【2018年版】ファクトム(Factom/FCT) の将来性について徹底解説

ファクトムはどのようなプロジェクトなのか 

Factomは、ビットコインのブロックチェーン上に存在する分散型のデータ管理プラットフォームであり、あらゆる文書やデータの管理を担う為の通貨です。

Factomは分散型プラットフォームの名前を指すものであり、通貨の名称はFactoid、通貨単位はFCTと表します。管理はFactom Inc.が独自で行っており、仮想通貨の中では中央集権的と言えるでしょう。

もっとも、Factomの管理が中央集権的であっても、Factomにおけるデータ管理では、公証を行うことも可能です。その為、管理会社であるFactom.Incであっても直接、ブロックチェーンの記録内容に変更を加えることはありません。

また、Factomの発行枚数においては、上限が存在しません。つまり、ビットコインのブロックチェーン上にありながら、Factomは永遠に発行され続けることになります。現在では約900万のFactomが発行され、時価総額は約93億6千万、時価総額ランキングにおいては100位以内に落ち着いている状況です。

ちなみに、ビットコインのブロックチェーン上だけでなく、現在では、イーサリアムのブロックチェーン上にもFactomが分散しており、より安定したネットワーク上での使用が可能です。つまり、Factomは、Factomそのもののブロックチェーン、イーサリアム、ビットコインの3つのブロックチェーンを利用していることになります。

情報処理における承認アルゴリズムに着目してみると、Factomにはマイニングの工程がない為、開発者が使用者に通貨を付与するPoS(プルーフオブステークス)を採用しています。よって、マイニングのみでFactomを際限なく入手することは出来ません。

Factomの目的は、ブロックチェーンを利用したうえで、不動産や金融などの特定分野に囚われることなく、ありとあらゆる電子データをブロックチェーンで一括管理することにあります。

Factomの当面の目標は、膨大な資料の管理が必要となるアメリカの住宅ローン市場と医療分野での技術・データ共有です。実際にFactomが採用されることになれば、膨大なデータの管理や保持、最新の医療データの参照・患者の情報共有などのあらゆる手間とコストの削減に繋がることになるでしょう。

既存のデータ管理のシステムにおいては、企業や機関ごとにデータの管理場所やセキュリティ対策の手法も異なり、手間をかけてデータを参照してもデータ改ざんなどのリスクもあり、信頼性のあるデータが残っているとは限りません。

しかし、ブロックチェーンを利用する場合、変更履歴は全て記録されることになります。その為、Factomを利用する場合には既存のシステムよりもデータに関する信頼性を担保しつつ、迅速なデータ参照が可能であることから、既存のシステムに対して優位性があると言えるでしょう。

ファクトムの特徴

Factomは、ビットコインと同じように決済機能を有しています。しかし、Factomの使用目的は、データの共有・管理であり、ブロックチェーンの利用者がブロックチェーン内の情報を用いて公証まで行うことが可能です。

加えて言えば、Factomの機能の中には、イーサリアムと同じく契約内容をブロックチェーン上に記録するスマートコントラクトを内包しています。その為、Factomの利用のみで、文書の確認・承認・管理までを一括して行うことが可能であり、ブロックチェーン上に存在するデータが確かなものである証明にもなり得るでしょう。

また、ビットコインとの決定的な違いは、Factomには管理者が存在しており、Factomに対する最終的な権限はユーザーにはありません。その為、Factomの管理・開発会社であるFactom.Incが潰れてしまうようなことがあれば、Factomの存在意義は全て消失することになります。

また、オープンソースコミニュティも存在します。しかし、モナコインなどと比較した場合、2018年6月の段階ではあまり活発ではないと言えるでしょう。

Factomの特徴として、特異な点は、仮想通貨取引所で売買出来るのはFactomではなく、正確にはFactoidであり、FactoidをそのままFactom内で使用することは出来ません。Factomのシステムを利用する場合には、FactoidをEntryCreditという独自の通貨に変換させる必要があります。

FactoidをEntryCreditに変換する理由は、EntryCreditがFactom内でのみ使用される通貨である為、ハッキングの対象となりにくいことに加えて、Factoidの価格変動に左右されずにFactomを使用できる点です。つまり、FactoidからEntryCreditに変換を行うのは、ユーザーの保護の為と言えるでしょう。また、注意点として、EntryCreditからFactoidへの変換できない為、投資目的であれば、Factoidのまま保有しておく必要があります。

そして、Factomのデータ管理においては、全ての情報がビットコイン内に存在するわけではありません。Factomサーバーにて記録・暗号化が行われ、エントリーブロックで保管、保管されたデータは一括してディレクトリブロックとなり、最終的にビットコインのレイヤーにハッシュが記録されるという流れです。その為、一連の流れの最終的な結果であるビットコインのレイヤーに対してハッキングが行われても、入手できるのはハッシュ値のみである為、Factomのデータ管理におけるセキリティは非常に高いと言えるでしょう。

ファクトムの製品(ファクトムソリューションズ)について

Factomは、プラットフォームとしてあらゆるデータを保管・管理・認証できるデータベースの役割を果たし、住宅や医療など非常に多岐に渡る分野で活躍することが可能です。そして、Factomはそれぞれの市場に向けた、製品を提供しており、Factomが提供するパッケージの事をFactomソリューションズと呼びます。現状、Factomソリューションズには2種類のパッケージがあり、それぞれが異なった特徴を有しています。

FactomHarmony

FactomHarmonyは、アメリカの住宅ローン市場に重点をおいたパッケージです。アメリカの住宅ローン市場の規模は、日本円にすると約160兆円あり、それに伴い文書量も膨大な量となっています。例えば、住宅ローン1軒で文書は数百ページにも上り、大手の企業であればあるほど、文書の管理・維持に対するコストも非常に高額となっている状況があり、改善策を模索している状況と言えるでしょう。

そして、FactomHarmonyは、住宅ローンの文書をFactomHarmony内に取り込むことで、情報漏洩のリスク・莫大な管理コストなどのあらゆるデメリットを解決することが可能です。また、FactomHarmonyを利用する場合、ブロックチェーン内の契約内容や文書の改ざんは不可能である為、第三者を挟まなくても契約や管理が行えるようになるメリットがあります。

FactomHarmonyはアメリカの住宅ローン市場にフォーカスしたパッケージであり、文書管理における保管・内容証明・コストなど、既存のシステムで発生していたあらゆるデメリットを解決することが可能です。加えて言えば、FactomHarmonyは、アメリカ国内だけでなく世界中のあらゆる場所でFactomHarmonyのシステムが優位性を持つ為、活躍の場が広がることが予想されます。

DLOC by SMARTRAC

DLOC by SMARTRACは、Factom.IncとSMARTRAC社が共同で開発している文書取り込み技術です。簡単に言えば、登記簿や診断書、治療履歴などの紙ベースの情報に対して、ICチップを内蔵したDLocのステッカーを張り、読み込むことで文書の保管が出来るという画期的なシステムです。

また、紙ベースであってもDLOC by SMARTRACでは、あらゆる情報を取り込んだ上で改ざんなどの不正が不可能となり、同時に文書として他者に共有することが可能となります。特に医療分野においては、病院が変わっても患者の詳細な情報が保持されること、医療カルテなどの情報に不正な改ざんができないこと、などのメリットが生まれるでしょう。

そして、DLOC by SMARTRACは、公的文書であっても記録し、証明することが可能となる為、医療だけでなく、不動産や公的機関でも活躍の場があると言えます。

Factomソリューションズは、文書管理におけるあらゆるコストや不正・改ざんなどの既存のシステムで発生する殆どのデメリットを大幅に改善することが可能です。その為、Factomソリューションズに対する期待度は高く、今後も様々な分野に広がっていく可能性を秘めています。

ファクトムのメリット・デメリット

Factomのメリットは、資料・文書の管理などにおけるあらゆる手間・コストが削減できることにあります。Factomの機能を使用した場合、書面による契約・書面そのものの正当性などを証明でき、公証さえもFactomの機能で行うことが可能です。つまり、Factomの利用によって、中間業者が不要となり、あらゆる情報を保存するコストやリスクを排除することが出来ると言えるでしょう。

そして、Factomはプラットフォームとして、ブロックチェーン上にデータを保管するだけではなく、文書の回覧や共有などに対するセキュリティ性も高いと言えます。特にFactomを使用する際の通貨の変換においては、EntryCreditがFactom内でしか使用出来ないことから、ハッキング対策として非常に有用です。

また、データの取り組みに関しては、DLOC by SMARTRACを利用した場合、電子的なデータでなくとも取り込むことが可能となります。紙ベースの情報であっても取り込める点から、Factomは不動産や医療などの特定分野だけでなく、世界中のあらゆる企業や場所でニーズの高いサービスとなり得ます。

対して、Factomのデメリットは、まず、他の仮想通貨と比較しても中央集権的であることが挙げられます。発行量に加え、通貨の流通量、承認アルゴリズムに至るまでFactomの発行会社であるFactom.Incが管理しており、NEOなどのようにユーザーが様々なプログラム言語で自由に開発できる環境はありません。また、事業としてFactom.Incが経済的に破綻した場合、Factomの開発が頓挫し、市場から消滅する可能性を有しています。

次に、Factom(FCT)の発行上限がないことが挙げられます。相対的に、通貨が増加し続けるということは、仮想通貨としての価値は、時が経てば経つほど安価となっていきます。Factomそのものの利用にあたっては、FactoidからEntryCreditへの変換が必要である為、一度変換してしまえば、投資目的以外では安定した価値を担保できると言えるでしょう。もっとも、EntryCreditからFactoidへの変換は行えない点には十分に注意が必要です。

そして、Factomはビットコイン・イーサリアムのブロックチェーン上に存在する為、両方の通貨で起きている問題がFactomにも直接影響を及ぼすことは大きなデメリットと言えます。特にビットコインとイーサリアムで起こっているデータ詰まりであるスケーラビリティ問題は、両通貨のブロックチェーンに対する開発などで対処する必要があります。加えて言えば、スケーラビリティ問題以外にもブロックチェーン上の問題が発生した場合、Factomのみでは対処できません。

また、Factomは文書や資料の管理によって公証を行うことが出来ます。しかし、セキリティ分野や開発スピードからすれば、NEMの公証機能であるアポスティーユに優位性があると言える為、FactomがNEMにどのように対抗していくのかも注目です。

Factomは、文書・データ・資料などの管理に特化した通貨であり、メリットだけでなく、デメリットも存在します。その為、Factomを使用する際は、メリットとデメリットを理解したうえで運用しましょう。

ファクトムの将来性

Factomの価格の推移を見てみると、発行された2015年段階では1FCTで10円程度の価値であり、2016年に入った段階で100円程度まで上昇しています、その後は、平均的に200~400円程度の値をつけながら、2018年1月では一時的に9000円以上まで上昇、2018年6月の段階では1000円程度の価値に落ち着いています。

Factomの価値の上昇要因に目を向けてみると、2016年のFactomの価格は一気に上がるというよりも緩やかな上昇であり、コインチェックへの上場とウォール街にある企業との提携などが挙げられます。そして、2017年の6月には、アメリカの住宅市場での採用が決定し、1FCTで3000円以上まで上昇しました。2018年1月にもFactomは価値を上昇させており、この時点での高騰要因は、BitFlyerへの上場という虚偽の噂が流れた為です。

Factomが控えているイベントとしては、運営者が直接質問に答えるというFactom Community AMAなどがあり、開発スピードは速いとは言えませんがユーザーを意識したイベントは定期的に行っています。

Factomそのものの将来に着目してみると、アメリカ国土安全保障省からの資金援助なども受けており、政府としてもFactomのプロジェクトに期待していることが伺えます。アメリカの住宅ローン市場に向けたパッケージであるFactomHarmonyでは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団などと提携しており、本格的な始動はこれからでしょう。Factomの提供する文書・資料保管のブロックチェーンは世界中で需要があり、特にコストやセキリティ面ではFactomを利用するメリットは絶大です。

加えて言えば、FactomHarmonyがアメリカの住宅ローン市場に広がる場合、世界中でFactomHarmonyがシステムとして採用される可能性があります。その為、Factomの将来性に対する期待は非常に高いと言えるでしょう。

ファクトムを取り扱っている取引所

Factomを取り扱っている仮想通貨取引所は以下のようになります。

coincheck

日本国内の仮想通貨取引所であり、ハッキング事件後のマネックスによって買収されています。現在は、全面的に仮想通貨の売買を再開しており、Factomの売買手数料はFactomの価値に対して0.1%です。

Poloniex

大手仮想通貨取引所であり、扱う通貨は100種類を超えています。Factomの売買手数料は最低でも0.15%から取引量次第で割引されていく形です。 Bittrex・・・世界でも人気の仮想通貨取引所であり、サポートが非常に迅速です。また、取引手数料は一律0.25%となっています。もっとも、アルトコインに対しては割引などもあり、実際にはトータルのコストは低くなるケースが多くなっています。また、Bittrexは世界中の仮想通貨取引所の中でも扱う仮想通貨が多く250種類以上の仮想通貨を扱っている為、人気が高いと言えるでしょう。

まとめ

Factomを購入する場合、仮想通貨取引所は用途で使い分けましょう。例えば、日本国内に拘るのであればマネックスに買収され体制を一新したcoincheck、Factom以外の仮想通貨の購入も想定している場合は、仮想通貨の種類の多さからすればBittrexとなります。

Factomは、既存のシステムにおける文書・資料などの保存におけるあらゆるコストを削減したうえで、Factomのデータのみで公証まで行うことが可能です。今後、Factomのサービスがどの程度まで普及するのかは未知数です。しかし、Factomの持つシステムには、十分に期待する価値があると言えるでしょう。

関連記事

イーサリアムのハードフォークを解説!時期・必要性・開発状況

イーサリアムのマイニングとは?仕組み・方法・最新情報を徹底解説

2018年下半期はMetaps Plus(メタップスプラス)が熱い!注目のPlus C…

【2018年】エイダコインの将来性は?|メタップスプラスとの提携

【2018年版】仮想通貨Lisk(リスク)| 今後と将来性を徹底解説

2016年5月…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら