リップル(XRP)取引所を徹底比較|用途別オススメ取引所を紹介

Googleが2017年12月にリップルに出資したこともあり、2017年末にリップルの価格は急上昇しました。さらに、海外旅行先で実際にリップルを利用する観光客も増えはじめ、全世界で急速に普及しています。自分に合ったリップル取引所を選択できるようにしましょう。

リップルの特徴

リップルの時価総額(通貨発行量×市場価格)はビットコイン、イーサリアムに続いて第3位で、リップルは今注目の仮想通貨となっています。リップルの特徴を以下詳しく紹介します。

①仕組み

リップルは、法定通貨、仮想通貨含めどんな通貨でも自由に交換できる仕組みをとっています。日本円から米ドルに両替する時や、米ドルから欧ユーロに両替する時、それらの通貨が瞬時にリップルに自動両替されます。そのため、リップルは「ブリッジ通貨」とも呼ばれ、二種類の通貨の両替の手間を減らす役割を担っています。

②上限量

リップルの発行上限は1,000億枚で、最も普及しているビットコインの上限2,100万枚と比べても上限量がはるかに多いです。ビットコインは採掘を通して徐々に上限に近づきますが、リップルの場合は最初から1,000億枚というプログラムがネットワーク上で完成されていて、取引などが交わされるごとに減少していく仕組みになっています。

③リップルの優位性

リップルの優位性は、
送金の速さ、手数料の安さ、処理性能の高さの3つにあります。

銀行の国際送金サービスでは2~4日かかる上に手数料も高いです。この問題を解決するためにつくられたのがリップルです。2~4日かかったものが、5~10秒で終わりさらに手数料も安いです。この手数料を仮想通貨としてのリップルで支払います。処理スピードも驚異的な速さで、3秒で約0.045円で毎秒1,500のトランザクションをこなすことが可能です。

リップル取引所一覧

リップルの現物取引を行っている大手取引所は以下7つあります。

  • Bitbank
  • GMOコイン
  • Coincheck
  • Bitbank
  • BitTrade
  • BITPoint
  • QUOINEX
  • Mr. Exchange

今回はこの7つの取引所の特徴や手数料を比較することで、自分に一番合った取引所を選択する際の参考にしてください。

リップル取引所比較表

取引所 売買手数料 通貨ペア 通貨種類 出金手数料 FX
Bitbank 0%(*1) JPY 6 0.15XRP あり(*2)
GMOコイン 0% JPY 5 無料 なし
Coincheck 0% JPY
BTC
13 0.15XRP なし
BitTrade メイカー:0.25%
テイカー:0.45%
JPY 6 0.15XRP なし
BITPoint 0% JPY 5 無料 なし
QUOINEX 0.25% JPY
USD
EURなど多数
8 無料 なし
Mr. Exchange 0.15% JPY 12 0.0003XRP なし

*1 2018年6月30日まで手数料無料キャンペーン
*2 BitbankTrade登録が必要

取引所の特徴

顧客の大切な資金である仮想通貨を取引所が安全に管理することは非常に重要です。インターネットを通じた攻撃への対策となるコールドウォレット管理や、仮想通貨の送信に複数人の承認が必要な仕組みであるマルチングに対応しているかが、取引所の行うセキュリティ対策としては大きな鍵となります。また、ユーザーにとってはアプリの見やすさなど使いやすさも重要でしょう。各取引所のセキュリティ、使いやすさを含めた特徴をご紹介します。

Bitbank

セキュリティ
コールドウォレット管理○ マルチシグ対応○
使いやすさ
スマホ対応✖
  • 取り扱い通貨全てがコールドウォレット管理、マルチシグ対応している
  • 送金時等の認証方法において、二段階認証かつSMS認証の両方が設定可能
  • アプリはないがブラウザで簡単スマホ取引可能
  • 取引所でリップルを購入できる
  • 国内で唯一リップルを指値取引できる

bitbank公式サイトへ

GMOコイン

セキュリティ
コールドウォレット管理○ マルチシグ対応○
使いやすさ
スマホ対応○
  • GMOのインターネット企業のグループであり企業としての信頼度が高い
  • スマホアプリはFXや株チャートを参考にチャートを作成しているため見やすい
  • チャート分析に使用する分析ツールのテクニカル指標を使用することができる
  • リップルのスプレッドが固定されている
  • 販売所のみでリップルを販売
  • GMOコインが定めた価格でしか購入、売却できない

GMOコイン公式サイトへ

Coincheck

セキュリティー
コールドウォレット管理△ マルチシグ対応△
使いやすさ
スマホ対応○
  • コインチェック事件では、コールドウォレット管理やマルチシグ対応が実際には行われていなかった
  • サイトの見やすさが非常に優れている
  • 相場の変動や現在の価格を一目で確認できる
  • 取り扱うアルトコインの種類が多い
  • アルトコインの値段が相場よりやや高い

BitTrade

セキュリティー
コールドウォレット管理○ マルチシグ対応○
使いやすさ
スマホ対応○
  • 全体のユーザー数が少ない
  • テクニカル指標が100種類以上使える
  • トレード画面が見やすく初心者にもわかりやすい
  • 取引所でリップルを購入できる

BitTrade公式サイトへ

BITPOINT

セキュリティ
コールドウォレット管理○ マルチシグ対応✖
使いやすさ
スマホ対応○
  • 細かく分析が可能なツールMetaTrader4をビットコインの取引で利用できる
  • ビットコイン現物取引で米ドルやユーロ、香港ドルの通貨ペアがある

BITPOINT公式サイトへ

QUOINEX

セキュリティ
コールドウォレット管理○ マルチシグ対応○
使いやすさ
スマホ対応○
  • 日本で唯一100%コールドウォレットで管理
  • 4段階の出金プロセス
  • サーバー落ちに強い
  • 様々な法定通貨に対応していて、通貨ペアが多い
  • LINEでの問い合わせに対応している
  • 日本語対応していないサービスもある

QUOINEX公式サイトへ

Mr. Exchange

セキュリティ
コールドウォレット管理△ マルチシグ対応✖
使いやすさ
スマホ対応✖
  • 金融庁からの許可をまだ受けていない
  • 取り扱うアルトコインが圧倒的に多く、唯一国内でステラやディセントを購入できる
  • 利用者が少なく取引量が少ない

自分に合ったリップル取引所の選び方

初心者向け

取引量の多い大手の取引所がおすすめ
GMOコインQUOINEX

取引量が多いと価格が安定します。高額の利益を得られるチャンスは低い反面、大きな損失を負うリスクは小さいため、大手の取引所から取引を始めると良いでしょう。

サイト・アプリが使いやすい取引所もおすすめ
GMOコインCoincheck

チャートや現在の価格を一目で確認でき取引画面が見やすく取引をしやすいことは、初心者にとって非常に重要です。情報を見誤って意図しない取引をするリスクを避けられます。GMOはPCでの取引、coincehckはスマホでの取引がとても簡単なのが特徴です。

短期トレード向け

手数料やスプレッドが安い取引所がおすすめ

GMOコインCoincheckQUOINEX

短期売買をするユーザーにとって、毎回の売買で発生する手数料やスプレッドをなるべく安く抑えることは鉄則です。

上級者向け

リップルの指値取引が可能なbitbankがおすすめ

価格を指定して注文を出しその金額で第三者が注文を出せば取引が成立する指値価格では、安く購入、高く売却でき大きな利益が見込める一方、タイミングを逃すと取引が成立しないリスクもあります。時間に余裕があってチャートを頻繁に確認でき、注文のタイミングを見極められる上級者にはおすすめです。

色々なアルトコインの取引を行いたい人向け

取り扱いアルトコインが多い取引所がおすすめ

CoincheckMr. Exchange

国内取引所では、モネロ(XMR)、オーガー(REP)、ジーキャッシュ(ZEC)などのアルトコインはCoincheckのみ取り扱っています。また、ステラ(XML)やディセント(DCT)を日本国内で購入できるのはMr. Exchangeだけです。

まとめ

リップルを取り扱っている取引所は多数ありますが、各々の取引所に特徴がありメリット・デメリットがあります。自分にとって一番使いやすく利益をあげやすい取引所を選択することが大切です。

関連記事

リップルの将来性と今後の価格を解説|SBIも注目する理由とは

リップルは送…

リップル対応ウォレット5種を徹底比較|種類毎の特徴を解説

今急速に普及…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら