ライトコイン(LTC)の将来性と価格変動|今後の注目事項も紹介

ライトコインとは|ビットコインをベースにした高速決済通貨

ライトコインの基本情報
通貨名 Litecoin
通貨記号 LTC
開発時期 2011年10月
創始者 チャーリー・リー
時価総額 約9,000億円(6位)
発行枚数上限 8,400枚

ライトコインとはアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)の一種で、2011年10月に開発されました。開発者は当時Googleのエンジニアであったチャーリー・リー氏で、開発コンセプトとして「ビットコインが金とするならば、ライトコインは銀である」という言葉が掲げられています。これはつまりビットコインを元として開発されたということであり、ライトコインの目指すものはビットコインの欠点の補填であるとも言えます。

また、実際にビットコインの開発が2009年であり、ライトコインはその次に開発された仮想通貨でもあるので、ライトコインは歴史としてはビットコインに次いで2番目に古い歴史を持つ仮想通貨であることも特徴です。

ビットコインとライトコインの違い

ビットコインとライトコインの大きな違いは、処理速度にあります。ビットコインのブロック(取引データを保存する台帳)処理速度は10分であるのに対し、ライトコインの処理速度は2分30秒(ビットコインの4倍)です。また、発行枚数についてもビットコインは2100万枚ですがライトコインは8400万枚と、こちらも4倍となっています。

ブロック処理速度が4倍とは、つまり「送金や決済が4倍の速度で完了する」ということです。また、ライトコインではビットコインよりも速さを追求しているので取引速度の新技術や、安全に取引・送金できる機能などが搭載されているということも特徴の1つです。

ライトコインの時価総額|ランキング中位をキープ

ライトコインの現在の時価総額はおよそ8800億円です。ライトコインの時価総額はランキングの5位〜8位を行ったり来たりしています。時価総額はその発行枚数の多さや取引速度の速さから、今後も伸びていくものだと考えられますが、ランキングは他の通貨の伸びにも左右されるので、しばらくは現状のようにおおよそ5位〜8位を行き来すると予想されます。

ライトコインの将来性|キーとなるのは提携と機能の拡充

開発者 チャーリー・リー氏とライトコイン開発コミュニティ

前述で紹介したライトコインの開発者であるチャーリー・リー氏はGoogleのエンジニアだったこともあり、信用性の高い人物と言えます。加えて、2017年12月にはリー氏が保有していたライトコインを全て手放しました。その理由はリー氏自身の発言力によって価格が変動することを避けることを目的であると公表しています。

ライトコイン開発コミュニティは、投資対象として、ではなく実際に実用される通貨にすることを最優先に開発を進めていくことを強くポリシーとして持っています。投資対象として注目されがちな仮想通貨ですが、実用されるかどうかがもっとも重要であることを忘れてはなりません。その点で、ライトコインの開発コミュニティはかなり信頼の置けるコミュニティであるといえるでしょう。

提携による決済手段としての浸透

ライトコインは、20148年4月にアメリカのクレジット決済サービス大手「Aliant Payment Systems」と提携を結んだと発表しました。

続いて、American Express社が出資している仮想通貨決済アプリ「Abra」の決済手段としてライトコインが採用されることも発表されました。これからもこうした決済サービスとの提携が進んでいくことが予想され、実用化に向けた取り組みは加速していくでしょう。

機能面の強化

過去にはペイメントチャネルのオフチェーン取引実験の成功や、segwitの実装に際して価格が高騰しました。今後も機能の向上に伴って価格も変動すると予想されます。

過去の大きな価格変動|イベント別に紹介

ライトコインは、他の仮想通貨と比べると堅実に価格が伸びる傾向がありますが、その中でも急騰したタイミングとその要因を紹介します。

2013年の急騰|キプロスショック

ヨーロッパにあるキプロスで起きた金融危機に際し、キプロス国内では現金預金を下ろせない事態となりました。しかしビットコインで資産を保有している場合には、ビットコインから現金に換えられるということでビットコインおよび仮想通貨が大きな注目を集め、全体的に相場価格が急騰しました。

2017年9月の急騰|オフチェーンでの取引が成功

ライトコインは、ビットコインと同様のPoW方式で承認されるブロックチェーンにて稼働しています。それは、ビットコイン同様に、スケーラビリティ問題(ユーザー数が増えて送金詰まりが発生する)が起こることを意味します。そこで、決済用にブロックチェーンに記録されない形で安全に取引できるオフチェーン上での取引する実験が成功したことでライトコインへの期待は一気に高まりました。

2017年12月の急騰|アルトコインバブル

2017年の12月は、俗にいうアルトコインバブルで全通貨価格が急騰しました。ライトコインでは、史上初の4万円代を記録しました。その後、急落して一時は15,000円を割り込みましたが、2018年5月時点では18,000円程度まで回復しています。

ライトコインを取引可能な取引所一覧

ライトコインを取り扱っている国内の大手取引所を一覧表にまとめました。それぞれ特徴が異なるので自分にあった取引所でライトコインを買ってみてください。

ライトコイン取り扱い取引所一覧表
  • 国内人気No.1!
  • 口座開設も簡単
  • 形式:販売所
  • 手数料無料キャンペーン中!
  • 高セキュリティ
  • 形式:取引所
  • LTC出金手数料無料
  • ビットコインのみFX取引可能
  • 形式:販売所
  • 一部通貨はBTC建で購入可能
  • 取引所形式で売買可能
  • 形式:取引所

それぞれの取引所に特徴がありますが、一番わかりやすい違いとしては売買形式が「取引所」か「販売所」かという違いです。販売所は、購入が簡単な代わりに取引所で購入するよりは少々手数料が高いのが特徴です。取引所は、自分で価格を指定してユーザー同士で売買を行うので少々面倒ですが手数料が安いのが特徴です。

初心者の方は販売所を、中-上級者の方は販売所を利用するのがおすすめです。

この記事のまとめ

この記事ではライトコインの将来性や価格変動について考察しました。ライトコインはこれからも注目され続ける通貨で、将来性は間違いなく高いと言えるでしょう。

ただ、一番の特徴である決済処理速度などでは他の通貨の追随を許している状況なので、今後の機能アップデートに注視しながら投資を検討して行きましょう。

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら