仮想通貨取引を有利に進める!コインチェックのチャート活用法まとめ

コインチェックには豊富なチャート機能があります。仮想通貨取引を有利に進めるためには、チャートの見方や使い方、基本的なチャート分析方法を理解しておくことが大切です。そこでコインチェックのチャート活用方法をご紹介します。

コインチェックでの取引!チャートのチェックが重要

コインチェックで見ることができるチャートを上手く使って的確な分析ができれば相場の状況を把握できるようになり仮想通貨取引がやりやすくなります。コインチェックで利用できるチャートの基本的な分析方法を解説します。

コインチェックのチャートではなにがわかるのか

チャートは過去の値動きをグラフにしたものです。パソコン版では「ローソク足」と呼ばれている1日以内の短期間の取引を見ることができ、ビットコインとイーサリアムの2種類の値動きを見ることができます。

一方スマホのアプリ版では簡易ですが、1時間から1年までの期間を選べ、12種類のコインの値動きがチェックできます。

コインチェックのチャートの見方

コインチェックのチャートはトレードビューのページで見つけられます。取り扱っている全仮想通貨のチャートが表示できますので確認したい通貨を指定してチャートを表示します。

ローソク足と呼ばれるチャートが基本で、一定期間の価格変動幅が1本のローソクのような縦長の長方形で表されており、それが時間経過とともに横に並んで表示されています。

価格が上昇した期間は緑、下落した期間は赤など色がついていますので価格トレンドが一目でわかるでしょう。一本のローソクの期間は、時間別や日別、月別などが指定できます。

画面にはチャートとともに資産状況や売買注文も表示できるようになっていますので、売買に必要な情報が一覧できて便利です。

PC版チャート

コインチェックのチャートはパソコンでもアプリでも確認できます。スマホを使えばいつでもどこでもチャート確認が可能です。

一方、パソコンでは大きい画面でチャート表示ができますので見やすくなります。まずパソコン版のチャートの表示方法や使い方をご紹介します。

表示方法

コインチェックにログインすると取引所の画面が表示されます。さらにいずれかのチャートを選ぶとビットコインとイーサリアムの本格的なチャート表示が可能です。

チャートタイプはローソク足チャートで、5分足や15分足、1時間足、4時間足、そして日足でのチャート表示ができるようになっています。トレードビューではさらに詳細な分析が可能です。

使い方

PC版のローソク足のチャートではビットコインとイーサリアムの値動きをチェックできます。どちらかを選ぶと黒い画面にローソク足のチャート図が表示されます。横軸が期間、縦軸が価格です。

1日の値動きが精巧に表示されるので、短期売買を行う人向きです。取引に慣れた方には、トレードビューという機能を使うことでより効率的に取引も行うことができます。

スマホアプリ版チャート

コインチェックのスマホアプリは取引ができるだけでなくチャート表示も可能という特徴があります。パソコン版よりも値動きを素早くチェックできるメリットがあるといえるでしょう。スマホアプリ版のチャートの表示方法と使い方についてもご紹介します。

表示方法

アプリを立ち上げると簡易チャートが表示される状態になりますので、ログイン後すぐにチャート確認が可能です。画面レイアウトは上から仮想通貨の価格、チャート、対象仮想通貨選択ボタン、売却・購入ボタンの順に並んでいます。

画面上部にある価格をタップすればチャートが大きく表示できるようになります。パソコン版と比較すると簡単な操作、短い時間でチャート表示できる点が魅力だといえるでしょう。

使い方

アプリ版のチャートの使い方は、基本的にはパソコン版と同じです。トップ画面の簡易チャートはローソク足ではなく線チャートになっていますので、ざっくりとした相場動向を確認することに適しています。さらに詳細なチャート分析を行いたい場合は価格をタップしてローソク足チャートを表示することになります。

外出が多い人はアプリ版チャートを積極的に活用するとよいでしょう。ビットコインについては取引所での売買が可能です。一方、アルトコインは販売所での売買しかできません。

販売所での売買はスプレッド幅が広く取引コストが高くなります。そのため、アルトコインデイトレードにスマホアプリは適さないでしょう。

コインチェックのチャートでテクニカル分析をするには

コインチェックのチャートを賢く利用して的確なテクニカル分析を行うためには2つの要素が必要です。2つの要素とはローソク足が表す情報の読み取りと移動平均線との乖離の読み取りです。この2つの要素について解説します。

  • ローソク足が表す情報の読み取り
  • 移動平均線との乖離の読み取り

ローソク足・移動平均線はどう表示される?

1つ目の要素はローソク足です。ローソク足チャートとは一定期間の価格変動を4つの値で表したものを使ったチャートのことです。4つの値は始値と終値、高値、安値です。

ローソク1つは長方形と上下に伸びる線で構成されています。上に伸びた線の端が高値、下に伸びた線の端は安値、長方形の上辺・下辺は始値・終値を表します。

値下がりした場合は上辺が始値、値上がりの場合は下辺が始値です。ローソクの長さと線の長さでその期間の価格変動を把握することができます。コインチェックの場合は値上がりすると緑、値下がりは赤で表示されます。

2つ目の要素は移動平均線です。移動平均線とは一定期間の終値平均値をグラフ化したもので、ローソク足と合わせて表示することで相場のトレンドが見つけやすくなります。

相場の流れは1日単位だけではなく5日、25日などまとまった期間の動きを見ることも大切です。移動平均線はまとまった期間のトレンド把握に役立ちます。

ただし、コインチェックでは移動平均線をグラフに表示できません。自ら平均値を出してローソク足に重ねるなどの工夫が必要でしょう。

さらに細かく分析するには使い分けも必要

コインチェックのチャートは、移動平均線やそのほかのテクニカル指標を重ねて表示するなどの追加・変更が難しい仕様になっています。

そのため、さらに詳細なテクニカル分析を行いたい場合は、そのほかのサービスサイトのチャートを併用するとよいでしょう。

ビットバンクやZaifなど別の取引所のサイトでは複数のテクニカル指標をサポートしており、ラインを引くなどの機能付きのものもあります。本格的な分析を行いたい場合は活用してみることをおすすめします。

コインチェックのチャートが他社より優れているポイント

コインチェックのチャートが他社のものより優れている点は、簡易チャート画面で取り扱い仮想通貨13種類すべての価格と変動比が確認できることでしょう。

すべての通貨の価格動向が一目瞭然です。また、注文価格と数量が一覧できる買い板と売り板の状況がリアルタイムでわかる点もうれしい機能といえます。

コインチェックのチャートを使いこなして取引を有利に

仮想通貨取引を行ううえでは値動きを把握することが大切です。しかし、確実に価格トレンドを把握するのはプロでも難しいでしょう。そのため仮想通貨取引では損をすることもありえます。

ただし、動向把握が難しいからといって感覚を頼りに取引をしてよいわけではありません。チャート分析を行うことで的確な売買タイミングを把握できる可能性を高める努力をすることが重要です。

そのためにはチャートの見方を覚えることは欠かせません。コインチェックのチャートは見やすく初心者でも把握しやすいという特徴があります。

チャートを上手く活用することが仮想通貨取引を有利に進めることにつながります。コインチェックのチャートを積極的に利用して仮想通貨の取引をすることをおすすめします。

関連記事

コインチェックの入金方法まとめ!おすすめの入金方法はどれ?

仮想通貨の…

コインチェックで取引するには本人確認が必要?手続き方法を解説!

コインチェ…

圧倒的使いやすさが人気!コインチェックの評判を徹底検証

仮想通貨取…

コインチェックの登録をスムーズに行うには?流れや必要書類を解説

コインチェ…

コインチェックの手数料は安い?高い?リスクを抑えて取引しよう!

仮想通貨に…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら