イーサリアムベースのアプリ(DApps)とは?仕組みや代表例

イーサリアムの分散型アプリ(DApps)とは

イーサリアム_アプリ

イーサリアムのメインとなる機能は、決済機能のみではありません。イーサリアムは、分散型アプリケーションのプラットフォームであり、DAppsを活用したアプリなどにおいては、世界で最も使用されている通貨です。

DApps (Decentralized Applications)は、分散型アプリケーションの事を指し、非中央集権のネットワークを構築しています。

イーサリアムは、分散型アプリケーションの開発・運用を促す通貨であり、契約情報をブロックチェーンに付帯するスマートコントラクト機能もDAppsの普及を後押ししています。

DAppsの根幹となるブロックチェーンは、改ざん・不正が難しいネットワークシステムであり、取引内容は全て記録され、改変は不可能です。

スマートコントラクト機能においては、ブロックチェーンの性質に加えて、契約内容そのものを記録し、契約後の変更が不可能であるという点には注意が必要です。

DAppsの仕組み

DApps_仕組み

DAppsの仕組みとしては、ブロックチェーン内にアプリデータがあり、ユーザーはそのアプリデータにアクセスしているというものです。

アプリケーションという認識は薄いかもしれませんが、ビットコインをはじめとする殆どの仮想通貨はDAppsと言えます

そして、DAppsはオープンソースで開発言語さえ理解していれば可能であり、記録やアプリの稼働にブロックチェーンを使用しています。

そのうえで、イーサリアム内のアプリでは、イーサを使用してアプリ内のデータの売買を行うことが可能です。

特に、データの取引においては、イーサリアムのスマートコントラクト機能が重要な役目を果たし、契約行為がイーサの使用で成り立つという手軽さもあります。

DAppsは、ブロックチェーンで動くアプリケーションであり、中央管理者を必要としません

イーサリアムのブロックチェーン上にあれば、イーサリアムと同様の機能を有した上で、中央管理者はいない為、アプリケーションを独自に開発・普及し、利益を得るといったことが可能です。

The DAO事件などを考慮すると、イーサリアムは、現在は完全な非集権型のプラットフォームとは言えません。

しかし、イーサリアムのブロックチェーン上では、EOSやOmiseGOなどといった仮想通貨や新しいアプリが続々と開発されています

その為、今後イーサリアムのブロックチェーン上にあるアプリケーションであっても独立する可能性が十分にあると言えるでしょう。

代表的なイーサリアムアプリを紹介

ここでは、イーサリアム内で人気のあるDAppsをいくつか紹介していきます。プレイヤーを意識したアプリケーションから、分散型取引所まで非常に多種多様なDAppsが存在している状況です。

Etheremon(イーサエモン)

Etheremon(イーサエモン)

Etheremonは、モンスターの捕獲・育成・対戦を行うゲームであり、遊ぶためにはウォレットに登録する必要があります。

また、 Etheremonの特徴として、プレイヤー同士でモンスターの貸し借りや売買、レンタルまで行うことが可能です

より強いモンスターを育て育成し、売買を行いながらゲーム内でイーサを獲得できるシステムです。

Etheremonの内部では、ほぼすべての行動でイーサを消費することになる為、プレイする際には十分なイーサを用意してからプレイしましょう。

Ethercraft(イーサクラフト)

Ethercraft(イーサクラフト)

Ethercraftは、ジャンルとしてはRPGであり、先行してレアアイテム取得する、ダンジョンを攻略するなどの方法で仮想通貨を得ることが出来ます

ゲーム内では、レアアイテムはエンチャントアイテムと呼ばれ、購入後は持っているだけでイーサを入手できる可能性が増加します。

エンチャントアイテムは自分が取得したタイミングから、その後の同じアイムの使用者が増加するごとに少しずつイーサが加算されていきます。

自分の取得したタイミング以降のエンチャントアイテムの使用人数が多くなると、その分取得できるイーサが多くなるということです。

Ethercraftでは強く人気のありそうなエンチャントアイテムを持っておくことが利益を出すためには必要と言えるでしょう。

また、EthercraftはRPGである為、ダンジョン攻略も可能であり、クリアの際には5イーサと破格の利益を目指すことが可能です。

しかし、ダンジョン攻略が不可能だった場合、装備が全て失われることには注意が必要と言えるでしょう。

0x(ゼロエックス)

0x(ゼロエックス)

0xは、イーサリムのブロックチェーン上に存在する分散型取引所です。匿名性が高く、0x 分散型取引所の中でもスムーズな取引が可能であることが特徴です。

また、 0xでの取引は、ブロックチェーンの記載されないネットワークであるオフチェーンを使用する為、決済記録のみがブロックチェーンに残りことになります。

分散型アプリDAppsの未来

イーサリアム_DApps_未来

DAppsの未来は、非常に可能性のあるものだと言えるでしょう。分散型である為、同一の通貨のブロックチェーン上で動いていても、中央管理者による強制はありません。

アプリ内のルールは開発者とユーザーで独自に作っていくことが可能であり、アプリ内のアイテムなどの価値は、ユーザーと開発者の総意と言えるでしょう。

例えば、ユーザー同士のやり取りでも既存のシステムでは、アイテムの売り買いが発生しても手数料を中間業者に搾取されることは少なくありません。

日本の法律ではグレーゾーンであるリアルマネートレードと呼ばれる既存のシステムは、あるデータを法定通貨で買うものです。

しかし、リアルマネートレードにおいても中間業者に手数料を支払うことに加え、購入する商品の成り立ちは不明確であり、取引においては相手を信頼する必要があります。

リアルマネートレードの仕組みをブロックチェーンに置き換えると、仮想通貨の支払いで望んだデータを購入できることに加え、中間手数料も発生しません

更に、ブロックチェーンを使用していることから、相手を信用する過程も不要であり、純粋な購買意欲だけでデータの取得が可能と言えるでしょう。

DApps内では単純なデータの取得のみで利益を出せるものは少ない為、リアルマネートレードの仕組みをそのまま適用してもメリットは薄いと言えます。

また、既存のアプリケーション業界の仕組みは、リリースやアプリそのものの内容についても必ず中間業者が介在しており、自由な開発は困難です。

アプリの配布に当たっては、決まったプラットフォームでなければ、出来ないことに加え、自由意志による課金であっても中間業者のプラットフォームを使用しなければなりません。

DAppsは独立したネットワークを有した上で、中間業者を要しない為、ユーザーと開発者を直接、結び付けることが可能です

ブロックチェーン上で動作することから、正当な支払いやユーザー同士の取引においても有用であり、中間業者は一斉不要です。

アプリ内容に対しても、不正や改ざんが不可能であることから、本人のプレイ内容に応じた結果が正しく反映されることになると言えます。

既存の中間業者がDAppsの開発に乗り出した場合、大企業も多いため、開発力は十分なものを持っていると言えます。

その為、大企業におけるブロックチェーンの採用が更に普及するという世の中の流れとなれば、既存のプラットフォームは大きく形を変えることになるでしょう。

動作・収益性の観点から見れば、アプリを充実させる前に、データの詰まりなどが発生しないブロックチェーンの動作環境から作る必要があります

既存の仮想通貨のプラットフォームを使用するのか、新たに作り出すのかで使い勝手が大きく変わることになると言えます。

DAppsにおいては、仮想通貨取引所もネットワーク上に存在する分散型取引所で作られており、現実に存在する仮想通貨取引所のデメリットであるセキリティや社内の管理体制などの問題を解決することも可能です。

この記事のまとめ

DAppsの登場によって既存のアプリケーションシステムが絶対的に正しいシステムとは言えないものになりました。

今後、DAppsを利用した新しいシステムは更に増加していく為、アプリケーションの在り方そのものが新しい形となり、既存のアプリケーションもブロックチェーンを意識した変革を迫られることになるでしょう。

関連記事

イーサリアム取扱い取引所一覧|手数料や評判などからおすすめを紹介

世界を変える?イーサリアム(ETH)の将来性と今後の価格を解説

イーサリア…

時価総額2位の仮想通貨イーサリアムとは|天才が生んだ期待の通貨

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら