【2018年版】ビットコインキャッシュの今後について徹底分析

ビットコインキャッシュの基本情報

ビットコインキャッシュ は、ビットコインから通貨の仕様変更であるハードフォークを行って誕生した通貨です。ビットコインキャッシュは、2017年8月1日から市場へ登場しています。また、ビットコインキャッシュの通貨単位はBCHで、取引データの承認方法は PoW です。発行上限は2100BCHであり、ビットコインの特徴と酷似しています。

しかし、ビットコインは法定通貨の代わりとなる通貨を目指したものであり、 ビットコインキャッシュ はスムーズな取引を目的として開発されたものです。その為、ビットコインとビットコインキャッシュの開発目的は大きく異なっており、明確に別の仮想通貨だと言えるでしょう。

ビットコインと ビットコインキャッシュ の大きな違いは、ブロック生成能力にあります。共通事項として、ビットコインと ビットコインキャッシュ は、1つのブロックの生成に10分の時間を要します。

ビットコインの場合、データの格納庫であるブロックサイズが1M しかありません。つまり、処理を行うデータが多量であれば多量であるほど、ビットコインの取引承認能力は下がっていくことになります。

対して、ビットコインキャッシュは元々8Mだったブロック生成能力が2018年5月15日ハードフォークを行い、2018年7月の段階で32M までのデータを格納することが可能となりました。つまり、ビットコインと ビットコインキャッシュ のブロック生成能力の差は32倍もあり、データ圧縮機能であるSegwitを加味しても ビットコインキャッシュ の方がすぐれていると言えます。そのため、データの詰まりが起こったとしても、ビットコインキャッシュはビットコインのような状態にはならないでしょう。

ビットコインキャッシュ が生まれた経緯は、ビットコインのデータ処理能力が限界を迎え、スケーラビリティ問題を起こしていたことにあります。解決策として当初は、取引データの圧縮を行う Segwit とビットコインのブロックサイズの拡大を計画しました。

結果から言えば、ビットコインのスケーラビリティ問題に対して大きく開発者の意見が割れたことから ビットコインキャッシュ が誕生し、ビットコインは Segwit を実装しています。

ビットコインキャッシュは、ビットコインと構成は似ているものの能力や作成目的は全く異なる別の通貨です。そして、ビットコインキャッシュはビットコインよりもデータ処理に優れた機能を持つ仮想通貨であり、仮想通貨市場においては今後ビットコインの代わりを果たせる通貨の1つとして注目だと言えるでしょう

ビットコインキャッシュのこれまでと現状

ビットコインキャッシュ の開発の状況を考慮すると、非常に期待が出来る通貨だと言えるでしょう

例えば、2017年8月1日に ビットコインキャッシュ が誕生した時点のブロック生成能力は8M B でした。しかし、2018年5月15日には、ハードフォークを行い4倍のブロック生成能力である32M Bまで増加しています。

加えて言えば、 ビットコインキャッシュ の元となったビットコインは、この間新たな開発チームを結成したもののスケーラビリティや通貨の機能アップグレードなどは行われていません。つまり、2018年7月の段階でビットコインと ビットコインキャッシュ のデータ処理能力は数倍以上の差があると言っても過言ではない状態になっています。

また、通貨そのものの機能とは関係ないとしても、デビットカードや支払い手段として ビットコインキャッシュ の開発陣は、あらゆる方面に ビットコインキャッシュ を推進していくことを表明しています。

そして、通貨の拡張性がビットコインよりもすぐれていることを考慮すると、今後はブロックチェーンそのものの強化や他のブロックチェーンとのデータ連携などを行える可能性を秘めています。

もっとも処理能力だけであれば、ビットコインでもスケーラビリティ問題の根本的な解決に繋がるデータ簡略化機能であるライトニングネットワークの実装も考えられる為、ビットコインとビットコインキャッシュは比較され続けることになるでしょう。

しかし、開発能力やこれまでの開発スピードからすれば、ビットコインがライトニングネットワークを実装するよりも、ビットコインキャッシュが他のブロックチェーンに採用されている技術を取り入れることや、全く新しいデータ処理を開発する方が早い可能性があります。その為、ビットコインキャッシュの開発状況とビットコインの開発状況は常にチェックしておきましょう。

ビットコインキャッシュの今後の動向

ビットコインキャッシュ の今後に着目した場合、 ビットコインキャッシュ が市場にとってどのような立ち位置になるかで変化していくと言えます。

ビットコインキャッシュ の価格に着目した場合、 ビットコインキャッシュ の使用できる店舗が増加するなどのプラスの要因があれば ビットコインキャッシュ の価値は高騰する可能性が高いでしょう。

例えば、コンビニ等での支払いや ビットコインキャッシュ を担保としたデビットカードの作成などの計画はすでにあり、実際に実用されるようになれば ビットコインキャッシュ はビットコインよりも使い勝手のいい仮想通貨となります。そうなった場合、ビットコインの優位性が失われる為、ビットコインキャッシュの価値は、ビットコイン以上の価値になると見て間違いありません。

また、ビットコインが仮想通貨取引所の基軸通貨となっている状況についても CoinEX のように ビットコインキャッシュ が基軸通貨とする仮想通貨取引所が出現し始めています。つまり、 ビットコインキャッシュ は世界的にビットコインよりもすぐれた通貨であるという共通の認識ができつつある状況と言っても過言ではありません。

仮想通貨市場に着目した場合、市場そのものは拡大傾向にあり、世界規模の仮想津通貨取引所は次々に世界中に新しい拠点を置くことを発表している状況です。特に、アフリカなどの発展途上国は先進国と比較しても自国の法定通貨そのものが安定していないことから、ビットコインキャッシュが資産や取引材料として使用されやすい状況にあると言えるでしょう。

加えて言えば、匿名性通貨のリスクが世界中に認知されたうえで危険視されている為、今後、仮想通貨はあらゆる意味で世界的にオープンな取引が求められる可能性が非常に高くなっている状況です。

つまり、より決済能力に優れ透明性の高い取引を行える仮想通貨が将来的に生き残っていくことになるでしょう。そして、ビットコインキャッシュは世界中の仮想通貨取引所で取り扱いが増加していることから、仮想通貨市場の状況に合わせて通貨機能をアップデートしていく可能性を有している通貨として認められていると言えます。

外部的な要因では、ビットコインを世界中に知らしめた立役者であるロジャー・バー氏はビットコインキャッシュを本物のビットコインであるとして推進活動を行っています。ロジャー・バー氏の発言力は、ビットコインキャッシュの価値に大きな影響を与えるだけでなく、経済的な観点からも市場を考察している為、ロジャー・バー氏の発言も仮想通貨市場の1つの指針となり得る為、要チェックです。

ビットコインキャッシュは、今後も開発が進んでいく仮想通貨です。デビットカードや支払いアプリなど通貨の使い勝手も広がっていく為、ビットコインよりも機能性に優れた通貨となることは間違いありません。2018年内は、ビットコインが仮想通貨市場の基軸通貨であり続けると予想できます。

しかし、将来的にビットコインがライトニングネットワークを実装しても元々の通貨の能力の低さをカバーできるとは限らないのが現状です。その為、ビットコインキャッシュがビットコインに対して、将来的にどのような優位性を獲得していくのか注目だと言えるでしょう。

関連記事

イーサリアムのハードフォークを解説!時期・必要性・開発状況

イーサリアムのマイニングとは?仕組み・方法・最新情報を徹底解説

2018年下半期はMetaps Plus(メタップスプラス)が熱い!注目のPlus C…

【2018年】エイダコインの将来性は?|メタップスプラスとの提携

【2018年版】仮想通貨Lisk(リスク)| 今後と将来性を徹底解説

2016年5月…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら