ビットフライヤーのチャートの見方を徹底解説|ライトニングの使い方

ビットフライヤーでは、単純に売買する時用とトレードを行う時用の2つのチャートが用意されています。

このチャートが読めないとうまく取引ができないのですが、よく理解せず利用している方も多いようです。ここではビットフライヤーのチャートの見方を詳しく解説します。

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

PCでビットフライヤーのチャートを見る方法

PCでのチャート確認の手順

まずはパソコンからの確認方法を見ていきましょう。販売所と取引所でチャートのある位置が変わります。販売所ではページを下にスクロールした場所にあり、取引所では画面右側に表示されています。

最初に、チャートを確認したい取引所または販売所をページ左のメニューバーから選択してください。次に折れ線グラフのようになっているチャート図左上の期間を選択します。チャートの推移を確認したい期間(日、週、月、all)を選びましょう。

チャート図の下にあるバーを左右にスライドさせると過去のチャートを確認できます。また、チャート図の気になる部分にカーソルを当てるとその時の価格や時間がわかります。

  

ビットフライヤーでは、わかりやすいチャート図でいつでも気になるコインの価格推移を確かめることができるのです。

ビットフライヤーライトニングのチャート確認手順

次に、仮想通貨トレードを行うライトニングでのチャート確認方法を見ていきましょう。

まずはログイン後のトップ画面、左メニューバーからbit flyer Lightningを選択しクリックしてください。するとビットコインとイーサリアムの高機能チャートを表示することができます。

高機能チャートでは、陽線と陰線に分かれてチャートが表示されるため、より細かな値の動きを確認することができます。

チャートの上部で時間軸、インジケーター、チャートの大きさをそれぞれ変更することができますので、自分の好みに合わせて自由に設定してみましょう。

画面最上部、「bit flyer Lightning」と書かれた右側には通貨を選択するバーがあります。ここでビットコイン、イーサリアム、ビットコインとイーサリアムの両方というように表示を変えることができます。ただしイーサリアムは日本円ではなくBTCで表示されるため注意しましょう。

アプリでビットフライヤーのチャートを見る方法

次にスマホやタブレットで確認できるアプリの利用方法を紹介します。

アプリでのチャート確認の手順

まずはスマホやタブレットにインストールしたビットフライヤーアプリを開きましょう。するとモナコインやライトコインなど取り扱いコインが一覧となって表示されますので、確認したい通貨を選択しタップします。タップ後、コインの取引画面に移行しますが、さらに右へスワイプするとチャート画面に遷移します。

PCバージョンと同じような青色のチャート図が出てきますので、知りたい期間を選択しチャート図を表示させましょう。グラフの線を指でなぞると、価格を細かくみることができます。

PC用のチャート図よりも感覚的に利用できるため、すぐにチャートを知りたいときにはアプリ版のほうが向いているでしょう。

ビットフライヤーライトニングのチャート確認手順

アプリでライトニングのチャートも確認できます。アプリメニューから「Lightning Web」を選択してください。するとPC用のライトニングと同じチャートが表示されます。

色合いが少し異なりますが、見方はPC用と全く同じですので、上記にあるPC用の解説を参考にご覧ください。

ビットフライヤーライトニングのチャートが見にくい!設定変更の方法

見方はわかっても、ビットフライヤーライトニングのチャートは細かく見にくい!と感じる方も多いでしょう。

じっくり見ているとどれが何の線だったかわからなくなってしまいますし、画面が黒いためか目が疲れてきてしまいます。ここからは、ビットフライヤーライトニングのチャートを見やすくする設定方法を紹介します。

チャート画面の配色を変更

ビットフライヤーライトニングを開き、画面左上、〇の中に横棒が3本並ぶマークをクリックしてください。するとメニュー画面が表示されますので、「設定」をクリックします。

設定の中から「テーマ」を選択しクリックすると、様々なパターンの配色画面がサムネイルで表示されます。好みの配色を選択すると簡単に画面の色を変えることができます。背景は黒よりも白がいいという方は、白の配色を選びましょう。

画面いっぱいにチャートを表示

チャートが小さくて見づらいと感じる方は、画面いっぱいにチャートを表示させてみましょう。チャートのトップ画面、右上の端に矢印が二つ反対を向いているマークがあります。

小さなマークで見落としがちですが、これをクリックするだけで画面全体にチャートが表示されるようになります。

時間足の表示を変更

時間足の表示を変更するときには、チャートスタイルの設定ボタンをクリックします。チャートスタイルの設定ボタンは少しわかりにくい場所にあるのですが、画面最上部のコイン選択バー下のちょうど中央部分、縦棒がいくつか並んでいるマークが設定ボタンです。

注意点として、前述したフルスクリーンモードにしないとチャートスタイルの設定ボタンは表示されません。

クリックすると、ロウソク足、平均足、バーチャート、ラインチャート、mountainのいずれかを選択する画面が現れます。

ロウソク足では標準スタイルのチャートが、平均足は前回の取引時の高値をさらに上抜くか、低値のさらに下を抜いた時のみ色が変わる仕様です。平均足に慣れると、トレンドの遷移が感覚的にわかるようになります。

バーチャートではロウソク足のロウソク部分がない、ただの棒で価格が表示されます。ラインチャートでは折れ線グラフの上下に色が付き、山地の図形のようになるのが特徴です。

mountainでは、取引所や販売所で表示されたチャートのように色づきの折れ線グラフが表示されます。自分が見やすいものを選ぶとよいでしょう。

使用できるチャート分析機能一覧

その他、ビットフライヤーライトニングで使用できるチャート分析機能を紹介します。先ほどのチャートスタイル変更横2つのマークをそれぞれクリックすると、以下のような用語が表示されます。

オーバーレイ

オーバーレイ機能は、チャートにプラスすることで売買の指標を確認できるシステムです。例えばシャンデリアシステムでは、シャンデリアシステムで表示された線がロウソク足に触れると手仕舞いする目安、といったように利用します。

平滑移動平均では、一定期間の終値の平均をグラフにしています。これが右肩上がりなら上昇トレンド、下がっているなら下降トレンドとなり、売買の指標とすることができます。

その他にも次のようなオーバーレイがあります。実際に表示させ、どのように活用できるか試してみるといいでしょう。

  • グリッド
  • SMA
  • パラボリックSAR
  • ボリンジャーバンド
  • ケルトナーチャネル
  • 一目均衡表
  • ジグザグ

指標

さらに指標を利用すると、チャートの下に別枠が表示され、売買の基準がより鮮明になります。例えばRSIを表示させると、コインの売られすぎ、買われすぎの状態が一目でわかるようになるのが特徴です。

多く売られれば価格が下がり、買いのチャンス。多く買われれば価格が上がり、売りのチャンスが来ることがわかるようになります。

DPOでは、RSIで表示させた指標からトレンドを除去したものを見られます。DPOはこれ単体で売買の指標とはできないという特徴もあり、初心者には向かない指標です。

どちらかというと、DPOをチャート遷移と照らし合わせ独自の分析を出したいときに利用できます。つまり仮想通貨FXに精通している上級者向きの機能ということです。

また、RSIに似たものの中にはMFIという指標もあります。RSIとMFIの違いは、RSIが前回と今回の終値を利用するのに対し、MFIは今回の平均と出来高を利用する点にあります。

表示される数値に違いはあるものの、RSIとMFIは同じように利用できます。売られすぎ、買いすぎをグラフで表示してくれるので、グラフが80%を超えたときには売り、20%を下回ったときには買いに回るといいと覚えておきましょう。その他、ビットフライヤーライトニングで使用できる指標は次の通りです。

  • アルーン
  • OBV
  • MACD

いずれも計算方法などはかなり難しいのですが、見方を覚えてしまえば簡単に利用できるようになります。取引開始が遅いと損をするということはありませんから、仮想通貨FXを始めたい方は、まずチャートや指標の見方を覚えるところから始めるといいでしょう。

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

まとめ

PCやスマホ、タブレットでいつでも確認できる仮想通貨のチャートは、眺めているだけでも勉強になります。

特に単なる売買ではなくレバレッジをかけたFXに挑戦したい方は、いきなりFXを始めるのではなくまずチャートの見方や分析方法、指標の利用方法を覚えることをお勧めします。

指標には様々なものがありますが、自分が利用しやすい物だけを最初に覚えてしまうのも手です。そのあと、取引に慣れてきたら他の指標も利用し、実践の中で活用方法を見出すといいでしょう。

関連記事

ビットフライヤーは安全?取引所選びで失敗しない為のポイント3つ

ビットフライヤーの本人確認を進めるための必要情報

ビットフライヤー始めたいけど使い方が…登録から取引まで簡単解説!

【2018年版】bitFlyerの口座開設 | 登録方法から取引まで徹底解説

【2018年版】ビットフライヤーの入金方法の疑問|手数料・反映時間な…

ビットフラ…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら