仮想通貨のマイニングとは?仕組み・方法・おすすめ通貨を解説

仮想通貨のマイニングとは

マイニングは、相互にデータを共有しながら取引の承認・確認作業を行う行為を指します。

ブロックチェーンが改ざん・不正が不可能な記帳台帳だとすれば、マイニングは記帳の作業を担うものです。

ブロックチェーン技術によって稼働している仮想通貨はシステムとしてマイニングを行わなければ、通貨としての機能が停止すると同時に、通貨としての価値が消滅することになると言えます。

ブロックチェーンは、中央管理者がいない分散型のデータ共有システムです。

ブロックチェーンは通貨ごとに独立したネットワークを有しており、匿名通貨などの特別な機能を使用しない場合は、送金先のアドレス、送金額などの情報をネットワーク上から確認できます。

しかし、ブロックチェーンはあくまでも情報管理とネットワークによる情報提供の為に存在しており、新たな取引の情報を内部に取り込む為には必ずマイニングが必要となります。

また、マイニングの仕組みは取引の承認・情報処理を行うことに加えて、仮想通貨の新規発行も行います。

仮想通貨の取引を行っていなくとも、マイニングを行った場合には、報酬として仮想通貨が新規発行される為、マイニングの目的は仮想通貨の取得にあるとも言えるでしょう。

マイニング方式は、通貨によって異なりますが、例として以下のようなマイニング方式があります。

PoW(プルーフオブワーク)

PoWは、取引の認証の為に作成される暗号に対して、最も早く暗号を解いたマイナー(マイニングを行う人)に報酬を与えるマイニング方式です。

通貨の保有量、個人や企業に関係なく、暗号を最も早く解いたマイナーに報酬を与えます。

現状のマイニングシステムでは最も競争率が高いだけでなく、マイナーが報酬を得て利益を上げることも難しいと言えるでしょう。

PoS(プルーフオブステークス)

PoSは、取引の認証を通貨の保有量の多さによって変化させるマイニング方式です。

通貨の保有量が多ければ、多いほど承認を行えるマイナーとなる確率が増加するという仕組みであり、ブロックチェーンに対する負荷がPoWよりも軽減されます。

また、PoSでは、特別なマイニング専用マシンも要らず、個人や企業と競争を行う必要もありません。

DPoS(デリケーティッド・プルーフ・オブ・ワーク)

DPoSは、通貨を保有する人々の中から承認を行う人を投票で選ぶという方式です。

承認者に選ばれたうえで更に他の承認者から認証される必要があります。

DPoSで報酬を得るのであれば、通貨の保有者となり投票・委任を行うか、投票によって選ばれる選出者となるかの2パターンに限られていると言えるでしょう。

PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)

PoIは、通貨の保有量と取引内容に応じて承認者を決めるマイニング方式です。

PoIは通貨の流動性を高めた人に対して、報酬が支払われるという仕組みでありマイニング方式の中でもマイナーに対する負担は極わずかとなっています。

仮想通貨のスケーラビリティ問題

マイニングとブロックチェーンは仮想通貨のスケーラビリティ問題と直結します。

スケーラビリティ問題は仮想通貨の使用者・利用者の増加によって、正常な決済処理が遅れるというものです。

実際、ほぼ全ての仮想通貨はスケーラビリティ問題と隣り合わせの状況にあり、イーサリアムとビットコインでは課題の解決を行う為の技術開発が行われています。

マイニングは仮想通貨のシステムの維持に必要であるものの、採用するシステムの違いによってブロックチェーンへの負担が増加するだけでなく、利用者に不利益を与えることになると言えるでしょう。

発表年度が新しい仮想通貨であれば、あるほど、ブロックチェーンやマイニングに限らない取引の認証手段が増加しつつあります。

マイニングに必要なもの及びマイニングに掛かる費用

マイニング_必要

マイニング方式の中でも、PoWにおいては、特に電気代や機材を気にする必要があります。

理論上マイニングはネットワークに繋がれた機器であれば行うことができます。

しかし、マイニングの競争率から考慮した場合、能力の低いPCでは、利益を上げることは難しいと言えるでしょう。PCで世界中のユーザーに対抗する場合、それなりのスペックが必要となります。

マイニングに必要な機材としては、PCやスマホなどネットワークに繋がれた機器ASICと呼ばれるマイニング専用機器があれば十分です

全てをゼロから準備すると、光回線などの安定した速度を保つネットワーク、PCかASICの用意、稼働させる端末の冷却機器などを用意しなければなりません。

マイニングにかかる費用

費用について着目すると、マイニング専用の機器を用意する場合と既に持っている機器をマイニングに使用する場合で必要経費が異なってきます。

既に持っている機器でマイニングを行う場合、機器の寿命を早めることに加え、計算処理能力は低いため、マイニングで収益を上げることは難しいとみていいでしょう。

仮に依頼してマイニング用のPCを組むとすれば、10~20万円ほどは機器代金で消費されます

マイニング専用機器であるASICを購入する場合は、最低でも20万円以上ほどの費用が掛かります。

PCとASICを比較した場合、マイニングに特化したASICの方がマイニングで利益を得やすくなりますが、電気代は比較にならないほど高額となる点には注意が必要でしょう。

ASICの消費電力は1,000Wを超えており、24時間つけっぱなしにすることを考慮すると、ASICだけで月に1万円以上の電気代となります。

マイニングは、PoWの場合、利益を上げる為には、安定したネットワーク環境と計算能力に特化した機器が必要となります。

利益を上げる目的でなければ、現在保有しているスマホ・PCでも可能です。

注意点として、マイニングの報酬の行き先として、ウォレットの作成は必須であることも忘れないようにしましょう。

マイニングの方法3種を紹介|投資可能額に応じたおすすめ方法を紹介

マイニングの方法は大きく分けて3つに分類されます。

ソロマイニング

ソロマイニング(solo_mining)

言葉通り、個人でマイニングに必要な機器や環境をそろえたうえでマイニングを行う方法です。

ゼロからソロマイニングを行う場合、数十万円単位の初期投資が必要になります。

マイニングを行う対象は自由に決められることから、草コインと呼ばれるアルトコインに対してマイニングを行い、価値の向上を狙うことも可能です。

ソロマイニングは、マイニング用の機械を用意したうえで十分な環境を整えられる、仮想通貨の知識を有しており、ある程度アルトコインの将来性なども考慮することが出来る方が向いています。

クラウドマイニング

クラウドマイニング(cloud_mining)

クラウドマイニングは、自己資金を用意したうえでマイニングを行っている会社に先行投資し、契約期間が設定されているマイニングで利益が出た場合に、マイニングを行っている会社がユーザーにサービス料以外の利益を払うというマイニング方法です。

つまり、投資先の会社によって選べる通貨や価格・サービスが限られ、マイニングによって利益を必ず得られるというわけではありません。

仮想通貨の価値が暴落する、会社によって支払い率が異なる、セキリティ対策は会社任せというリスクを理解したうえで、クラウドマイニングを行う為の会社を選定する必要があります。

クラウドマイニングは、ソロマイニングを行えるほど余裕がない、自分で全て用意すること自体がネックと感じる、という方に向いています。

クラウドマイニングは、マイニングを行う会社の選定が最も大切である為、選定の際には細かく調べたうえで決定しましょう。

プールマイニング

プールマイニング(pool_mining)

プールマイニングは、マイニングを行う為の演算機能のみをマイニングを行っている企業に貸し出すマイニング方法です。

選択する企業によってマイニングできる通貨が異なる、支払われる通貨はビットコインのみに限られるなどの条件があります。

プールマイニングはネットワーク環境のあるPCであれば、マイニングを行うことが可能であり、初期費用は必要ありません。

プールマイニングは専用の機械などを使用しない為、マイニング報酬としては、3つあるマイニング方法の中でも特に低くなりやすい点には注意しましょう。

プールマイニングは、マイニングがどのようなものか試してみたい、どのくらいの能力でどの程度のマイニング報酬が発生するか確認したい、PCやスマホなどを新調せずにマイニングをしてみたい、という方に向いています。

どのマイニング方法を選択してもメリットとデメリットが存在する為、自分の財政状況や環境に合わせてマイニング方法を選択しましょう。

マイニングにおすすめの仮想通貨4種

マイニング対象として、お勧めと言える通貨はマイニングの難易度が高くない通貨です。

例えば、以下の4種類の通貨は、現在さほどマイニングの難易度は高くありません。

  • BitZeny
  • Monero
  • モナコイン
  • Bytecoin

特に、BitZenyとモナコインは日本発の仮想通貨であり、マイニングによる競争率はさほど高くありません

通貨としての展望に着目した場合、日本でのモナコインはビットコイン以上に支払い方法が多様であり、今後も多数の箇所で使用されていく可能性があります。

BitZenyは、2014年の段階で開発されていた通貨であり、マイニングのしやすさから一定の人気を得るようになった通貨です。

マイニングのしやすさから注目度が高まっているため、ストップしていた通貨の開発も今後進められる可能性があります。

また、MoneroとBytecoinは仮想通貨の中でも匿名性が高く、プライベートを守るという意味では一定の人々にニーズがあります。

犯罪の使用されるリスクがあるとしても世界中の仮想通貨取引所で上場廃止・取り扱い中止といったことにはならないでしょう。

注意点としては、日本の仮想通貨取引所での匿名通貨の取り扱いは厳しい為、海外取引所を利用しなければなりません。

ビットコインやイーサリアムは、現状PoWでもマイニング可能です。

しかし、ビットコインとイーサリアムの競争は激しく、世界中でマイニングが行われているため、難易度は非常に高い状況にあります。

専用機器であるASICを使用しても、利益が出る可能性は限りなく低い為、他のアルトコインに対してマイニングを行った方が賢明です。

マイニングの注意点|利益が出ると税金も?

マイニングの注意点としては以下の3点が挙げられます。

  • ウォレットでの管理をしっかり行う
  • 一定額以上では必ず確定申告が必要になる
  • マイニング手法によって利益が出るとは限らない

ウォレットでの管理をしっかり行う

ウォレットでの管理は、仮想通貨の管理を行う上で非常に重要です。

例えば、マイニングを行う際には、アドレスの設定で仮想通貨取引所に転送するという方も少なくないでしょう。

その場合は仮想通貨取引所のセキュリティに依存することになり、もしサイバー攻撃を受けてマイニングした仮想通貨が失われても誰にも保証出来ません

定期的にハードウェアウォレットなどへマイニング報酬を転送しましょう。

一定額以上では必ず確定申告が必要になる

確定申告は、日本の税制の核を担う制度であり、会社勤めをしている方は年末調整で確定申告の代わりとして、税金の報告を担当部署が行います。

厳密に言えば、確定申告は自己申告制であり、税金の確定の為には必ず必要となる制度です。

日本の法律において、仮想通貨は資産扱いであり、利益として20万円を超えた場合、どのような立場でも確定申告が必要となります

仮想通貨の税率は決して安価なものではなく、最大で50%前後の税金が発生することには注意が必要と言えるでしょう。

もし税金を納めることが不可能である場合、さらに追加で税金を徴収されることになる点にも注意してください。

マイニング手法によって利益が出るとは限らない

マイニングは、方式も通貨によって異なることに加え、マイニングの手法によっては初期投資額を回収できないリスクもあります。

特に、ソロマイニングなどを行う場合は、通貨の将来性に加え、まとまった自己資金が必要となり、取引所などの選定も全て自己責任と言えます。

マイニングは、ブロックチェーンへの取引情報の記載を行う情報処理であり、通貨のシステムの根幹ともいえる重要な要素です。

マイニングによって大きな利益を得ることは、専用の機器が無ければ難しいものの、自分のライフスタイルに合わせたマイニングが可能です。

その為、マイニングを行う際には、経済的負担を考慮し、自分のライフスタイルに合わせたマイニングを行いましょう。

関連記事

【仮想通貨】アービトラージの方法とは?その仕組みや稼ぎ方について

PoS(プルーフオブステーク)とは?定義・仕組み・PoWとの違い

仮想通貨の半減期とは | 価格への影響について徹底解説

ブロックチェーンとは?改めて基礎からわかりやすく解説

【対談】仮想通貨業界最前線の3人に聞いた「業界の現状と理想」

今回は、(…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら