zaifの出金方法と手順まとめ!出金できない場合の対処法も網羅

日本に拠点を置く大手仮想通貨取引所として知られているzaif。仮想通貨の流行とともに、zaifで取引をしている人も増えてきています。初めて利用する人の中にはzaifの出金方法が分からなかったり、出金が遅いことに悩まされていたりする人も多いようです。

そこで今回は、zaifの出金方法と手数料、出金までの時間に関して詳しく紹介します。zaifでの出金の際の困った点を解決します。

zaifの出金方法を解説!日本円と仮想通貨では違う?

まずはzaifにおける出金方法について紹介します。仮想通貨での利益を自分の銀行口座へ出金する際,日本円を出金するのと、仮想通貨を出金するのでは方法が異なります。それぞれ具体的に見ていきましょう。

日本円の出金方法

zaifにログイン後、アカウントから「日本円入出金」をクリックします。ここで出金したい金額を手入力し、「出金申請」をクリックします。既に登録してある口座への出金はそれで完了しますが、他の口座に出金したい場合には新たに口座登録をする必要があります。

仮想通貨の出金方法

日本円の場合と同じくzaifにログイン後、アカウントから「仮想通貨のマーク」をクリックします。ここで出金アドレスを入力し、メッセージと出金額を入力します。その後、「私はロボットではありません」という認証にチェックを入れ、「出金」をクリックすると完了します。

zaifの出金手数料を解説!意外と高いかも?

仮想通貨取引所によって、出金の際にかかる手数料は異なります。手数料によって思わぬ損をしないように、事前にしっかりと比較して理解しておきましょう。zaifの出金手数料について、日本円およびビットコインで出金する場合でどれくらいの違いがあるのかを紹介します。

日本円の出金手数料

日本円で出金する場合50万円が基準となり手数料が異なります。

出金額 手数料
50万円未満 350円
50万円以上 756円

振り込みの際は手数料無料の住信SBIネット銀行に振り込む場合でも、日本円出金申請時に手数料が必要となるので注意が必要です。日本国内の仮想通貨取引所で比較すると、手数料に大きな差はありません。

仮想通貨の出金手数料

仮想通貨の場合、出金手数料は通貨によって異なります。出金手数料を低く設定すると、出金までの時間がかかる場合があるので注意が必要です。

仮想通貨 手数料
ビットコイン 0.0001BTC以上から選択(0.0006BTC以上推奨)
NEM 2XEM以上から選択
モナコイン 0.001MONA
カウンターパーティートークン 0.00420BTC
ビットコインキャッシュ 0.001BCH
イーサリアム 0.01ETH

zaifの出金にかかる時間を解説!注意点やポイントは?

zaifを利用して仮想通貨を売買する場合は、出金する際にかかる時間にも注意しておく必要があります。出金申請から実際に自分の口座へ入金されるまではタイムラグが発生することもあるからです。ここでは、zaifの出金にかかる時間と特徴を合わせて紹介します。

日本円は土日は出金できない

日本円の場合、平日の場合は朝の11時までに出金申請をすると当日の15時に振り込まれます。平日の朝11時を過ぎての申請や、銀行の営業日以外の場合には翌営業日の振り込みとなるので注意が必要です。そのため、例えば土日に出金申請をしても、出金されるのは月曜日ということになります。

仮想通貨は承認までの時間がポイント

仮想通貨の場合は、種類によって出金までの時間が異なります。例えば、仮想通貨の代表であるビットコインの場合は、タイムラグによって10分ほどで反映されることもありますが、数時間から数週間かかることもあります。特に手数料を低く設定した場合、送金までに時間がかかることも念頭に置いて、出金申請には注意する必要がありそうです。

zaifの出金に関する条件を解説!

出金をする際には細かな条件もクリアしておく必要があります。いざ出金する時に焦ったり戸惑ったりしないように、事前によく読んで理解しておきましょう。zaifで出金するときに気を付けたい条件と制限について紹介します。

出金の最低金額と上限金額

出金の最低金額は1円からで上限はありませんが、当然ながら手数料分を含んで残高以上の出金はできません。また、出金手続きは1日1回までのため、1日に何度も出金申請をすることはできないので注意が必要です。

ペイジー入金は1週間の出金制限がある

仮想通貨を取引するためにzaifへペイジーから入金した場合、制限があります。すぐに出金したいと思っても、ペイジーから入金後1週間は出金制限があるので資金を動かすことはできません。これに関してはzaifに限ったことではなく、どの仮想通貨取引所でも同じです。ペイジーを利用している人は注意が必要です。

zaifの出金が遅い!出金できない!そんなときはどうする?

zaifで正しく出金申請をしたはずなのに、なかなか入金されなかったり、振り込みがなかったり、それ以前に出金申請できないという時は、何か不備があるのかもしれません。ここでは、原因と対処法について紹介します。

出金できない原因と対処法

それでは、出金の条件をクリアしているのにも関わらず出金できない場合、どのような原因が考えられるでしょうか。zaif側のトラブルも考えられますが、利用者側の不備であることも多いので、まずは以下の項目について確認してみましょう。

本人確認をしていない

2017年4月の法改正に伴って、本人確認をしていない場合には出金ができなくなっています。zaifでの本人確認は、質問事項に回答した上で郵送による本人確認をする必要があります。zaif登録時に必要書類などを準備して、本人確認を済ませておくのが良いでしょう。

銀行口座情報・入金先アドレスの間違い

出金申請時に、入力した銀行口座の情報や入金先アドレスを間違えた場合、当然ながら出金はできません。入力した口座が無い場合には出金申請が差し戻され、再申請しなければならないこともあるので気を付けて入力しましょう。特にお金に関わることなので間違うと大変です。再確認をしっかりして入力ミスをしないように気を付けましょう。

出金が遅い・送金処理が遅れる原因と対処法

ここまで出金ができない場合を見てきましたが、出金がなかなかされなかったり、入金までが遅れたりすることもあります。出金申請をしても入金が遅い場合、不安になってしまいますが、その前に以下のことを確認してみましょう。

時間内に出金申請をしなかった

出金申請と入金のタイミングについて、もう一度確認をしましょう。平日の朝11時までに申請をしなかったり、銀行の営業日以外に申請をしたりした場合には、入金が翌日になります。特に締め切りギリギリに申請した場合は、締め切り時間を過ぎていないか確認しましょう。早く受け取りたい場合にはタイミングに注意することが大切です。

ビットコイン出金手数料が低すぎる

ビットコイン送金の場合、手数料を自由に設定することができるものの、あまりに低い手数料だと送金処理が遅れる可能性があります。ビットコイン送金は、手数料を0.0001BTC以上(0.0006BTC以上推奨)で自由に設定できますが、手数料が高いほど優先されて処理されるのであまりに低いと送金が遅れます。仮想通貨にもよりますが、入金まで時間がかかることもあるので、あらかじめ理解しておきましょう。

zaifよりも出金手数料が安い仮想通貨取引所はある?

日本円の出金手数料で比較すると以下のようになります。

取引所 手数料
Zaif 350円~756円
ビットフライヤー 216円~756円
ビットポイント 324円
GMOコイン 無料

zaifよりも手数料を安く抑えられる仮想通貨取引所も少なくないので、よく比較し、自分のスタイルに合った取引所を選択するようにしましょう。また、出金手数料だけでなく、使いやすさや出金処理の速度なども合わせて考えるのが良いでしょう。

zaifの出金はポイントを押さえれば難しくない

zaifでの出金は、ルールをきっちり守った上で正しく出金申請すれば、問題なく出金処理できます。それでも解決しない場合には、zaif公式サイトの「よくある質問」を参考にすると、解決の糸口になるかもしれません。仮想通貨はお金に関わる大事なことです。出金のタイミングや入力ミスには十分注意して、出金申請するようにしましょう。zaifの出金はポイントさえ押さえてしまえば難しくないので、しっかり理解してスムーズに仮想通貨取引を楽しみましょう。

関連記事

zaifは安全な取引所?セキュリティ対策や取引の安全性を確認!

これからzaif…

zaifは取り扱い通貨の種類が豊富!取り扱い通貨を全種類ご紹介!

仮想通貨に…

zaifの本人確認は簡単!手順を知って疑問を解決しよう!

仮想通貨の…

Zaifの評判は?アプリの評判は悪いけど手数料の安さが魅力!

国内の仮想…

zaifのチャートを使いこなそう!見方と使い方まとめ

初めて仮想通…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら