QUOINEX(コインエクスチェンジ)|口座解説方法を画像で解説

QUOINEXはセキュリティ重視

QUOINEXをメインの取引所にしようか、それともサブの取引所にしようか迷っているのではないかと思います。そんなとき、大切になってくるのがセキュリティです。2018年1月にcoincheck(コインチェック)で500億円以上の仮想通貨ネム(XEM)が盗難にあって以来、取引所のセキュリティは懸念材料です。

そもそも、仮想通貨の世界は完全に自己責任なので、ウォレットにいれていなかったのであればそれは利用者にも責任の一端はあるのではないでしょうか。しかし、取引所そのものがセキュリティを高めてもらわないことには、仮想通貨を安心してトレードすることはできませんよね。

なんといってもまずはセキュリティです。
QUOINEXのセキュリティは、コールドウォレットマルチシグ(マルチシグネチャ)です。

QUOINEXは安心のセキュリティ

QUOINEX独自のコールドウォレット

まずコールドウォレットから確認していきます。
QUOINEXのコールドウォレットは自社開発です。特にQUOIEXはコールドウォレットに力をいれており、なんと100%の資産をコールドウォレットに退避しています。

そもそもコールドウォレットとは、秘密鍵をインターネットから隔離して保管するものです。ビットコインなどの仮想通貨は、デジタルゴールドのため、実物が存在するわけではありません。

そこで、実際のトレードをしたり仮想通貨をインターネット上で送金したりするのに、秘密鍵という暗号を使います。その秘密鍵が入っているのが、ウォレットです。ウォレットにはビットコインが入っているわけではなく、秘密鍵が入っています。ビットコインそのものはあくまでインターネット上にあります。

そしてその秘密鍵が入っているウォレットが、インターネットから隔離されているのがコールドウォレットとなります。紙に印刷しているのがペーパーウォレット、インターネットに接続した状態で保存しているのがホットウォレットとなります。

盗難事件が起こったコインチェックは、当初「コールドウォレットで保管しています」と宣言していましたが、これは嘘だったことが明らかになりました。実際はホットウォレットだったので、秘密鍵をマルウェアに感染した社員のPCから盗まれてしまい、ネムの盗難にあってしまったのです。

QUOINEXは、ホットウォレットの危険性をいち早く認識し、コールドウォレットに100%保管しています。顧客資産つまりQUOINEXユーザーが購入した仮想通貨は、すべてコールドウォレットに保存されていますので安心です。

QUOINEX公式サイトはこちら

マルチシグ対応

さらにもうひとつは、マルチシグと呼ばれるものです。
秘密鍵をつけるとお伝えしましたが、その秘密鍵を3つにして、ひとつが盗まれても大丈夫なようにします。マルチシグはマルチシグネチャの略称です。マルチシグは、他にも内部犯行を予防する役割があります。顧客資産を預かっていく上で、ビットコインが莫大な額になりますので、社員による私的流用なども起こりうるのです。

実際、2018年3月8日には、7社の取引所に金融庁より改善命令が出され、そのうちの1社で内部犯行による仮想通貨の横領があったことが明らかとなっています。これを防ぐためには、マルチシグが欠かせないのです。これも、コインチェックは「マルチシグを実施しています」といいながら実際はなされていませんでした。

QUOINEXは、マルチシグもしっかり実施しています。コールドウォレットとマルチシグの2段階が、QUOINEXのセキュリティです。盗難や内部犯行を厳密に見張っていますので、安全面に特に難がある取引所というわけではありません。安心して使うことができます。

業界最狭スプレッドのQUOINEX

QUOINEX

  • 徹底したセキュリティ対策
  • 各種取引手数料が0円
  • 53種類の豊富なペア数

公式サイトはこちら

QUOINEXの口座開設

何より大切な資産を守るセキュリティについてわかったところで、QUOINEXの口座開設方法についてみていくことにします。

まず、前提として日本国内に在住している人でないとQUOINEXは使えません。さらに有効なメールアドレスを持っている必要があります。

最初に、「口座開設(無料)」というボタンをクリックします。
するとまず居住国の選択から始まります。ここは当然「Japan(日本)」を選択します。

そして、次は画面の指示に従いながら、どんどん入力していきます。

氏名、住所、電話番号、メールアドレス等を入力していきますが、これは現在の所在地かつ身分証明書と同一のデータにしてください。
パスワードはジェネレータを使って、くれぐれも単純なもの、他のサイトや他の取引所と同様のものにしないでください。パスワードは英語大文字、英語小文字、数字が入っていなければなりません。

そして各種規定に承諾してください。もちろんすべて読むのが望ましいとされます。
一読して、サービスやリスク、利用規約等を理解した上で、すべてにチェックを入れて同意をし、「次へ」を押します。

すると、登録のメールアドレスに確認メールが飛びますので、メール本文に掲載された「Confirm my account」というリンクをクリックして、認証し、メールアドレスとパスワードを使ってのログインが可能となります。

これで口座開設は完了です。
ただし、QUOINEXでトレードするためには、さらに本人確認書類を提出する必要があります。

まずIDとパスワードでQUOINEXにログインし、「ホーム」から「プロフィール&口座開設状況」をクリックして、本人確認書類をアップロードします。

プロフィール&口座開設状況」をクリックすると、本人確認書類をアップロードすることができるようになります。

必要な書類としては、以下のとおりです。顔写真付きの身分証明書があれば1種類、なければ2種類の身分証明書をアップロードします。

身分証明書の種類 いくつ必要か
運転免許証 1種類
住民基本台帳カード 1種類
個人番号カード 1種類
パスポート 1種類
健康保険証 2種類
住民票の写し 2種類

そしてアップロードします。
当然のことながら、入力した名義と身分証明書の名義が同一であることは十分に確かめてください。名字が変わった、住所が変わったなどの場合は、公的な身分証明書を正式な手続きのもとで変更し、そちらをアップロードするようにしましょう。

ここで、日本円の入出金に関する口座情報も正確に入力する必要があります。名義はすべてそろっていないと使えないことがあるので、かならず本人確認をしてください。

ここまでくると審査がスタートします。そして、QUOINEXからはがきが送られてきますのでそれを待ちます。受け取ったらそれだけで利用可能になります。

内容に問題がないか、QUOINEXの事務局で確認され、郵送物が発送されます。受け取りには2営業日ほどかかるので、少し待ちましょう。このはがきによる承認が終わるまでは入出金もトレードもできません。

もしも1週間以上たっても、まだ認証済みのステータスに変わらず、はがきも届かない場合は、カスタマーセンターまで連絡してください。

QUOINEX公式サイトはこちら

二段階認証を設定し、セキュリティを高める

QUOINEXでは、Google Authenticatorを使った二段階認証を実装しています。
これは公式でも推奨されているので、必ず設定しましょう。

やり方はGoogle Authenticatorというアプリでパスコードを得るだけです。

まずGoogle Authenticatorをダウンロードしてスマホにインストールします。
そして、QUOINEXの画面を開いて左側の「設定」というところから、「二段階認証」を設定します。QRコードが表示されます。

アプリを起動して、その表示されたQRコードを読み込むと、スマホに6桁の数字が表示されるので、それをQUOINEXの画面に入力したら完了です。

日本円での入出金ができる状態にする

アカウント承認のはがきが到着し、二段階認証が完了したら、実際にお金をいれてトレードを開始することができます。

QUOINEXは仮想通貨取引所でお金をいれなければ意味のないサイトなので、まずは銀行口座を登録します。「ホーム」から「入出金」をクリックし、「JPY」を選択します。
JPYとは日本円のことです。QUOINEXは、JPYだけでなく、USドル、シンガポールドルなどでもトレードが可能です。しかし日本国内からはマネーロンダリング防止のため、JPYしか使えません。

しかしここでも、通帳の見開きページや、ネット銀行の口座情報ページのスクリーンショットなどが必要です。銀行名、支店名と支店番号、口座名義、口座番号が書かれたものを写真に撮影し、アップロードする必要があります。

ただし、ここで注意が必要なのは、キャッシュカードの画像ではダメということです。

そして、入金依頼をします。入金額を入力し、依頼を作成したら入金IDが発行されます。
ここで、銀行振込の際には、かならず入金IDを振込名義の前に記載して、「入金ID+振込名義」の形式にしなければなりません。

入金IDを忘れて名義人だけだと、振込の処理ができませんので注意しましょう。これも同一名義人による誤振込を避けるためです。

ちなみに、銀行からの入金は平日だけ処理しているので注意してください。お急ぎの場合はコンビニでのクイック入金を使いましょう。ただし、コンビニ入金は1回5万円が限度となっているので、やはり大きなトレードをするには銀行振込ではないでしょうか。銀行振込なら100万円まで入金できます。

QUOINEXの取扱通貨

QUOINEXで購入できる仮想通貨は8種類となっています。ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、キャッシュ(QASH)となっています。

仮想通貨 単位 現物取き レバレッジ取引
ビットコイン BTC
ビットコインキャッシュ BCH ×
イーサリアム ETH
リップル XRP ×
ネム XEM ×
ライトコイン LTC ×
イーサリアムクラシック ETC ×
キャッシュ QASH

このうち珍しいのがキャッシュ(QASH)ではないでしょうか。簡単に説明するとこれはQUOINEXの独自トークンで、LIQUIDプラットフォームを中心とした金融サービスのための仮想通貨です。QUOINEXの未来にかけてみるなら、キャッシュもおすすめです。

QUOINEXでの現物取引

ではさっそく、仮想通貨を購入しましょう!
ダッシュボードの左側に、注文パネルがありますので、そちらをクリックしてトレード画面を開きます。必ず、「現物」の注文になっていること、ビットコインのトレードならBTC/JPYになっていることを確認してください。イーサリアムを購入するならETH/JPY選択します。

成行(現在価格での注文)か、指値(値段を指定して購入)かを選択し、数量を入れて代金の概算や平均値、手数料をチェックして、「買」ボタンを押します。 売る場合は「売」を押し、トレードは完了です。

QUOINEXでトレードしてみよう!

QUOINEXはすべてが取引所形式になっています。つまり市場価格で買うことができるので、販売所形式の取引所に比べて、安く買うことができるのです。ただし取引所形式となると、利用者が少なくて流動性が少ない場合は、なかなか約定しないというデメリットもあります。QUOINEXの場合は、現在のところアジア最大級の取引所なので、その心配はないと思われます。

QUOINEXはもともとシンガポールで創業されており、国際的な展開も視野にいれた取引所となっています。UIも直感的でわかりやすく、株や為替のようにチャートを見ながらトレードも可能です。板が充実しているので、値動きも捉えやすいのではないでしょうか。

比較的使いやすい取引所であるといえます。そして、QUOINEXにはアプリもあるのです。アプリも操作感が非常によく、使いやすいのが特徴です。iOSとAndroidのどちらにもアプリはあり、操作性はほとんど同じです。

使いやすくて、利用規模の大きなQUOINEXでビットコインやイーサリアムをトレードしてみましょう。

業界最狭スプレッドのQUOINEX

QUOINEX

  • 徹底したセキュリティ対策
  • 各種取引手数料が0円
  • 53種類の豊富なペア数

公式サイトはこちら

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら