zaifのチャートを使いこなそう!見方と使い方まとめ

初めて仮想通貨を取引する人にとって、zaifのチャートを読み取ることは難しいかもしれません。ここでは、zaifのチャートの見方と使い方をご紹介します。この記事を読むことで、zaifのチャートを利用する際のポイントがわかるようになるでしょう。

取引する前に知っておこう!zaifチャートの見方と使い方!

zaifのチャートはアカウントを登録しなくても誰でも見ることができます。zaifで仮想通貨の取引を検討している人も、チャートを見ることで取引のイメージが掴みやすくなります。ここでは、zaifのチャートの見方と使い方をご紹介します。

チャートの確認は「取引所」をクリック

zaifのホームページから「取引所」をクリックすると、左側にチャートが表示されます。右側には、仮想通貨を購入するために入力するフォームが現れます。ここでは、画面左側のチャートの上部に表示されている各項目をご紹介します。

通貨ペアの選択

画面の一番左上にあるボックスで、通貨ペアを選択してその2つの通貨のレートを確認することができます。BTC/JPYやMONA/BTCなどの主要通貨、ZAIF/JPYやZAIF/BTCなどのトークンの通貨ペアを切り替え、チャートを確認することが可能です。zaifは国内の他の取引所では取り扱いのない、XEMやMOMAなどの通貨ペアをチェックすることもできます。

時間軸の選択

時間軸の選択は、通貨ペアのボックスのすぐ下にある一番左のボックスです。1分足から1週足まで、任意のチャートを表示することができます。これは、チャート上でマウスホイールの操作でも可能です。平成29年7月12日からはチャートに4時間・8時間・12時間足を指定でき、詳細に比較分析をすることができるようになりました。

ローソク足の切り替え

ローソク足の切り替えは、時間軸の選択のボックスの右隣にあるボックスを利用することで行えます。平均足・中空ろうそく足・バー・ラインなどの切り替えをすることが可能です。目的に合わせて見やすいように選択しましょう。

テクニカル指標の設定

ローソク足の切り替えの右隣にあるボックスで、テクニカル指標の設定をすることができます。テクニカル指標は、チャート上にさまざまな指標を表示させてテクニカル分析を行えます。ただし、画面が小さいので限界があります。zaifのテクニカル指標は種類が多いことが特徴で、チャートに直接描画することも可能にしています。

zaifのチャート画面をカスタマイズする

高機能チャート「TradingView」を使うことで、テクニカル分析をすることができます。チャートを操作できる画面に移動すると、左側に描画ツールが出るので使用してみることをおすすめします。ここでは基本的なチャート画面のカスタマイズ方法をご紹介します。

トレンドラインを引く

レンドライン:直近の「高値」と「高値」、「安値」と「安値」を結んだ線
トレンドラインは、仮想通貨の取引タイミングを計るうえで大変重要

引きたいラインを選択し、zaifのチャート上で始点と終点をそれぞれクリックすればラインを描画できます。トレンドラインを使いこなすようになることで利益を生み出すことにも繋がります。安値と安値を結んだ線が右上を向いている場合は「上昇トレンド」、高値と高値を結んだ線が右下を向いている場合は「下降トレンド」と呼ばれています。トレンドラインで覚えておきたいのは、トレンドラインが右上を向いている場合には「買い戦略」であり、右下を向いている場合には「売り戦略」であるということです。よくわからないときには、エントリーを見送ることを心得ましょう。

移動平均線を表示する

移動平均線:ある一定期間の終値の平均値をつなぎ合わせ折れ線グラフにしたもの

移動平均線を表示する方法は、まずインジゲーターアイコンをクリックします。検索窓に「移動平均線」と入力すると、移動平均線が表示されるのでクリックします。移動平均線がチャート上に表示され、移動平均線の表示方法は好みでカスタマイズすることが可能です。

フィボナッチ・リトレースメントを表示する

フィボナッチ・リトレースメント:ある一定期間の高値と安値を使って相場の変動幅を探る数値

この数値は、為替や株式などにおいて欠かせないものです。ピッチフォークのアイコンからフィボナッチを選択し、始点と終点をそれぞれクリックすればフィボナッチが描画されます。フィボナッチ・リトレースメントでよく使われる数値(比率)は変動幅の38.2%、50.0%、61.8%が一般的で、相場が強いトレンドを示す時は38.2%、相場が弱いトレンドを示す時は61.8%の数値を参考にすることが多くあります。

zaifチャートを使いこなす!テクニカル分析の基礎

zaifチャートを使いこなすために、チャートの使い方と同時にテクニカル分析をする上で必要な基本的な見方も抑えていきましょう。ここでは、ローソク足の注目の仕方や移動平均線で売買タイミングを図るコツ、出来高で仮想通貨の価格を見定めるコツなどをご紹介します。

ローソク足は陽線と陰線に注目する

zaifのチャートを見る際に押さえておきたいのが陽線と陰線です。陽線は始値よりも終値が高く終えたことを意味し、陰線は始値よりも終値が安く終えたことを意味します。zaifでは陽線が青、陰線が赤で表示されています。移動平均線で仮想通貨の売買タイミングを図るようにします。

移動平均線で売買タイミングを図る

移動平均線は、ローソク足との位置関係が大切なポイントです。基本的にローソク足が移動平均線より上にあるときは上昇相場、下にあるときは下降相場といわれています。仮想通貨の価格は移動平均線から離れても戻ってくる傾向にあるため、トレンドの把握や売買タイミングを図る際にも使用されています。

出来高で仮想通貨の価格を見定める

zaifのチャート上では、出来高は棒グラフで表示されています。棒グラフが長いほど、出来高が大きく売買が活発に行われていることを表しています。上昇トレンドにあるなかで出来高が少ない場合は、資金が流出している可能性があります。それは、これ以上価格が上昇しない可能性があるという見方をすることもできます。

アプリ版!zaifのチャートはどのように使う?

スマホのzaifのアプリを起動して、画面下部の「zaif」をタップします。「取引所」のアイコンをタップし、取引所のチャート画面に切り替わったことを確認します。

操作方法はパソコン版と同様に使用することができ、アプリ版のチャートとしては機能が豊富に揃えられています。ただし、スマホ画面はすべてが小さいため、操作性はパソコン版よりも劣ります。スマホのアプリ独自の機能ではなくパソコン版の埋込み式のため反応が悪いと口コミも多く、スマホのアプリ版の評判はあまり良くありません。

zaifのチャートが表示されない?対処法は?

zaifを利用している人のなかにはチャート画面に『404 not found』と表示されて見られなくなってしまう人もいます。そのようなときに試したい対処法は、ブラウザのキャッシュを空にすることです。

Windowsでキャッシュファイルをクリアにする方法

「ディスククリーンアップ」というツールを使用
キャッシュファイルが大量に残されてしまっている場合には、システムキャッシュファイルの削除を行います。「ディスククリーンアップ」から「システムファイルをクリーンアップ」をクリックします。ファイル種類を指定し、「OK」をクリックして完了です。

Macでキャッシュファイルをクリアにする方法

「Mac OS X」でSafariを使用している場合
「Safari-キャッシュを空にする」を選択します。削除の確認メッセージが表示され「空にする」をクリックすることで完了します。

「Mac OS 9」でInternet Explorerを使用している場合
まず「編集」の中にある「初期設定」を選択します。 「Webブラウザ」カテゴリを開き「詳細設定」をクリックし、 「キャッシュ」グループの「空にする」ボタンを選択して完了です。

Netscapeを使用している場合
まず「編集」なかの「設定」を選択します。 「詳細」カテゴリを開き「キャッシュ」を選択し、「メモリキャッシュをクリア」「ディスクキャッシュをクリア」のそれぞれのボタンをクリックして完了します。

zaifのチャートを使いこなして上昇トレンドを見極めよう

zaifのチャートは高機能であるため、自分なりにカスタマイズしてチャートを学ぶことがおすすめです。上昇トレンドを見極められるようになれば、資産増加が実現する可能性があります。zaifのチャートが使いこなせるよう、仮想通貨を取引しながら慣れていくようにしましょう。

関連記事

zaifは安全な取引所?セキュリティ対策や取引の安全性を確認!

これからzaif…

zaifは取り扱い通貨の種類が豊富!取り扱い通貨を全種類ご紹介!

仮想通貨に…

zaifの本人確認は簡単!手順を知って疑問を解決しよう!

仮想通貨の…

Zaifの評判は?アプリの評判は悪いけど手数料の安さが魅力!

国内の仮想…

zaifの出金方法と手順まとめ!出金できない場合の対処法も網羅

日本に拠点を…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら