Zaifの評判は?アプリの評判は悪いけど手数料の安さが魅力!

国内の仮想通貨取引所の中でも知名度の高いZaif。でも、実際の他の取引所と比較した際のサービスの特徴や評判はどうなのでしょうか。今回はZaifを利用しようかどうか迷っている人向けに、取引所としての特徴や評判について詳しく紹介します。

Zaifの運営会社は安全?テックビューロの概要と評判

Zaifを運営するのは、テックビューロ株式会社です。暗号通貨技術とブロックチェーン技術を採用したソフトウェア等を開発している会社で、Zaifの他、ブロックチェーン製品であるmijinを打ち出しています。

テックビューロ株式会社の本社は大阪にあり、日本が世界に誇る情報通信の企業です。Zaifが評価された理由の1つに、COMSAがあります。

COMSAとは日本初のプラットホームで、一般企業が簡単にICOを売り出せるようにしたものです。Zaifでは100億円の資金調達に成功しており、その点、投資家からの評判が良いようです。

Zaif取引所の特徴と評判

国内取引所の中でも利用者の多いZaifですが、実際どのような特徴を持った取引所なのでしょうか。また、どのような点で優れた取引所なのでしょうか。他の取引所とも比較しながらZaifの特徴に迫りつつ、評判についても紹介します。

取引画面の見やすさ

Zaifの取引画面についての評判は賛否が分かれるところです。なぜなら、通貨ごとのチャートをプルダウンメニューから選んで切り替える手間がある分、やや見づらいからです。

ただし、現状の他の仮想通貨取引所でも大きな違いはなく、取引画面については使っているうちに慣れていくでしょう。

手数料の特徴

仮想通貨の売買をする上で、入出金の際の手数料や取引手数料はとても大切なポイントです。Zaifで取引する上での手数料はどうなっているのでしょうか。他の取引所との比較を交えつつ、Zaifの手数料について見ていきましょう。

入金・出金手数料

Zaif取引所で日本円を入金する際の手数料については、銀行振り込みの場合その銀行の手数料、コンビニ入金やペイジー入金の場合は3万円以上で594円、3万円未満で486円となっています。

また、出金する際の手数料については、日本円の銀行振り込みの場合は50万円以上で756円、50万円未満で350円となっています。

ビットコインを送金、または出金をする際には0.0001BTC以上が選択可となっています。ただし、送金詰まりなどを防ぐために、0.0010BTC以上が推奨されています。

このように、Zaifの入金・出金手数料は一般的な他の仮想通貨取引所の相場と比較しても、遜色ありません。

取引手数料

入金・出金手数料は他の取引所とあまり変わりませんが、取引手数料の面で言うとZaifはかなり優れていると言えます。

最も一般的な現物取引で-0.01%、信用取引や先物取引は0%となっています。現物取引における-0.01%とはつまり、取引手数料がかからないどころか、もらえるということを意味します。

この取引手数料の安さは他の取引所にはない大きなメリットで、特に初心者や取引回数が多くなる人からの評判も高いです。

取引方法の種類

Zaifを使った取引には、現物取引、信用取引、先物取引と主に3種類の取引方法があります。それぞれどのような特徴があって、どのような評判なのかを見ていきます。

  • 現物取引
  • 信用取引
  • 先物取引

まず「現物取引」ですが、これは最も一般的な取引方法のことで実在している商品を売買するスタイルです。Zaifの大きなメリットは、ビットコインとモナコインを現物取引する際の手数料が-0.01%である点です。取引する度に0.01%の手数料をもらえるという点で評判は上々です。

次に「信用取引」ですが、信用を担保にして所持金以上の取引をすることができる取引方法です。Zaifの場合にはレバレッジ最大7.77倍で取引ができるシステムで、保有ポジションの損切りを自動で行ってくれるトップロス機能などがあります。

信用取引は一般にハイリスクハイリターンなので余剰資金の無い人や初心者にはおすすめできませんが、投資に慣れている人にはZaifの信用取引は評判が高いです。

最後に「先物取引」ですが、将来の一定期間までに現時点で取り決めた価格で売買することを約束した取引方法です。先物取引における最大レバレッジは25倍で、信用取引以上の資金効率を高めた投資を行うことができます。

また、追証がいらないので証拠金以上に損失しなくて済む一方で、相場が乱高下しているとすぐにロスカットされて損失が出ることもあり、リスクの高い取引方法と言えます。

取扱通貨の種類と価格

同じ仮想通貨でも取り扱う取引所によって、手数料や価格に細かい違いがあります。Zaifを通して仮想通貨を購入する場合はどうでしょうか。Zaifが取り扱っている仮想通貨について、利用者の評判も交えて紹介します。

アルトコインの種類

Zaifで取り扱いのあるビットコイン以外のアルトコインは、モナコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ネムです。国内の仮想通貨取引所の中でも、5種類というのは多い方です。

国内だとコインチェックが群を抜いているイメージですが、Zaifは他にもトークンの選択肢が豊富で、コイン積立等の顧客向けサービスが充実しているといったメリットも多いです。

また、アルトコインの取引価格についてですが、モナコインにはマイナス手数料の適用があるため、取引する度に手数料がもらえるという魅力的な仕組みとなっています。

国内の仮想通貨取引所においては取引価格の面で大きな差異は無いため、取引手数料の低いZaifは利用者からの評価も高いです。

ビットコインの価格

Zaifでビットコインを売買する際には、マイナス手数料が適用されます。手数料を気にする初心者や、たくさん取引する人にとっては好評なサービスです。

利用者が価格を指定できる板取引もあるため、手数料を安く済ませることができるというメリットがあります。また、スプレッドも小さく、利用者からは定評が高いです。

ビットコインの価格自体は取引所によってそう大きな差異はないので、手数料の面から見るとZaifでの取引は有利と言うことができるでしょう。

通貨ペアの種類

Zaifでの通貨ペアの種類は7種類と、国内の取引所の中でも平均的となっています。通貨ペアとは2つの通貨間のことを意味し、通貨ペアの種類が多いほど通貨の分散ができるのでリスクを抑えられるという側面があります。

Zaifでの通貨ペアは平均的とはいえ主要な通貨は網羅しており、トークンのペアは16種類と豊富に揃っているので、決して評判は悪くないようです。

Zaifのサービスは魅力的?内容と評判は?

Zaifは国内の仮想通貨取引所の中でも、顧客向けサービスが充実していることで評価されている取引所です。

既に触れたマイナス手数料やコイン積立を筆頭に、利用者にとっては嬉しいサービスが用意されています。それぞれどのような独自サービスなのか、特徴を紹介します。

Zaifコイン積立

Zaifの代表的サービスとも言えるのが、「コイン積立」です。コイン積立とは、仮想通貨を毎月コツコツと購入してくれるサービスのことです。

事前に指定した金額と銘柄を、毎月決まったタイミングで自動的に購入してくれます。ドル・コスト平均法を採用しており、一定金額で高いときは少なく、安いときは多く買い付けてくれます。

積立金額の最低額は1000円からと初心者でも手を出しやすく、積立手数料は5万円以上で1.5%となっています。

自動的に購入されるので手間がかからず、リスクも少ないというメリットがある一方で、タイミングによってはレートが高いタイミングで買われるというデメリットもあります。それでも自分で金額を指定できることもあり、リスクを避けたい初心者などから評価の高いサービスとなっています。

マイナス手数料

Zaifではビットコインmaker手数料を期間限定で、通常の-0.01%から-0.05%へと引き下げています。期間限定とされていますが、いつまでかは未定のようです。

ただ、この期間であれば、通常の5倍もの手数料がもらえるという仕組みになっています。国内の取引所と比較しても、このマイナス手数料は評価する声も高く、取引すればするほどボーナスを受けられるというサービスはとても魅力的と言えます。

決済サービス

Zaifでは独自に「Zaif Payment」という決済サービスを提供しています。ビットコインとモナコインを対象に、支払いに使うことができるサービスで、手数料は無料です。支払う側は仮想通貨を使った買い物をし、お店側には日本円で振り込まれるという仕組みです。

ビットコインやモナコインの価格変動による為替リスクの負担が少なくなるほか、チャージバックなど事後の支払い取り消しリスクも無いため、クレジットカードなどに比べて気軽に利用できる点が評価されています。

Zaifアプリ

Zaifには独自のアプリが存在します。アプリなら自宅にいなくてもスムーズに取引ができるほか、ビットコインやトークンの送受信が可能となっています。

ただし、パソコンで代用できる機能が多く、WEBブラウザの埋め込みとなっており、アプリ本来の良さを活かしきれていないのは難点です。現状ではアプリは限定的な利用となっており、使い勝手がよくないと評価する声が多数です。

Zaifの口座開設方法は簡単?みんなの評判は?

Zaifでの口座開設は手順も少なく簡単です。まずメールアドレスを登録して、ユーザー登録をします。そうすると、登録確認メールが届くので、そこからURLをクリックしてアクセスします。

そして、パスワードを設定することで登録は完了します。ただし、実際に仮想通貨を取引する際には、基本情報・口座情報の登録の他、本人確認が必要となります。取引するまでには本人確認の関係で時間に余裕を持つ必要がありますが、Zaifを筆頭に、国内の取引所の多くが簡単に口座開設できるようになっています。

結局のところZaifっていいの?メリット・デメリットまとめ

Zaifは多くの仮想通貨保有者に利用されている取引所ですが、結局のところ他の取引所と比較してメリットとデメリットはどうなのでしょうか。仮想通貨取引所として利用する際のトータルで見た時のメリットとデメリットについてまとめます。

Zaifのメリット

まずはZaifが他の取引所と比べて優れている点、メリットについてまとめます。大きく分けて6点挙げられます。

  • ビットコインとモナコインがマイナス手数料である
  • コイン積立サービスがある
  • 信用取引で7.77倍のレバレッジがかけられる
  • 先物取引で追証がない
  • アルトコインは主要銘柄が充実しており、トークンの取扱数が多い
  • クレジットカードで仮想通貨が買える

1つ目は「ビットコインとモナコインがマイナス手数料である」ことです。買えば買うほどボーナスがもらえる仕組みになっています。

2つ目は「コイン積立サービスがある」ことです。堅実に積立投資をしたい人にはおすすめのプランです。

3つ目は「信用取引で7.77倍のレバレッジがかけられる」ことです。他の取引所に比べて高い倍率なので、効率よく投資がしたい人に支持されています。

4つ目は「先物取引で追証がない」ことです。スムーズな取引をする上で便利です。

5つ目は「アルトコインは主要銘柄が充実しており、トークンの取扱数が多い」ことです。アルトコインの取扱数は平均的なものの、主要銘柄は揃っています。また、Zaifにおけるトークンの充実は群を抜いています。

6つ目は「クレジットカードで仮想通貨が買える」ことです。わざわざ口座への入金が不要なので、スムーズな取引に重宝します。

Zaifのデメリット

次に他の取引所の方が勝っている点、デメリットについてまとめます。大きく分けて3点挙げられます。

  • アプリの操作性が良くない
  • クレジットカードでの購入手数料が高い
  • サーバーが落ちたり不安定であったりする

1つ目は「アプリの操作性が良くない」ことです。多くのユーザーから指摘がある点ですが、アプリはWEB画面の埋め込み式で操作性は見劣りします。

2つ目は「クレジットカードでの購入手数料が高い」ことです。せっかくクレジットカードでの取引ができるものの、手数料は現状高めとなっています。クレジットカードを用いない取引の場合には関係がありません。

3つ目は「サーバーが落ちたり不安定であったりする」ことです。仮想通貨取引所の多くがサーバーダウンした経験があり、安定している取引所が少ないのが現状です。Zaifは中でもその機会が多いので、他の取引所の方が優れている場合もあります。

Zaifの評判は良好!でも取引所は比較して登録を!

仮想通貨取引所の中でもZaifの評判は上々です。他の取引所からも群を抜いているマイナス手数料やコイン積立はZaif独自のサービスです。

また、全体的な手数料が少ない面や、主要銘柄を取り揃えているという側面からも初心者には打ってつけの取引所と言うことができそうです。

ただし、取引所は国内外問わず多数あるので、自分の投資スタイルに合わせてきちんと比較してから登録することが大切です。

また、多くの仮想通貨保有者は複数の取引所に登録して使っており、Zaifを軸にして他の取引所も使うなどといった使い方も良いかもしれません。

関連記事

zaifは安全な取引所?セキュリティ対策や取引の安全性を確認!

これからzaif…

zaifは取り扱い通貨の種類が豊富!取り扱い通貨を全種類ご紹介!

仮想通貨に…

zaifの本人確認は簡単!手順を知って疑問を解決しよう!

仮想通貨の…

zaifのチャートを使いこなそう!見方と使い方まとめ

初めて仮想通…

zaifの出金方法と手順まとめ!出金できない場合の対処法も網羅

日本に拠点を…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら