ビットフライヤーの登録手順とアカウント作成時の注意点

ここでは仮想通貨取り引きを始めるための第一歩、ビットフライヤーの登録方法について解説しています。

アカウントグレードの種類や、登録時の注意点など、初めての方がつまづきやすいポイントについてもご紹介します。

ビットフライヤーの登録手順

ビットフライヤーの登録は、オンライン上で行います。公式サイトで以下の手順どおりに必要事項を入力もしくは選択するのみで、短時間で登録可能です。

  • 登録方法(アカウント)を選択
  • アカウント作成
  • メールアドレスの確認
  • 確認事項のチェック

登録は大まかに分けると、この4ステップで完了します。各手順の詳細については以下の解説をご覧ください。

1. 登録方法(アカウント)を選択

ビットフライヤーに登録する際は、メールアドレス、フェイスブックアカウント、Yahoo! ID、Googleアカウントのいずれかを選びます。

ここで仮にフェイスブックやYahoo! ID、Googleアカウントを選んだ場合は、それぞれのサービスに登録したメールアドレスでビットフライヤーに登録されることとなります。

よって、これ以降は基本となる「メールアドレスを登録方法に選択した場合」の例をご紹介します。

2.アカウント作成

メールアドレスを入力して、「アカウント作成」ボタンをクリックします。メールアドレスはフリーメールでも使用可能ですが、セキュリティ面で安心できるものを選びましょう。

たとえば他の端末からアクセスが確認されるとメールで報告してくれるgmailなど、安全性の高いメールサービスを利用してください。

3.メールアドレスの確認

アカウント作成のためのボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛に登録で必要な情報が送られてきます。

  • アカウント作成用URL
  • 初回ログインで必要なキーワード
  • 登録されたメールアドレス情報
  • 初回ログインで必要なパスワード

送られてくるのは、この4つです。記載されているメールアドレスに間違いがないことを確認してから、メール本文の上部にあるアカウント作成用URLをクリックしましょう。

メール画面に記載されたURLリンクをクリックした場合は、登録画面へ直接飛べるため、キーワードは使用しません。届いたメール内のリンク以外から登録画面へ進む場合は、メールに記載されたキーワードが必要となります。

4.確認事項のチェック

メール上のURLをクリックして出てくる画面では、利用規約、プライバシーポリシー、ビットコイン取引におけるリスク、米国居住者か否かの確認項目が用意されています。

それぞれ確認をしたら左のボックスにチェックを入れ、「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

ここで米国居住者かどうかを問われるのは、米国居住者の場合、政府認定の取引所以外での仮想通貨取り引きに制限があるためです。チェック漏れに注意してください。

ただし、2017年11月にニューヨーク政府から仮想通貨取り引きのためのライセンスを取得したことからも、今後は米国全土での取り引きがより自由になる可能性はあります。

「bitFlyerをはじめる」をクリック後にbitFlyer FX(ビットコインを利用したFX取り引き)の案内が現れますが、特段利用する予定がなければ無視しましょう。

右上の×印をクリックして、ビットフライヤーのトップ画面が問題なく表示されれば、無事にアカウント作成完了です。

ビットフライヤーにはアカウントグレードが2つある

ビットフライヤーに登録すれば、すべての取り引きが可能となるわけではありません。ビットフライヤーにはアカウントグレードが「トレードクラス」と「ウォレットクラス」の2タイプあり、グレードごとに利用可能範囲が異なっています。

登録時はすべての人がウォレットクラス扱いですが、日本円の入金をするなら、トレードクラスへの変更が必須です。各クラスでできる範囲は、以下のとおりです。

ウォレットクラス

ビットフライヤーに登録するだけで得られるグレードです。仮想通貨の預け入れや送付ができますが、購入や売却はできません。仮想通貨送付額にも制限が設けられており、送付できるのは7日間で最大10万円までです。

送付はメールアドレスを利用して手軽に行えます。相手がビットフライヤーアカウント登録者であれば、bitWireを利用してより手軽な送金が可能です。

通常は読みにくい文字列で作成されたビットコインアドレスが必要ですが、bitWireを利用すれば不要となります。送金手数料は無料かつ、即時送金もbitWireの魅力のひとつです。

他にも日本円の入出金が可能なので、ビットフライヤー内に日本円を所持でき、現金として引き出すこともできます。

ウォレットクラスでもLightning Futuresを利用すれば、最大15倍のレバレッジをかけて取り引きが行えますが、3倍以上の取り引きには銀行情報と口座の確認が求められます。

トレードクラス

ウォレットクラスから特定の条件をクリアしてアップグレードされたのが、トレードクラスです。ウォレットクラスで利用できたサービスや取り引きに加え、仮想通貨の購入や売却も可能となり、より仮想通貨の取り引きを楽しめるようになります。

ウォレットクラスでは7日間で10万円までの制限があった仮想通貨送付額も無制限で利用できる上、売買での制限も設けられていません。

また、Lightning Futuresに加えイーサリアムの売買(Lightning 現物)、Lightning FXも利用可能となります。

ウォレットクラスからこのトレードクラスにアップグレードするには、口座情報などのより詳細な情報入力を行うのみ。特に手数料を求められることはありません。

法人によるビットフライヤーへの登録およびトレードクラスへのアップグレードも可能です。ただし、「株式会社」「有限会社」「合同会社」「合資会社」「社団法人」のいずれかのみ。

サークルやスポーツ団体など、会社以外の団体での登録は認められていません。登記事項証明書など会社の存在を証明する各種書類の他、取引責任者の本人確認資料を提出し、法人情報と取引責任者、実質的支配者の情報登録も必要です。

口座開設までに必要な登録内容

ビットコイン取り引きのための口座開設には、トレードクラスへのアップグレードが最低条件です。トレードクラスへアップグレードするために、以下の情報登録と書類提出を行います。

  • 携帯電話認証
  • 本人の登録情報
  • 銀行口座情報
  • 本人確認書類

それぞれビットフライヤーのログイン後に現れる会員用トップ画面から行えます。画面右下のアカウント情報に羅列された各種手続き状況を確認し、「未入手」や「未登録」など赤表示になっているものが対象です。

各情報を入力する前に、二段階認証設定も忘れずに行ってください。二段階認証は同じくアカウント情報欄から可能です。

ポイントは、確認コードの取得方法。認証アプリとメール受け取りのどちらかを選択することになりますが、おすすめは認証アプリの利用です。

メール受け取りはメッセージの受け取りに時間がかかる場合もあるため、時間短縮を求めるなら認証アプリを試してみてください。

携帯電話認証

携帯電話認証は、携帯電話番号を入力し、SMSを受け取ります。届けられた認証コードを再度ビットフライヤーの認証画面へ入力必要があるため、必ずSMSを受け取れる(実際に使用している)電話番号を登録してください。

ただし、海外からメールが送られてくる影響で受信トラブルが起こりやすいようです。しばらく待って届かない場合は、「音声で通知する」欄にチェックを入れ、再度登録を試してみましょう。

本人情報登録

本人情報登録は、氏名年齢など詳細な個人情報を登録していきます。登録者名が銀行口座名義と異ならないように注意してください。

入力間違いがあったり、登録情報に変更が出たりした場合はビットフライヤーのオペレーターへ電話にて修正を依頼します。

銀行口座情報

銀行口座情報も入力します。銀行名や支店名などを入力した後は取り引きが行えるようになりますが、初回は10万円までの取り引きしかできないため注意しましょう。

本人確認書類

本人確認書類もオンライン上で可能です。身分証明書をアップロードする際は、身分証明書の表面と裏面に加え、身分証明書を持った本人の画像も必要です。

アップロード完了後は、「お客様の取引目的等のご確認」で該当する欄にチェックを入れ、後日送られてくる転送不要書留郵便物を受け取ったら手続きは完了です。

住所や本人、実際に居住しているかなどを確認するための書類なので、必ず受け取るようにしましょう。

長期出張などで受け取れない場合は、受け取れるタイミングでアップグレードの申し込みをおこなってください。

まとめ

ビットコインの取り引きには、ビットフライヤーへの登録が必要ですが、アカウントグレードに注意しましょう。売買もおこないたいのであれば、メールアドレス登録のみのウォレットクラスでは不十分です。

必要事項や情報を提出し、トレードクラスへのアップグレードを行いましょう。ビットフライヤーの登録とアップグレードでは、SMSや転送不要書留郵便物などで実際の居住や電話番号使用状況が確認されます。現在使用している電話番号と居住住所を登録して取引を始めましょう。

関連記事

ビットフライヤーは安全?取引所選びで失敗しない為のポイント3つ

ビットフライヤーのチャートの見方を徹底解説|ライトニングの使い方

ビットフラ…

ビットフライヤーの本人確認を進めるための必要情報

ビットフライヤー始めたいけど使い方が…登録から取引まで簡単解説!

【2018年版】bitFlyerの口座開設 | 登録方法から取引まで徹底解説

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら