ビットバンクの登録情報まとめ!必要な準備や登録の流れを紹介

ビットバンクは、手数料の安さとセキュリティの高さから人気のある仮想通貨取扱所です。ビットバンクにアカウントを登録するには、必要な準備や手順があります。

基本的にはオンラインで対応できることが多く、初心者でも簡単に利用することができます。ここでは、必要な準備や登録の流れをご紹介します。

セキュリティ最高のbitbankで仮想通貨を始めよう

bitbank

  • 取引の手数料無料キャンペーン中!
  • コールドウォレット・マルチシグでの資産管理で最高のセキュリティを実現
  • BTC,ETHなど6銘柄を取引可能

公式サイトはこちら

ビットバンクの登録に必要な書類は?

ビットバンクにアカウントを登録するには、本人確認書類・住所確認用のハガキ・振込口座の通帳が必要です。いずれも登録するために本人確認を証明するための重要な書類となるので、スムーズにビットバンクに登録できるように準備しておきましょう。

本人確認書類

登録をするうえで利用できる本人確認書類は、運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・在留カードのいずれかです。本人確認書類が用意できたら、必要な写真を撮影します。

画像が不鮮明であったり書類の一部が欠けていたりする場合は、再提出が求められることもあります。運転免許証・在留カードは表と裏の写真が必要です。

パスポートは、顔写真・生年月日が記載されているページと所持人(住所記載)のページが必要です。住民基本台帳カードは表2枚が提出する写真となるので、注意しましょう。本人確認書類の写真は、スマートフォンで撮影したものを使用できます。

住所確認用のハガキ

アカウント登録後、数日経ってから自宅に「住所確認用のハガキ」が届きます。このハガキに書かれた「暗証番号」を使用して口座の有効化ができるようになります。そのため、ハガキは口座の有効化が完了するまで大切に保管しておくようにしましょう。

振込口座の通帳

ビットバンクへ入出金をするための指定口座を登録するために、振込口座の通帳あるいはカード(もしくは口座番号の控え)を用意しておきましょう。日本円をビットバンクの口座に入金したり、出金したりする際に必要になります。

仮想通貨の取引のタイミングを逃さないよう、必要書類や通帳などはあらかじめ準備しておくよう心掛けることがポイントです。

ビットバンクに登録するための手順

ビットバンクにスムーズに登録するための手順をここでは解説します。手順通りに行えば、初心者でも簡単にアカウントを登録することが可能です。

【手順1】公式サイトで新規登録

まずは、ビットバンク公式サイトにログインします。メールアドレスを入力し、新規登録ボタンを押します。

ビットバンクからの認証用メールを受信したことを確認し、認証URLをクリックします。パスワードを入力し、利用規約に同意して登録ボタンを押します。

氏名や住所などの基本情報の登録をして、入力した登録情報の確認をします。ここで入力するパスワードは漏洩防止のために、単純なものや他でよく利用しているものは避けましょう。

【手順2】本人確認

新規登録するためには、本人確認書類の準備をしておく必要があります。本人確認書類を撮影、またはスキャンで画像化しておきましょう。

ビットコイン公式サイト上で本人確認書類のアップロードを行います。運営による審査は、1営業日程かかるケースもあります。審査が完了すると、確認書類が送付されます。

【手順3】口座を有効化する

住所確認用のハガキが自宅に届いたら、ビットバンクにログインし登録情報をクリックします。「本人確認書類」のページをクリックし、ハガキに記載されている暗証番号を入力します。

暗証番号を正確に入力しなければ、口座は有効化できないのでハガキを紛失しないように注意しましょう。

【手順4】二段階認証を行う

ビットバンクにログインし、メニューから「セキュリティ」をクリックします。「二段階認証」を選択し、認証用のアプリからQRコードを読み取ります。

表示される「アカウントキー」を控え、コードを入力することで二段階認証は完了します。二段階認証はビットバンクが自動で行うものではなく、自身で登録する必要があります。

この作業をすることでセキュリティを格段に向上させることができるため、必ず行う必要があります。ただし、スマートフォンではない携帯電話では登録できません。

【手順5】SMS認証を行う

ビットバンクにログインし、メニューから「セキュリティ」をクリックします。「SMS認証」をクリックし、自分の携帯電話番号を入力して送信します。SMSに送られてきた6桁の暗証番号を控えます。

この暗証番号を認証用コードに入力して完了します。この作業もセキュリティを向上させることができるため、取引を始める前に二段階認証と合わせて必ず行うことが大切です。ただし、SMSの利用ができない携帯電話では行えないので注意が必要です。

ビットバンクの登録にまつわるQ&A

ビットバンクに登録する際に、よくある疑問をここでは解説します。登録するための利用料の有無や登録完了までの日数、認証コード(SMS)が送られて来ない場合の対応方法など、登録する前に事前に確認しておくようにしましょう。

登録や口座開設にかかる料金は?

ビットバンクへの登録や口座開設は無料で行うことができます。アカウント維持や管理手数料も無料であるため、初心者にとっても登録しやすい仮想通貨取引所です。

入金手数料は日本円では銀行振込手数料が発生し、仮想通貨の場合は無料です。ビットバンクはサービスを利用する際の手数料は安価で、節約しながら仮想通貨取引ができる取引所として人気を集めています。

登録完了までの日数は?

住所確認用のハガキが届くまでは、口座の有効化ができません。ハガキが届くまでの日数は地域によって異なります。

大体の場合は認証作業で1〜2日、簡易書留のハガキの郵送で1〜2日要します。郵便局側からの受取りの連絡で1~2日かかるため登録完了までに最短でも3日、場合によっては1週間ほどかかるケースもあります。

スムーズに仮想通貨の取引を始めるためにも、早めに登録を済ませるようにしましょう。2〜3週間ほど待ってもハガキが届かない場合は、ビットバンクへ直接問い合わせてみることをおすすめします。

認証コード(SMS)が送られて来ない場合

電話番号認証は日本国内でのみ利用することができるため、海外在住の人は注意が必要です。SMSが利用できない携帯電話やPHSも登録することはできません。

電話番号認証のメールが届かない場合は、迷惑メールのフィルター設定でSMSの受信拒否設定をしている・混雑によりSMS送信センターから端末への送信が遅れている・登録した携帯電話番号に誤りがあるといった理由が考えられます。

海外からの電話番号メールを受信拒否している場合、国内でもSMSが利用できないこともあります。迷惑メール設定を確認し、海外からの電話番号メールを受け取れるように設定し直すなどの対応を行いましょう。

本人確認に不備があったら?

本人確認に不備があった場合、再度申請をすることもできます。登録情報や書類の不備などで本人確認ができない場合は、本人確認申請の差し戻しが行われます。

ビットバンクからメールで連絡が入った後に、再度申請を行う流れになります。本人確認は何度でも行うことは可能ですが、まずは本人確認書類を入念に確認するようにしましょう。

スムーズな登録で快適に取引を始めよう!

ビットバンクで使える機能の使用や取引を開始するために、本人確認書類などをチェックしてスムーズに登録を済ませましょう。

ビットバンクに登録することでアルトコイン(XRP、ETH、MONA、LTC)が安価で購入できたり、出金手数料も0.25~0.7%の範囲内で安く利用できるなどのメリットがあります。

特に、リップルの取引を始めたい人におすすめの仮想通貨取引所です。チャートツールも見やすく、機能が充実しているという口コミも多数見受けられます。セキュリティ対策も万全なビットバンクで取引を始めてみましょう。

セキュリティ最高のbitbankで仮想通貨を始めよう

bitbank

  • 取引の手数料無料キャンペーン中!
  • コールドウォレット・マルチシグでの資産管理で最高のセキュリティを実現
  • BTC,ETHなど6銘柄を取引可能

公式サイトはこちら

関連記事

bitbank(ビットバンク)の手数料一覧|スプレッド/取引/入出金

bitbank(ビットバンク)取扱い6銘柄を解説|今なら手数料無料で取引…

仮想通貨は…

ビットバンクの口座開設方法は4ステップ!登録~入金手順・日数は?

bitbank(ビットバンク)の本人確認|必要書類・手順を解説

ビットバンク…

bitbank(ビットバンク)の評判|手数料から使い勝手まで紹介

国内の仮想…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら