分散型取引所(DEX)とは?中央集権型取引所(CEX)との違いを解説

2018年1月に起きたNEM不正送金事件以降、日本国内でも”DEX”という単語を頻繁に目にするようになりました。

これは投機目的としての仮想通貨だけでなく、技術的な部分にも注目が集まるようになってきたことの表れではないでしょうか。

今回は分散型取引所(DEX)について解説します。 また、現在主流となっている中央集権型取引所(CEX)との比較や今後の展望などにも触れていきたいと思います。

coingeおすすめ仮想通貨取引所
  • 国内人気No.1!
  • 口座開設も簡単
  • 手数料無料キャンペーン中!
  • 高セキュリティ
  • FX取引が簡単!
  • リップルの現物取引が可能

分散型取引所(DEX)とは

DEXはDecentralized EXchangeの略で、文字通り管理者のいない分散型の取引所のことです。 いわゆるDApps(Decetralized Applications)の一種といえます。

一方で、DEXに対して現在主流となっている中央集権型の取引所のことをCEX(Centralized EXchange)といいます。

DEX自体は特に真新しいものではありませんが、相次ぐCEXへのハッキングが要因となり近年急激に注目を集めるようになりました。 なぜなら、DEXはハッキングリスクを下げることができるからです。

ここで注意すべきは、DEXだからハッキングリスクを排除できるというわけではない、ということです。 CEXに比べてDEXは、あくまでハッキングの対象になる可能性が低くなるだけで、DEXの仕組み自体がハッキングを排除しているわけではありません。

ハッキングという観点でのCEXとDEXの主な違いは、ブロックチェーンへアクセスするための秘密鍵の管理者が異なる点です。 取引所が管理している秘密鍵は、個人保有のウォレットに比べて莫大な資産へのアクセスができる秘密鍵です。そのため、個人のウォレットと比較するとハッキングされやすい、ということになります。

一方でDEXは、秘密鍵の管理を個々人で行うため、1つの秘密鍵を盗んでも1人分のウォレットにしかアクセスできません。 強盗が銀行の金庫を狙うか家庭の引き出しを狙うかという状態と同じで、どうせ狙うならたくさんある方を狙うという心理が働くでしょう。つまりは確率論の話です。

DEXの特筆すべき点

DEXの注目すべき点はハッキング云々ではなく、ゼロダウンタイムやマネーロンダリングであると考えています。

詳しくは後述しますが、中央集権型でないということはサーバダウンが発生しないということになり、取引したいのにサーバがダウンしてて使えないといったCEXの悩みを解決してくれるのです。

以上のような特徴がDEXにはあるのですが、DEXの詳細について触れる前に少しCEXの仕組みを説明しておきたいと思います。 DEXを知る前にCEXの仕組みを知っておくことで、DEXのメリットや課題をより深く理解することができるでしょう。

中央集権型取引所(CEX)の仕組み

国内ではbitFlyerBitbank、国外ではBinanceやBitfinexなどが有名ですが、そういった皆さんが普段使っている取引所のシステムがどのように動いているかご存知でしょうか。

ここではDEXと関連のある、仮想通貨の管理方法と手数料について紹介したいと思います。

CEXのおける仮想通貨の管理方法

皆さんが仮想通貨取引を行う場合、まず取引所に法定通貨を入金し、それを取引所内で仮想通貨に交換しているかと思います。 その際、取引所内に各自のウォレットが作成され、そのウォレットを通して取引を行なっていると考えるのが妥当ですよね。

概ね間違いではありませんが、実際は少し違っています。 取引所には取引所自体のウォレットが存在し、取引所利用者のウォレットはその中に内包されているイメージです。 要するに、取引所のウォレットには利用者全員の仮想通貨の合計額が含まれているということになります。 そのため、先述した通りCEXはハッキング対象になりやすいということであり、ハッキングされると一度に膨大な量の仮想通貨が盗まれてしまうのです。

ちなみに、利用者同士が行った取引の履歴は、実はブロックチェーンに書き込まれているのではなく取引所が管理する独自のデータベースに書き込まれています。 ブロックチェーンに書き込まれている履歴は、取引所のウォレットが行なった取引の履歴のみになっているのです。(利用者の取引をまとめて1つの取引として記録するイメージ)

そうすることで、ブロックチェーンの速度課題に影響されることなく瞬間的な取引が実現できているわけです。

CEXにおける仮想通貨取引手数料

CEXには様々な手数料が一律で決められています。 例としては、仮想通貨や法定通貨の出金手数料、仮想通貨送金手数料などがあげられるでしょう。

一方で、”取引手数料ゼロ”を強みとして謳っているCEXも複数あるかと思います。 なぜ手数料がかかる取引所とかからない取引所があるのでしょうか。 これは裏側でどのようなシステムが動いているかを考えると納得できるかと思います。

CEXやDEXに限らずブロックチェーンを利用する際には、ほとんどの場合にマイナーへの報酬として手数料を支払う必要があります。

そのため単純に考えると、ブロックチェーンを使う部分のシステム(仮想通貨の出金)には手数料が発生し、使わない部分のシステム(取引所内での利用者同士の取引)には手数料が発生しないということです。 このマイナーへの手数料に加えて、取引所側の徴収する分が上乗せされるために、多額の手数料を支払う必要があるのがCEXということになります。

DEXのメリット・デメリットを解説

ここまでなぜCEXの解説をしてきたかというと、CEXにおける管理方法のデメリットや無駄な取引手数料が発生している点を、DEXで解消することができるからです。

一方で、DEXにはメリットばかりがあるわけではなく、現時点ではむしろ課題が山積みになっているため、まだまだCEXの方が実用部分では非常に優れているといえます。

DEXのメリット

1.カウンターパーティリスクの排除

第三者に依存したサービスを利用する際に、その第三者が原因で利用者が被害を被ることをカウンターパーティリスクといいます。 CEXのような中央集権型の取引所では、外部からのハッキング被害や内部からの不正被害の可能性、つまりカウンターパーティリスクを排除することはできません。

DEXには特定の管理主体がいないため、内部不正は排除することができます。 また、ウォレットの秘密鍵を個人でそれぞれ管理するため、ハッキング対象となるリスクは軽減されるでしょう。 何度もいいますが、ハッキングの可能性がゼロになるわけではありません。

2.24時間365日稼働している

CEXの場合は、取引所の都合で入出金ができなくなり取引のタイミングを逃す、といった事態が稀に発生します。

DEXには、24時間365日いつでもアクセスすることができます。

3.ゼロダウンタイム

上記と少し被りますが、CEXは意図しないサーバダウンのリスクを常に抱えています。 当然、サーバがダウンしていてはサービスにアクセスできないため、取引タイミングを逃すといった経験をされた方も多いのではないでしょうか。

しかし、DEXであればゼロダウンタイム(サーバダウンが発生しないこと)を実現することができます。

4.本人確認が不要

資金決済法が改定され、取引所を運営するには国の認可が必要となりました。 利用者は本人確認を実施しなければならず、取引を開始するまでに何日もかかったり匿名性が失われる状況になっています。

DEXでは本人確認は必要なく、利用者はウォレットアドレスなどの必要最低限な情報のみの開示で取引ができるようになります。

DEXの課題

現状のDEXにはメリットばかりではないため、DEXの抱える課題を整理していきます。

1.取引が成立しにくい

第一に、現時点ではCEXに比べてDEXの利用者は圧倒的に少ないです。 そのため、買いたくても売りたい人がいなかったり逆も同様のことが頻繁に起きています。 これはDEXが普及するにつれ解消されていく問題ではありますが、まだまだ実用化は先になりそうです。

2.取引成立に時間がかかる

CEXでは、内部にある独自のデータベースを使って瞬間的な取引成立を実現していましたが、DEXはブロックチェーン上で取引を処理するものがほとんどであるため、ブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ問題などの影響を直接受けることになります。 この問題に対しては、オフチェーンなどの活用に期待です。

オフチェーンとは
ブロックチェーン上に直接記録しないやりとりのことです。代表的な例には、ライトニングネットワークがあります。

3.秘密鍵の紛失が保護されない

DEXのメリットとして、秘密鍵を自身で管理することによるカウンターパーティーリスクの排除があると先述しましたが、これはデメリットでもあるといえます。

なぜなら、秘密鍵の紛失は100%自身の責任になるからです。 CEXの場合は秘密鍵を紛失することはなく、もし紛失することがあったとしてもそれは取引所の責任になります。 そのため、紛失時は取引所に責任を負わせることができるのですが、DEXの場合は誰のせいにもできません。

4.法定通貨が扱えない

CEXの利用を開始する際には、アカウントを作成し法定通貨を入金して仮想通貨に換金するという作業が発生しますが、DEXの場合はアカウントの作成とウォレットの接続という作業が発生します。 要するに、法定通貨を入金する作業が発生しないのです。

一部のDEXでは法定通貨を扱っていますが、ほとんどのDEXではそもそも特定の仮想通貨を持っていないと利用することはできません

5.取引ペアが少ない

現在稼働しているDEXの一つであるEtherDeltaでは基軸通貨にETHを使用していますが、一部のDEXでは基軸通貨がそのDEX独自の通貨となっており、その通貨を入手することからスタートする必要があります。

また、それぞれのDEXによって対応している通貨に違いがあり、取引できる通貨ペアにも違いがあります。 例えば、BTCとETHを交換できるCEXは一般的となっていますが、ほとんどのDEXではBTCとETHを交換することはできません。 仮想通貨同士を交換するには異なるブロックチェーンを繋ぐ必要があり、これはインターオペラビリティ問題といわれています。 この問題への解決方法としてアトミックスワップなどの技術が注目されていますが、解決にはもう少し時間がかかるでしょう。

ちなみにCEXの場合は、仮想通貨同士の交換はブロックチェーン上で行わずに独自のデータベースで行うことで実現しています。

6.コードにバグがあった場合に容易に直せない

ブロックチェーンは耐改ざん性の高い技術ですが、その分一度リリースしてしまうと容易に稼働を停止させたり修正したりできません。 そのため、ソースコードに不具合が見つかった際などに備えて、開発者には修正権限を持たせるなどの対策が講じられています。

これはDEXに限った話ではありませんが、DAppはまだまだ完全な”Decentralized”には程遠いケースが多いのです。

7.マネーロンダリングに利用される

先ほどDEXのメリットとして本人確認が不要になると説明しましたが、裏を返すとこれは匿名で資産の移動ができてしまうということです。

これは利用者の観点からは課題ではありませんが、行政の観点からは重大な課題といえるでしょう。

CEX・DEX比較表

ここまで解説してきたCEXとDEXの違いを1つの表にまとめると、以下のようになります。

CEX(中央集権型取引所) DEX(分散型取引所)
管理主体 取引所
秘密鍵 取引所が管理 自己管理
サーバダウン
匿名性 本人確認必須 匿名
取引手数料 一律 変動
取引量 多い 少ない
基軸通貨 法定通貨、BTCなどの人気通貨 DEX独自通貨

主なDEX一覧

現在稼働しているDEXをいくつか紹介しておきたいと思います。

EtherDelta

文字通りEthereum上で稼働しています。 基軸通貨にETHを採用しており、ERC20トークンは全て取引することができます。 スマートコントラクトを利用して取引を行うため、EtherDelta上で行われる全てのアクション(取引の注文やキャンセルなど)に対して手数料が発生してしまいます。

Openledger

BitShares上で稼働しています。 そのため、BitShares上で稼働している通貨の取引が可能です。 Openledgerは世界初のDEXといわれており、日本語にも対応しています。

Kyber Network

Kyber Networkは厳密には取引所ではなく販売所です。 通貨の交換機能以外に決済API機能があるため、例えば自分が保有している任意の通貨でICOに参加するといったことができます。(ICOで指定された通貨に換金する必要がなくなります)

Waves Lite Cilent

WavesはDEX機能を備えたウォレットです。 特徴としては、法定通貨の取引が可能なだけでなく利用者は誰でも独自の通貨を作成して流通させることができる点などがあげられます。

0x Protocol

0xは厳密にはDEXではなく、DEXを開発するためのプラットフォームです。 取引のマッチングをオフチェーンで行い、取引の処理はブロックチェーン上で行います。 そのため、手数料を比較的安価に抑えることができるのです。

他にも、AIRSWAPCounterparty DexBancorなどが既に稼働しています。

CEXとDEXの今後

最後にCEXとDEXの今後について考察してみたいと思います。

CEXの今後

まずCEXですが、極論CEXが解決すべき課題は、ハッキングリスクとサーバダウンに限ると考えています。

ハッキングリスクとサーバダウンが無ければ、法定通貨が使えたり各言語に対応していたりと、利用者としてはむしろCEXの方が使いやすいはずです。

今後は、取引所の提供するウォレットにDEX機能を搭載するといったwavesのようなプロダクトを開発したり、取引機能はDEXとして提供しつつサポート対応を中央集権的に行うといった形も出てくるかもしれません。

DEXの今後

一方、DEXには課題が山のように積み重なっています。 その中でも大きく分けて、ブロックチェーン自体の抱える課題とマネーロンダリングがあげられるでしょう。

ブロックチェーンの課題はいわゆるスケーラビリティ問題やインターオペラビリティ問題として長年解決策を模索しています。 DEXが普及するにはどれも解決必須の問題であるため、DEXに興味を持った方はブロックチェーンの技術動向にも注目してみるとよいのではないでしょうか。

マネーロンダリングについては外部の動向が絡んでくるため、非常に大きな障壁となっていくことが予想されます。 現状は未だCEXへの法整備でどの国も手一杯となっていますが、いずれ必ず世界的な問題として議論されるようになるでしょう。

これは現在の匿名通貨への対応と似ているかもしれません。 そのため、匿名通貨への対応にもアンテナを張っておくと、DEXへの対応が具体的になった際に参考になるのではないでしょうか。

また、秘密鍵の紛失による利用者の保護も課題としてあげられます。 秘密鍵の紛失により国民が多額の資産を失った場合に備えて、国家がどのような方針を定めるのか、非常に興味深いトピックであると考えています。

この記事のまとめ

  • DEX=ハッキングリスク0 というわけではない
  • DEXには課題が多く、解決には時間を要する
  • DEXの普及につれ、マネーロンダリングへの対応への議論が必至

プロダクトの良し悪しについて考察する際に、ブロックチェーン関連では特にHOWの部分に議論が集中しがちだと感じています。

利用者からすると、そのプロダクトが中央集権型なのか分散型なのかは正直関係ありません。 要するに、より利便性が高く使うメリットが大きい方を選ぶのが当たり前の意思決定だということです。

今後DEXがどのように課題を解決していくのか、また、解決した先のマネーロンダリングの問題に国家がどのように対応するのか、引き続き注目していきたいと思います。

関連記事

【2018年版】bitFlyerの口座開設 | 登録方法から取引まで徹底解説

海外の仮想通貨取引所を選ぶポイントは?おすすめの取引所はどこ?

2017年に入…

【2018年版】健康保険証で本人確認可能な仮想通貨取引所一覧

仮想通貨取…

仮想通貨取引を安全に!安全な取引所を選ぶためのポイントは?

仮想通貨を取…

仮想通貨取引所の仕組みを解説!はじめての仮想通貨取引もこれで安心

仮想通貨の取…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら