スマートコントラクトとは|仕組みから活用事例まで徹底解説

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトは、簡単に言えば、ブロックチェーン上において契約の自動化を行うシステムの事を指します。例えば、商品の売買も一種の契約であり、スマートコントラクトにおいては、通貨の機能の選択によって売買以外の契約を結ぶことも可能です。

スマートコントラクトでは、作成された契約情報がブロックチェーン上に記載されます。そして、双方の同意のもと契約が結ばれることになります。また、スマートコントラクトを使用している仮想通貨では、プラットフォームの役割を持つものが多く、独自にアプリの開発・配布などを行うことが可能です。例えば、2018年5月現在では、イーサクラフトやイーサエモンなどのゲームがイーサリアムのブロックチェーン上で稼働しており、大人気と言っても過言ではない勢いがあります。

ちなみに、分散型アプリケーションはDappsと呼ばれています。Dappsは、イーサリアムに限らず、プラットフォームの役割を持ちスマートコントラクト機能を有する仮想通貨の殆どで開発可能です。しかし、仮想通貨市場での知名度の高さからゲームの開発・配信においてはイーサリアムがメインとなっている状況です。

また、スマートコントラクトは仮想通貨のNick Szabo氏が1990年代に提唱した考え方であり、時価総額2位の仮想通貨であるイーサリアムの代表的な機能の1つとなっています。Nick Szabo氏は仮想通貨の第一人者と言っても過言ではなく、ビットコインの前身ともいえるビットゴールドを開発しており、法律・金融・計算機科学の専門家という秀才です。

スマートコントラクトシステムを付加した代表的な通貨として、イーサリアムが挙げられます。イーサリアムを開発したのは、ヴィタリック・ブテリン氏です。ヴィタリック・ブテリン氏の経歴も秀才と呼べるものであり、彼は仮想通貨に関する研究を行ったうえでイーサリアムのシステムの構想をビットコインのシステムから得ています。ビットコインと比較した場合、イーサリアムは決済機能を有しながらも、プラットフォームとして機能することから、ビットコインとは似て非なる仮想通貨に進化したと言えるでしょう。

イーサリアムは、スマートコントラクトを内包していることから、仮想通貨の市場での活躍の場は非常に多岐に渡ります。アプリの開発や配布、ブロックチェーンを間貸しすることにより、新たな通貨をイーサリアム上で動かす、ICOでの新通貨の購入など、スマートコントラクト機能があるからこそ、他の仮想通貨とは異なる立ち位置を獲得しています。

スマートコントラクトの仕組み|契約をブロックチェーン上で定義可能

スマートコントラクトは、改ざん・不正が不可能であるブロックチェーンの特性を活かしつつ、契約における手順を全て自動化します。従来の手順において、必要な場合も多かった仲介者はスマートコントラクトにおいては、全く必要としません。

契約は、法的に非常に強い拘束力を持ち、一定の規定に従って執行されます。契約は定義に基づいて発生し、承諾、執行などを経て結果に至り、スマートコントラクトにおいては、契約に必要とされる手順を簡略化したうえで契約を行います。その為、イーサリアムを代表とするスマートコントラクト機能を持つ仮想通貨の全ては、ブロックチェーンの特性も合わせたうえで不正な契約・取引が不可能だと言えます。

加えて言えば、スマートコントラクトで行った契約は、全て記録されたうえで、誰にでも追跡が可能です。その為、スマートコントラクトを使用して行われた契約では、他者から不当な介入を受けることもありません。

つまり、スマートコントラクトに内包される契約の自動化というプログラムは、単純な売買契約のみでなく、賃貸契約などにおいても契約者と事業者の手間を省くことが可能ということです。その為、自治体などで採用された場合には、住民票などの公的書類の発行に際してもわざわざ現地まで出向く必要性がなくなると言えるでしょう。

また、ブロックチェーンで情報が共有できる点から、スマートコントラクトは対個人などの限定された用途ではなく、大きく活躍できる場があります。例えば、企業間の情報共有、商品の流通、金融機関の信用情報照会などもスマートコントラクトとブロックチェーンの応用によってスムーズなやり取りが可能になることは確実です。

スマートコントラクトのメリット

手続きの簡略化

スマートコントラクトを利用した場合、契約に基づくあらゆる手続きを簡略化することが可能です。例えば、行政書類の発行、申請書の確認、オンライン上における本人確認などではスマートコントラクトの採用によって手続きをスマート化できるでしょう。

契約における中間業者が不要

アプリの配信などにおける中間業者が不要となるため、開発者とユーザーの直接的なやりとりが可能になります。その為、スマートコントラクトがより一般的になれば、現状の中間業者の在り方は根底から覆ると言えるでしょう。

また、賃貸契約等においてもブロックチェーンで情報共有をした場合、賃借人と賃貸人の間で直接的な取引が可能となります。双方にとっての手間が省けると同時に、仲介業者の不必要な介入が不要となりえることは大きなメリットです。

書類などのコスト削減

情報共有という意味では、ブロックチェーンの活用だけでも、大幅に書類を削減することが可能です。ブロックチェーン上のデータは書き換えが不能であり、権限さえあればだれでも確認できます。ブロックチェーンに付随して、スマートコントラクトを使用する場合、社内による手続きでも書類に頼ることは無くなると言えます。

IoTなどの市場に活用できる

スマートコントラクトは、物と物をインターネットで繋ぐloTなどの市場において、期待が高まっています。例えば、自動車の燃料の補給においてもスマートコントラクトのシステムの応用により、自動化が可能です。また、製品の修理の受付・復旧などにおいて、異なる事業者間における端末・手続きの認証・承認なども簡略化できるでしょう。

市場という見方をすれば、スマートコントラクトは家電や自動車、不動産だけでなく、非常に多くの分野において、可能性を秘めているシステムです。特に、あらゆる物がインターネットで繋がる社会の形成においては、スマートコントラクトは社会の根幹を成すシステムとなり得ます。

スマートコントラクトのデメリット

一度、契約した内容の変更は不可能

スマートコントラクトのデメリットは、双方が合意した契約内容そのものを後付けで変更することが不可能な点でしょう。例えば、契約内容の手続き自体がスムーズ化されることに問題はありません。しかし、何らかのミスでどちらか片方に著しく不利な契約内容となっているものに対して、合意してしまった場合、修正できません。特に、発注書や契約書などにおける桁数の間違えなどはよくありがちでしょう。

このような場合、ブロックチェーンとスマートコントラクトの特性上、書き換えは不可能である為、相手方に説明したうえでもう一度、契約するための設定を行う必要があります。

バグにより致命的な損失が発生する可能性がある

スマートコントラクト及びブロックチェーンはあくまでもプログラムの1つであることから、想定外の動作やバグを発生する可能性があります。ブロックチェーンはオンライン上にあっても、サイバー攻撃などの外部攻撃に対して強い耐性を持っています。しかし、内部で不具合が起きるようなことがあれば、どのように作動するのか不明という点は、企業や社会のインフラに採用するにはデメリットと言えるでしょう。

もっとも、イーサリアムなどのプラットフォームの役割を持つ通貨には中央管理者が存在しているため、スマートコントラクトに対するデメリットは次第に解決されていくことが予想できるでしょう。

イーサリアム以外にも!スマートコントラクトを採用している通貨一覧

EOS

EOS は、圧倒的な処理能力を持つ分散型アプリのプラットフォームです。通貨としてのEOSは決済機能や特別な機能を有していません。その為、通貨としてのEOSは、プラットフォームのEOSとソフトウェアであるEOS.IOの開発資金の為にある通貨と言えるでしょう。

対して、プラットフォームとしてのEOSは非常に優秀な情報方処理能力性能を誇り、スマートコントラクト機能を有しています。また、EOSのプラットフォームは企業に広く使われる為に作成されており、将来的にEOSを使用する企業が増加することが予想できます。

EOSを買うならBinance

Lisk

Lisk は、イーサリアムとよく比較される仮想通貨であり、イーサリアムと同じようにスマートコントラクト機能を実装しています。Liskの場合は、サイドチェーンを備えており、スマートコントラクトに関する情報はサイドチェーンに書き込みを行います。その為、Liskはイーサリアムよりも情報処理能力に優れていると言えるでしょう。

また、 Liskの開発言語はJavaスプリクトであり、広く一般的な開発言語である為、開発しやすいという特徴もあります。加えて言えば、Liskのマイニング方式はDPoSであり、作業量や保有量などを考慮せず、承認者は選挙のように投票で決められるという特徴を持っています。

Liskを買うならbitFlyer

CARDANO

CARDANOは、開発当初は広くオンラインカジノに使用されるプラットフォームとして有名でした。しかし、CARDANOの開発目標は「30億人の財布」となることであり、2018年5月現在ではより広い用途でプラットフォームを提供しています。CARDANOは機能として、スマートコントラクト機能を持ち、不正や改ざんが不可能である点から、カジノや賭け事などとは確かに相性のいい通貨と言えるでしょう。

また、イーサリアムの開発にも関わったチャールズ・ホスキンソン氏が開発した通貨であることからICOの展開では非常に多額の資金を集めました。加えて言えば、最終的な通貨としての機能を考えた場合、CARDANOはあらゆる通貨のメリットを取り込むことをホワイトペーパーでも謳っています。ちなみに、ダイダロスと呼ばれる独自のウォレットも作成されており、今後はカルダノ以外の通貨にも順次対応していく予定です。

ADA(CARDANO)を買うならBinance

NEO

NEOは中華圏において、独自の立ち位置を誇る総合プラットフォームです。NEOの目的は、スマートな経済圏を形成することです。その為、NEOはスマートコントラクト機能を有するほか、開発言語が非常に多様性に富んでおり、他の通貨よりも拡張性に優れていると言えます。

また、1つの通貨によって経済圏を作るという目標に沿って非常に高い情報処理能力を有し、実際に地方自治体と連携してブロックチェーンの開発に力を入れています。情報処理の方法は、DBFTと呼ばれ、NEOの保有者の中から代表者を選定し、代表者のブロックを他の代表者が承認していくというものです。

NEOを買うならBinance

スマートコントラクトの活用事例|国内外の事例を紹介

スマートコントラクトは国内外を問わず、既に実用化されています。日本においての代表的なサービスの例としては、クラウドコントラクトと呼ばれる電子契約結締サービスがあげられます。電子契約サービスにおいて、ブロックチェーンを使用した事例は初と言えるでしょう。

また、もう1つ事例を挙げるとすれば、テックビューロ社のmijinが取り上げられます。既にmijinは300社に採用されている実績があり、最近では、ジャパンネット銀行の認証実験でも使用されました。企業間のデータ共有、契約、社内内外の情報管理などmijinが行えるサービス内容は、企業のコストを大幅に削減し、スムーズ化することに特化していると言えるでしょう。加えて言えば、より使いやすいブロックチェーンとなる為、オープンソース化が計画されており、mijinは今後も注目のブロックチェーンです。

海外においては、日本よりも非常に活発にスマートコントラクトの活用が研究されています。事例として、アメリカの不動産サービスであるPropyを見てみましょう。

Propyはスマートコントラクトを利用し、不動産情報をイーサリアムベースのブロックチェーンに乗せて、取引を行うサービスです。売手が物件を登録、そして買い手がそのデータを検索し、マッチングを行います。その後は、購入に必要になる必要書類をネット上の電子契約で締結した上で、ビットコイン・イーサリアム・USドルのいずれかで決済することが可能です。

また、Propyではイーサリアムのスマートコントラクトを活用して行政関係者を巻き込んだうえで不動産の登記なども完了しています。つまり、Propyのように法的手順を順守したうえで既存のサービスにおける手間やコストを大幅に削減したサービスが国内外において一般的なものとなる未来も遠くはないと言えます。

関連記事

仮想通貨のハードフォークとは|仕組み・メリットデメリットを解説

【話題】仮想通貨売買のコツを”イケてる”税理士に聞いてみた

こんにちは…

始めるべき?仮想通貨のメリット・デメリットと投資すべき3つの理由

仮想通貨のICOとは?仕組み・メリット・事例まで紹介

仮想通貨のマイニングとは?仕組み・方法・おすすめ通貨を解説

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら