QUOINEXへの入金手続きをスムーズに!反映までの時間は?

国内の仮想通貨取引所の一つであるQUOINEXで取引をするには、法定通貨や仮想通貨の入金を済ませておく必要があります。取引したい時にすぐ取引できるように、事前に入金手続きの方法や入金指示から反映までの時間を理解しておくと良いです。
今回は、QUOINEXでの入金方法や入金の際の注意点を紹介します。

coingeおすすめ仮想通貨取引所
  • 現在新規登録停止中
  • 手数料無料キャンペーン中!
  • 高セキュリティ
  • FX取引が簡単!
  • リップルの現物取引が可能

QUOINEXへ入金する前に済ませておくことは?

QUOINEXへの入金をする前に済ませておくべきことが大きく3つあります。取引を開始する前に以下の項目を完了させておきましょう。

入金前に済ませておくべきこと

  • 口座開設のための会員情報の入力
    公式サイトで個人情報やメールアドレスを登録します。住所や氏名、職業や開設の目的などを正しく入力します。
  • 本人確認の手続き
    登録したアドレスに届いたメールのURLを選択して、本人確認の手続きを行います。本人確認書類は顔写真記載の運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどが有効です。スマホで書類を撮影してアップロードすると完了し、登録した住所にはがきが届くと取引を開始できます。
  • 2段階認証の設定
    2段階認証は仮想通貨取引をする上で欠かせないセキュリティ対策の一つです。スマホに「Google Authenticator」をインストールし、公式サイトに登録すると2段階認証を有効化できます。

QUOINEXの口座へ日本円を入金する方法と手順

仮想通貨を国内の取引所で購入する場合、日本円か他の仮想通貨が必要となります。初心者の場合、まず日本円を入金することで取引の下準備を整えることができます。ここでは日本円をQUOINEXの口座へ入金する方法と手順を紹介します。

入金方法

QUOINEXの口座へ日本円を入金する方法は、銀行口座振込とクイック入金の2種類です。それぞれメリットとデメリットがあるので、自分の投資方法に合った入金方法を選択しましょう。ここでは銀行口座振込とクイック入金のそれぞれの入金方法について説明します。

口座振込

口座振込は、自分の銀行口座からQUOINEXの指定口座へ振込で入金する方法です。予めQUOINEXのサイトで銀行口座を登録することで、全国の金融機関から入金可能です。

  • メリット:金額を問わず入金でき、多額の入金に向いている
  • デメリット:振込手続きは銀行の営業時間のみで、反映までに時間がかかる

反映までの時間について、営業時間外の場合には次の営業日まで反映がされません。また営業日であっても入金指示から反映までに1時間程度は見ておきましょう。なお、住信SBIネット銀行を利用すると24時間365日振込が可能となっています。

クイック入金

クイック入金とは、コンビニやペイジー、ネット銀行で入金する方法です。

  • メリット:24時間365日入金可能
  • デメリット:上限の金額が決められている

銀行の営業時間にかかわらず入金指示ができるのが大きな魅力です。仮想通貨は価格の変動が激しいため取引したいときに取引できることが重要です。クイック入金であれば、入金指示から反映までの時間がわずか数分程度とスピーディな入金が可能となっています。

一方で、コンビニは30万円、ペイジーは100万円、ネット銀行は100万円までが入金上限となっています。上限を超える多額のお金を動かす場合は、口座振込で行いましょう。

入金依頼の手順

実際に、口座振込をする場合の手順を解説します。

  1. 公式サイトから銀行口座を設定
    公式サイトにアクセスし、メニューから「入金」を選択後、「JPY」を選択。次に振込を行う銀行口座情報を登録して、銀行口座確認書類をアップロードすることで、登録が完了
  2. 入金依頼を作成
    入金したい金額を入力して、入金依頼を送信時、入金IDをコピー。銀行口座から振込の手続きを行い(名義は「入金ID・振込名義」)、振込が完了すると完了メールを受信

QUOINEXへ仮想通貨で入金するには?

仮想通貨を購入する際には、日本円のほか別の仮想通貨でも購入することができます。QUOINEXへ仮想通貨を入金する際の手順は次の通りです。

  1. 入金したい仮想通貨のアドレスを確認
    口座開設すると仮想通貨ごとにアドレスが割り振られるので、入金したい仮想通貨のアドレスを確認するためには、メニューから「入金」を選択し通貨を選択すると、入金アドレスとQRコードが表示
  2. 送金元で手続きを実施
    入金アドレスをコピーするかQRコードを読み込んで、送金元で送金手続きを実施

QUOINEXで入金手続きをする際の注意点とは?

仮想通貨を購入するために入金が必須ですが、日本円や仮想通貨を入金する際には、注意すべきポイントがあります。ここでは、QUOINEXで入金手続きをする際の注意点について6つ紹介します。

入金の受付時間は銀行の営業時間内となる

口座振込の場合、入金の受付時間は銀行の営業時間内のみとなります。営業時間外に入金指示を行っても、実際に入金が行われるのは翌営業日です。取引したいときにすぐ購入資金を動かせるように、入金は早目に行っておくことが大切です。なお、住信SBIネット銀行やクイック入金の場合には、24時間365日受付となります。

入金が反映されるまで時間がかかる

入金が反映されるまで時間がかかることも念頭に置いておきましょう。口座振込の場合には1時間程度かかります。クイック入金の場合には数分程度かかります。すぐに入金が反映されるわけではないため、余裕をもって入金指示をしておきましょう。

クイック入金には上限がある

銀行口座振込にはありませんが、クイック入金の場合には入金の上限が設定されています。クイック入金は、コンビニ払いで30万円、ペイジー払いで100万円まで、ネット銀行で100万円までとなっています。

銀行振込手数料がかかる

QUOINEXの大きな魅力として、入金手数料が無料という点があります。ただし、銀行振込手数料はかかるため注意が必要です。銀行振込手数料は金融機関によって異なりますが、頻繁に入金手続きを行うと手数料が積み重なっていくので注意しましょう。

即日入金が反映されないことがある

口座振込を行う場合、名義に「入金ID・振込名義」と明記する必要があります。入金IDを明記しないと、本人確認に時間がかかり即日入金が反映されないことがあります。振込時の入金ID入れ忘れには十分注意しましょう。

入金の取り消しには処理手数料がかかる

間違ったアドレスに入金してしまった場合、誤送金回復措置を受けることが可能です。ただし、対象は5000USD相当額以上となっており、送金数量の10%と500QASHの処理手数料がかかります。誤送金回復措置には手数料がかかるので、送金ミスをしないよう注意しましょう。

QUOINEXへの入金はクイック入金が便利!

QUOINEXで仮想通貨取引を行うためには、一般的に日本円の入金が必要です。QUOINEXへの入金には、銀行口座振込とクイック入金がありますが、銀行口座振込は受付時間が銀行の営業日に限られ、反映に時間がかかるというデメリットがあります。QUOINEXのクイック入金では、手数料も無料のうえ数分で反映されるため非常に便利といえます。

業界最狭スプレッドのQUOINEX

QUOINEX

  • 徹底したセキュリティ対策
  • 各種取引手数料が0円
  • 53種類の豊富なペア数

公式サイトはこちら

関連記事

仮想通貨取引所の認可について解説!安心して利用できるのはどこ?

仮想通貨投資…

仮想通貨取引所の取扱通貨を比較!もう迷わない取引所選び!

各々の仮想通…

仮想通貨取引所の仕組みを解説!はじめての仮想通貨取引もこれで安心

仮想通貨の取…

おすすめの仮想通貨取引所14社を一覧で紹介!特徴を理解しよう!

仮想通貨の取…

【2018年版】健康保険証で本人確認可能な仮想通貨取引所一覧

仮想通貨取…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら