ビットフライヤーアプリの使い方を徹底解説|便利機能とよくある質問

使いやすさと機能性を仮想通貨アプリに求めるならビットフライヤーの「ビットフライヤーウォレット」がおすすめです。

「ビットフライヤーウォレット」が選ばれる理由と利用できる機能についてご紹介します。良くある質問も掲載しているので、アプリ利用で問題が起きた場合は参考にしてみましょう。

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

「ビットフライヤーウォレット」はシンプルなインターフェイスが特徴

  • シンプルで使いやすいビットフライヤーアプリ
  • QRコードで簡単に実店舗での支払いができる
  • ビットフライヤーアプリなら取引所での取引も可能

ビットフライヤーアプリ(ビットフライヤーウォレット)の使い方

ダウンロードとログイン方法

ビットフライヤーウォレットは、iPhoneのApp store、AndroidのGoogle store両方に対応しています。

使用できるスマートフォンを選ばないので、どちらのユーザーであってもスマホから自由にアプリでビットフライヤー口座の管理などがおこなえます。

まず、事前準備としてiPhoneならApp store、AndroidならGoogle storeからアプリをダウンロードして、タップすればアプリを使える状態にしておきましょう。

なお、アプリのダウンロードとインストールが完了してアプリを開くと、アプリログインの画面が現れます。

登録しているEメールとパスワードを入力してログインを完了させましょう。会員登録がまだの場合は、アプリから登録の手続きを行うことが可能です。

また、ログインしてアプリを使用する際は、セキュリティの観点から二段階設定にすることをおすすめします。

ビットフライヤーウォレットで資産額を確認しよう

ビットフライヤーウォレットにログインすると各種メニューの上に、総資産額、ビットコイン残高、日本円残高が表示されます。

取引の際の支払い余力などがすぐにわかるので便利です。各種内容の詳細を確認してみましょう。

【各種資産額の項目】

  • 「総資産額」ビットフライヤーで保有しているビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨と口座内の日本円の合計を日本円に直した額です。
  • 「通貨ごとの資産を表示する」総資産額の下に設置されているボタンで、タップすると各種仮想通貨ごとの資産が表示されます。
  • 「ビットコイン残高」仮想通貨の内、ビットコインの残高です。
  • 「日本円残高」口座内の日本円残高です。

ウォレットアドレスを確認しよう

ウォレットアドレスとは、仮想通貨利用のための口座番号のことです。ウォレットアドレスの確認方法は、トップ画面の右上のQRコードボタンをタップして「自分のQRコードを表示」を選択するだけ。2ステップで簡単にウォレットアドレスを確認できます。

各種メニューボタン

「ビットコイン」

ビットコインの他、イーサリアムとイーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインの購入と売却ができます。数量入力後、「買う」「売る」いずれかのタップの2ステップで売買できます。

「Pay」

ビットコインを送金したいときやお店で決済したいときに使います。「QRコードをスキャンして送金」またはメニュー画面の「QRコード」からは、送金する側のQRコードを読み取ることで簡単に送金可能です。

「取引所」

ビットコインのユーザー間での売買が可能です。取引板からタップで簡単に購入や売却ができます。

「アルトコイン」

ビットコイン以外の仮想通貨の販売所です。ビットフライヤーウォレットでは、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインを指します。

交換したい通貨を選択すれば、ビットコインのように数量と「買う」「売る」のいずれかをタップするだけで売買ができます。

「Lightning web」

レバレッジをかけたビットコインの先物取引が出来ます。

ビットフライヤーアプリ(ビットフライヤーウォレット)でできる取引

ビットフライヤーアプリ内で可能な取引について解説します。

販売所

ビットコインやその他アルトコインをビットフライヤーを相手に売買するところです。必要な分が即時で売買出来る代わりに、相場よりも5%上乗せされた金額設定になっています。

【やり方】

  • アプリメニューの「ビットコイン」をタップ
  • 購入数量を入力します。0.01〜1単位で入力が可
  • 「買う」「売る」のボタンで取引が完了します。

取引所

ユーザー間でビットコインの取引が出来ます。自分で価格を設定して、板と呼ばれるスレッドに注文を表示させます。アプリメニューの「取引所」から取引が可能です。

【やり方】

  • アプリメニューの「取引所」をタップ
  • 買うときは上の表示を、売るときは下の表示を見ます
  • ビットコインの売買数量を入力。単位は0.01〜1ごとに入力が可能
  • 「売る」「買う」のボタンをタップで取引完了

ライトニング

ビットコインの現物取引と先物取引のことです。チャートを見ながら取引を行います。現物・先物ともにアプリメニューの「Lightning web」から取引が出来ます。先物取引に関してはアプリ上で出来るのはいまのところビットフライヤーのみです。

【やり方】

  • アプリーメニューの「Lightning web」をタップ
  • 「指値」「成行」「特殊」の3タブの中から注文したい板を選ぶ
  • 売買したいビットコインの数量を入力。0.1〜5の単位で入力が可能
  • 「売り」「買い」をタップで取引完了

ビットフライヤーアプリ(ビットフライヤーウォレット)の便利な使い方

簡単操作でビットコインなどの仮想通貨が売買できるビットフライヤーウォレット。便利なのは、ネット上の取引だけではありません。アプリならではのQRコードを利用すれば、実店舗での支払いも便利になります。

アプリならではの便利なQRコード

ビットフライヤーウォレットの「QRコード」または「Pay」のQRコードをスキャンして送信では、送金したい相手のQRコード(ウォレットアドレス)を読み取るだけで簡単に送金ができるようになっています。

ビックカメラなど、QRコードでビットコインの決済を導入している実店舗で決済することができます。ビットコインを使って買い物をしたい人には便利な機能です。

iPhone版はとくに便利

ビットフライヤーウォレットは、Android版よりもiPhone版の方が機能は充実しています。たとえば、LINEやFacebookなどと連携することで簡単に送金できる機能を利用することも可能です。

ウェブ上で利用できるほとんどのサービスをiPhone版アプリなら利用できるといって良いでしょう。

さらにシンプル設計で、文字が大きく操作がしやすいので、iPhoneユーザーならダウンロードしておくべきです。

ビットコインを利用した支払いの注意点

特にビックカメラを利用する場合の注意点ですが、ビットコインでの決済は1回の会計で最大10万円になっています。

10万円を超える買い物の場合は、クレジットカードや現金払いと併用しなければなりません。返金の場合は、現金で戻ってきます。

ビットフライヤー以外の取引所アプリとの比較

ビットフライヤー(bitFlyer)アプリのメリット・デメリット

ビットフライヤーの公式アプリであるビットフライヤーウォレット。メリットはシンプルなデザインと分かりやすい操作による圧倒的な使いやすさです。分かりやすさはトップクラスなので、初心者でも使いやすいです。

一方のデメリットは取扱通貨が少ないこと。仮想通貨は1,000種類以上にも及ぶとされていますが、ビットフライヤーでは5種類ほどしか取引ができません。

2017年10月にモナコインは追加されましたが、リップルやネム、ネオなど世界的に取引の多い仮想通貨でも取引されていないことが多いです。

ザイフ(Zaif)アプリのメリット・デメリット

簡単売買から送金や換金ができるアプリです。Zaif利用のメリットは、お得な取引手数料と積み立て取引ができるということ。

一方、アプリに関しては見にくくて使いにくいという意見も少なくありません。ビットフライヤーよりは多いですが、取引できる仮想通貨がそこまで多くないため希望の取引ができない場合があります。

コインチェック(coincheck)アプリのメリット・デメリット

取扱っている仮想通貨が多いので、さまざまなアルトコインを取引できます。さまざまな取引に対応しているのが大きなメリットです。ローソクチャートも見やすく、デザインもシンプルでわかりやすいです。

一方で、アプリ版を利用する場合のデメリットになるのが、取引所が使えないということ。アプリ版では販売所のみの取引となるため取引の自由度は決して高くないです。

またコインチェックでは仮想通貨の現在価格が一覧で確認できるウィジェットを使用できますが、実装されているのはiOSのみなのでAndroid版では利用できません。

アプリでビットコインの取引をするならビットフライヤー

数ある仮想通貨取引のアプリの中でも、ユーザー間での取引ができる取引所が利用できるのはビットフライヤーだけです。

ザイフはブラウザとして利用する分には優秀ですが、アプリの機能が十分でなく使い勝手が良くありません。使いやすさと便利の良さを考えるとビットフライヤーアプリの利用がおすすめです。

ビットフライヤーアプリでよくある質問

ビットフライヤーアプリにまつわる、よくある質問を集めてみました。

ログイン出来ないときはどうしたらいいですか?

パスワードの繰り返しミスによる凍結

一定回数間違ったパスワードを入力してログインしようとすると、セキュリティの関係で一時ログインができなくなります。時間をあけて再度ログインを試みましょう。

パスワードが分からない

パスワードの再設定が必要です。「パスワードをお忘れでしょうか?」からパスワードの再設定をしてからログインしましょう。

ビットフライヤー側の不具合

ビットフライヤー側の不具合で正常にログインできない場合もあります。公式アナウンスで不具合の情報が更新されていないか確認し、復旧を待ちましょう。

二段階認証とはなんですか?

通常のログインはIDとパスワードが一般的です。二段階認証とは、ログインや出勤時にID・パスワードでの認証とは別に、セキュリティコードなどでの認証をおこない2段階で認証をおこなうことを指します。

ビットフライヤーアプリでは、この二段階認証を利用することが可能です。高セキュリティ維持のためにも必ず設定しましょう。

アプリが重い場合はどうすればいいですか?

ネットワーク回線が混雑している可能性があります。混雑解消まで時間がかかるので、しばらく時間をおいてから再びアプリを立ち上げてみてください。

チャートから注文できますか?

チャートからの注文には対応していません。購入画面からでしか注文はできなくなっています。どうしてもチャートを見ながら利用したい場合は、パソコン、またはアプリとの併用を考えましょう。

クレジットカードの使用はできますか?

現在、アプリ上でのクレジットカードに使用は出来ません。アプリ上で取引を行いたい場合は銀行口座の登録を行いましょう。

またWeb版ではクレジットカードによる決済も行えます。ただし、クレジットカードを使用する場合、入金ではなく決済のみになるので注意が必要です。

まとめ

ビットコインなどの仮想通貨を取引するならビットフライヤーのアプリ、「ビットフライヤーウォレット」がおすすめです。

取引できる仮想通貨自体は少ないですが、シンプルで使いやすいので、初心者の方はぜひ利用を検討してみましょう。

関連記事

ビットフライヤーの入金方法を解説|手数料・反映時間を比較

ビットフラ…

ビットフライヤーは安全?取引所選びで失敗しない為のポイント3つ

ビットフライヤーのチャートの見方を徹底解説|ライトニングの使い方

ビットフラ…

ビットフライヤーの本人確認を進めるための必要情報

ビットフライヤー始めたいけど使い方が…登録から取引まで簡単解説!

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら