仮想通貨のハードフォークとは|仕組み・メリットデメリットを解説

ハードフォークってなに?
ハードフォークってどうして行われるの?

仮想通貨に関連する情報を調べていると、必ず目にするのが「ハードフォーク」という言葉です。ハードフォークは仮想通貨を理解する上でとても重要な要素です。

このページではハードフォークの仕組みから実際に起きる影響について解説していきます。

coingeおすすめ仮想通貨取引所
  • 国内人気No.1!
  • 口座開設も簡単
  • 手数料無料キャンペーン中!
  • 高セキュリティ
  • FX取引が簡単!
  • リップルの現物取引が可能

ハードフォークとは|互換性のない仮想通貨のアップデート

ハードフォークというのは、簡単に言ってしまうと仮想通貨のアップデートです。フォークというのは英語で「分岐」という意味で、ハードフォークが行われることを仮想通貨が分岐する、分裂する、と表現する人もいます。

図解すると以下のようになります。

ハードフォークしたブロックチェーン

ハードフォークが行われたタイミングで、仮想通貨は旧ルールのままのコインと新ルールに適応したコインに分かれます。旧コインと新コインの間には互換性がなく、別々の通貨として存続します。この際、それぞれの通貨の価値も別々になります。

なんのためにハードフォークをするのか

ハードフォークの目的は主にスケーラビリティ問題を解決することにあります。スケーラビリティ問題についての詳細は後ほど解説しますが、簡単に言ってしまえば仮想通貨の不便さを解消するためにアップデートを行うということです。

スケーラビリティ問題とは

スケーラビリティ問題というのは、仮想通貨に使われているブロックチェーン技術が抱える問題です。ブロックチェーンはブロックを次々に生成し、そこに仮想通貨の取引情報を記録します。

スケーラビリティ問題が発生するフロー

ブロックチェーンでは、ブロックに記録される取引情報の正当性を証明する処理を行うことで仮想通貨の安全性は保たれています。 しかし、利用者が増えれば増えるほど取引情報が増大し、処理作業が追いつかなくなります。それによって、取引の遅延や手数料の高騰などが起こることがスケーラビリティ問題と呼ばれています。

ソフトフォークとハードフォークの違い

ハードフォークのついになるアップデートに「ソフトフォーク」があります。簡単にいうとソフトフォークは、全体に対するアップデートです。図解すると以下のようなイメージです。

ソフトフォークしたブロックチェーン

ソフトフォークは、全体のルールを変更するものなのでハードフォークと違い分岐した後に1つの通貨に収束します。そのため、ハードフォークと比較すると大きい影響はないと言われています。

過去に行われたハードフォーク

2017年8月 ビットコインキャッシュ誕生

ビットコインキャッシュ

世界で1番時価総額の多い仮想通貨であるビットコインに関しては、関係者の間でスケーラビリティ問題の解決策で意見が対立することがしばしばあります。その対立の結果、ハードフォークが行われ誕生したのがビットコインキャッシュ(通称:BCC,BCH)です。

対立の内容は、取引の遅延の解決策として以下の2派に分かれたというものです。

  • 取引情報を記載するブロックの容量を従来よりも大きくする(1MB→8MB)
  • 取引情報を圧縮してブロックの容量は従来通りのままにする
ビットコインキャッシュのブロックチェーン

結果として、ブロックの容量を大きくする方式を採用してビットコインから分裂したのがビットコインキャッシュという新しい通貨です。

アップデート内容に関しての方針が一致しない場合には上記の例のようにハードフォークが行われます。また、ハードフォークが行われる際にもともとビットコインを持っていた人は分岐先のコインが付与されるのでそれ目当てで買う人が増え、ビットコインの価値が急上昇しました。

ビットコインのスケーラビリティ問題や、ビットコインキャッシュとビットコインの違いなどをこちらの記事で詳しく解説しているので興味がある方は読んでみてください。

2016年6月 the DAO事件|イーサリアムクラシックの誕生

イーサリアムクラシックのコイン

 数あるハードフォークによって生まれたコインの中でもビットコインキャッシュと並んで有名なのがthe DAO事件が契機で誕生したイーサリアムクラシックです。the DAO事件とは、イーサリアムのスマートコントラクトという機能を用いたthe DAOというプロジェクトがハッキング被害にあった事件です。

まず、スマートコントラクトとは通貨の中にプログラムを埋め込み、プログラムに記録された契約条件が履行されると自動でサービス提供や決済が行えるという機能です。これを応用して、イーサリアムのブロックチェーンを利用したアプリケーションやプロジェクトなどが多数立ち上がっています。その代表的な例であったDAOでは、通貨内に書かれたプログラムの脆弱性を突かれ、約360万ETHが盗まれました

その事後対応としてイーサリアムの開発コミュニティは、ハードフォークによってイーサリアムのブロックチェーンをハッキングによってDAOから約360万ETHが盗まれる前の状態に戻すという決断を下しました。このハードフォークによって、イーサリアムから分岐したのがイーサリアムクラシック(ETC)です。

この件で覚えておきたいのが、決してイーサリアム自体に脆弱性があったわけではないということです。スマートコントラクトに記録されたプログラムの中に脆弱性があったにすぎず、イーサリアム自体の堅牢性は疑いのないものです。

ハードフォークの注意点

これからもどの通貨においてもハードフォークが起こる可能性は大いにあります。そこで、ハードフォークが起こる際に注意すべき点を2つ紹介します。

急激な相場変動

ハードフォークを控えた通貨は、ハードフォーク前後で大きな値動きが予想されます。もし、自分が保有している通貨のハードフォークが噂されているようであれば相場や最新情報をこまめにチェックしておくと良いでしょう。

取引の停止

ハードフォークが行われる直前・直後の数時間は、ハードフォークによるバグの発生などの危険性を考慮して取引所が当該通貨の売買及び送金を停止します。なのでもし送金したい予定などがハードフォークと重なりそうな場合にはその前に済ませてしまうことをおすすめします。

この記事のまとめ

  • ハードフォークは「互換性のないアップデート」
  • ハードフォーク前後は相場が変動するので要注意
  • これからもハードフォークは生じる可能性が高い

関連記事

ミスビットコイン藤本真衣さんと対談!古参が思う『今の仮想通貨』

今回は、5年前…

ブロックチェーンはなぜ安全といえるのか、耐改ざん性を解説

ビットコイン論文を徹底解説~サトシ・ナカモトの目指していたものと…

ビットコインの論文を徹底解説~サトシ・ナカモトの目指していたもの…

仮想通貨に関する法律から読み解く日本政府の見解

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら