーサリアムのマイニングでは、現在はビットコインと同様にPoW(Proof of Work)という承認アルゴリズムが採用されています。

PoWによるマイニングは、コンピュータの計算速度を競い合って取引の承認作業が行われます。ハッシュ関数の膨大な計算処理を競い合い、最も早く計算が終了したユーザーにブロック生成の権利が与えられ、マイニング報酬が支払われます。

そのため、マイニングを行うコンピュータには計算速度が求められます。それは同時に膨大な電力の消費が必要であることも意味しています。

なお、ハッシュの計算は一方向性の性質を持つため、不正取引や改ざんがほぼ不可能となっています。これは次世代の通貨として仮想通貨(正確には暗号通貨)が注目されている理由の一つです。

※ただし、取引所やコンピュータがハッキングされると、仮想通貨は簡単に盗まれます。「不正は困難でも安全ではない」というのが現状となっています。

PoWの問題点

仮想通貨の代表的なマイニング方式であるPoWですが、様々な問題を抱えています。

主な問題は、先ほど挙げた電力、そして51%攻撃やスケーラビリティ、量子コンピュータ耐性についてです。

51%攻撃は、悪意を持ったマイニンググループが取引の承認権を独占した状態で不正取引を行うことを指します。マイニングの採掘速度が全体の51%(過半数)に達すると、マイニング報酬の独占や不正取引の承認が可能となると言われています。

また、取引量が増えるにつれてスケーラビリティの問題も表層化しやすく、送金詰まりによる着金の遅延や手数料の肥大化が懸念されます。

さらに、PoWはコンピュータの計算速度が競われるため、量子コンピュータが登場した段階で崩壊すると考えられています。量子コンピュータは従来のコンピュータの1億倍を超える計算速度が出せるので、マイニング市場を独占することや不正取引が可能になってしまうのです。

こうした問題を解決するためにも、イーサリアムはPoS(Proof of Stake)と呼ばれる承認アルゴリズムへのアップデートを予定しています。イーサリアムのPoSは「Casper」と呼ばれています。

PoWとPoSの違い

PoSによる承認アルゴリズムは、仮想通貨の保有期間×保有量に比例して取引の承認権が与えられ、新規発行された仮想通貨が配当される仕組みとなっています。バリデーター(PoSでマイニング作業を行う人)は、該当の仮想通貨を保有してネットワークに繋いでおくことで報酬が得られます。

PoWはコンピュータの計算速度を競い合っていたので電力消費が問題となっていたものの、PoSでは少ない電力でマイニング作業(PoSの場合はフォージングと呼ぶ)が可能です。また、先ほど挙げた51%攻撃も困難になり、スケーラビリティの問題も和らぎます。

とはいえ、先行者利益が大きい、資本格差が生まれやすい、流動性が滞るのではないか、不正が起きやすいのではないかという問題を抱えています。

PoWもPoSも不完全なアルゴリズムであり、この問題を解決するために様々な仮想通貨でいくつもの承認方式が試されています。

イーサリアムのマイニングは稼げるの?

では、イーサリアムのマイニングは稼げるのでしょうか。(ここでは、現在の承認アルゴリズムであるPoWで考えていきます。)

マイニングには、ソロマイニング・プールマイニング・クラウドマイニングの3種類が方法が存在します。それぞれ費用と収益の観点から解説していきます。

1.ソロマイニング

自前でコンピュータ環境を整えてマイニングする手法をソロマイニングといいます。ソロマイニングでは、初期費用と電力、設備費がかかりますが、採算が取れれば半年程度で初期費用をペイできることもあるそうです。

ただし、マイニングはマシンの計算速度が速くなければ、ブロック生成に成功する可能性は低く、報酬を得ることができません。イーサリアムのような有名な仮想通貨の場合は、企業が大規模なマイニング工場を抱えていたりするので、採算性は低くなります。

自宅にパソコンのある方であれば、それを利用することもできます。しかし、本格的にマイニングをしたければ、専用のGPU(グラフィックボード)またはASIC(マイニング専用の集積回路)を購入するのがおすすめです。

初期費用はかかるものの、セキュリティ面、マイニング効率の両面でメリットがあります。また、複数のGPU・ASICを用いることで、自分専用のマイニング工場を作ることも可能です。

ソロマイニングの初期費用の相場としては、GPUやASIC代で最低10万円程度はかけないと成果が分かりづらいと思います。その他の経費として、毎月の電力が1万円-2万円ほどかかります。

減価償却についても計算した上で中長期的な運用が必要ですし、マイニング機器はフル稼働させると発熱や故障が発生するので、パソコン機器の扱いが苦手な方は手を出さない方が良いかもしれません。

因みに、Bitmainがイーサリアム専用のASIC「Antminer E3」を今年の7月に発売するそうです。

「Antminer E3」はイーサリアムのマイニング専用の機材であり、業界で注目を浴びています。現行のPoWマイニングの効率は良さそうですが、イーサリアムが年内に承認アルゴリズムをPoSに切り替えると言われているので、購入する際は慎重に検討するのが良いと思われます。

2.プールマイニング

複数の個人が計算処理を協力し合い、安定した報酬を得られるようにしたマイニング手法をプールマイニングといいます。

自宅のパソコンでも気軽に参加でき、計算処理の貢献度によって報酬が支払われる仕組みとなっています。

ブロック生成の成功確率が向上するものの、実際に受け取れる報酬は多くありません。ソロマイニングの成功確率が低く、採算が取れない場合の選択肢となります。

3.クラウドマイニング

マイニング工場に出資することで報酬を得るマイニング手法をクラウドマイニングといいます。

機材メンテナンスの必要がなく出資額に応じて報酬が得られるものの、事業破綻によって資金が一挙に溶けてしまうことや、そもそも詐欺プロジェクトで報酬が手に入らないこともあります。

クラウドマイニングでは、マイニング工場が存在するのかを確認するのが困難なので、限りなく信用のおける事業主にのみ投資することが重要です。

リスクはありますが、月利10%の高利回りが期待できるサービスも存在します。元本さえ回収できれば不労所得を得ることになります。

マイニングの魅力

マイニングの魅力は、採算さえ合えばコンピュータを稼働させておくだけで自動で稼げてしまう点です。不労所得は誰でも憧れますよね。

イーサリアムのマイニングはビットコインに比べて採掘難度が低いと言われているので、ビットコインのマイニングを検討されている方はイーサリアムも候補に入れてみるといいかもしれません。

とはいえ、仮想通貨市場やマイニング環境は日々変化しているため、何が起きるかは分かりません。マイニングにはリスクも伴います。

マイニングの危険性

仮想通貨のマイニングを行う際には、マイニング用のソフトウェアを稼働させる必要があります。

様々なマイニング用ソフトが市場に出回っているのですが、中にはマルウェア(悪意のあるシステムが組み込まれたソフトウェア)が仕込まれているものも存在します。

また、資金を出資するだけのクラウドマイニングサービスであっても、事業破綻や詐欺が横行しているのが実態です。

マイニングする際には、稼いだ仮想通貨が他人に盗まれる、パソコンの情報が抜かれて仮想通貨取引所に侵入される、出資金が持ち逃げされるといった危険があります。さらには、仮想通貨自体の価格が崩壊することもあり得ます。

リスク管理が必要不可欠なのを覚えておきましょう。

PoS導入後のマイニング環境はどう変わる?

イーサリアムは、承認アルゴリズムをPoWからPoSに変更する意向を示しています。新しい承認アルゴリズムは、「Casper」といいます。

これまでもアップデートを繰り返し行ってきたイーサリアムですが、年内に最終アップデートとなる「Serenity」が行われるとの予想されています。

ただし、いきなりPoSにアルゴリズムの変更が行われるのではなく、当面は「Hybrid Casper FFG」というPoWとPoSを兼ね備えたハイブリッドな承認アルゴリズムが採用される予定です。

「Hybrid Casper FFG」の段階でイーサリアムのマイニング報酬が「1ブロックあたり3ETHから0.6ETH」へと引き下げられるので、PoWマイニングでは稼ぎづらくなると言えます。

まとめ

イーサリアムの現在の承認アルゴリズムはビットコインと同じPoWですが、今後のアップデートでPoSに移行していく予定です。

PoSはPoWの問題点を解消するために考案された承認アルゴリズムであり、電力、51%攻撃、スケーラビリティの問題を解消してくれます。量子コンピュータ耐性についても、今後対応していくことでしょう。

その途中段階でPoWによるマイニング報酬が80%引き下げられるので、マイナーの方は採算が合わなくなる可能性が高いと考えられます。

アップデート時期について明確な提示はされていないので、公式の発表を待つ必要がありそうです。

関連記事

イーサリアムのハードフォークを解説!時期・必要性・開発状況

2018年下半期はMetaps Plus(メタップスプラス)が熱い!注目のPlus C…

【2018年】エイダコインの将来性は?|メタップスプラスとの提携

【2018年版】仮想通貨Lisk(リスク)| 今後と将来性を徹底解説

2016年5月…

【2018年版】ビットコインの今後について徹底考察

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら