仮想通貨はいくらから始められる?仮想通貨初心者の基礎講座!

仮想通貨をこれから始めたいと考える初心者にとって、仮想通貨取引はいくらから始めることができるのか疑問に思う人も多いでしょう。初めての取引では、少額から始めてまずは取引のコツを掴んでいきたいですよね。ここでは仮想通貨はいくらから取引が始められるのか、少額から仮想通貨を取引できる取引所の種類などをご紹介します。

仮想通貨はいくらから購入できるか

仮想通貨の最小取引単位は取引所によって変わるため、どの取引所を選ぶかによって必要な金額が変わってきます。口座を開設するだけなら無料で作ることが可能であるため、いくつか取引所の口座を作って比較検討してみることもおすすめです。仮想通貨の種類によって最低数量が異なりますが、例えば10000円の仮想通貨の最低数量が0.01だった場合、0.01×10000=100円から購入できます。

また、取引に手数料がかかりますがその料金も取引所によって違います。資産を効率的に増やすためにも、取引手数料などは考慮した上で仮想通貨を購入するようにしましょう。

仮想通貨で利益を出せる投資金額はいくらから?

まず一般的には投資金額が大きいほど、利益が出たときに得られる金額も大きくなることを覚えておく必要があります。手数料がマイナスの仮想通貨取引所であれば、数百円から数千円の投資でも利益を生むことは可能です。売買を繰り返すことで手数料が受け取れる仕組みであるため、短期取引をしていきたいトレーダーに向いているといえます。マイナスの手数料でないところでの取引では、数百円では利益にはなりません。余裕をもって10万円程度は用意しておきましょう。

一方、少額で大きなリターンを狙えるレバレッジ取引があります。レバレッジ取引とは、証拠金を担保にすることで資金の数倍の額で取引が行えることをいいます。ただし、初心者がレバレッジ取引を選択することはリスクが大きいため、まずは最低でも1万円以上から始めてコツを掴んでいくことがおすすめです。

最小取引単位はいくらから?取引所別にチェック

国内の大手仮想通貨取引所であるビットフライヤー・コインチェック・zaifなどは、最小取引額がそれぞれ異なります。ビットコインやアルトコインなど仮想通貨の種類によっても最小取引額は異なるため、取引を始める前に必ずチェックするようにしましょう。

ビットコインの最小取引単位

まずビットコインの単位にはBTCの下に「Satoshi」という記載があり、これは最低投資単位を表しています。1Satoshiは、0.00000001BTCという単位で表すことができます。ビットフライヤーは0.001BTC・コインチェックは0.005BTC・zaifは0.0001BTCから取引することができます。この中でも、zaifは少額での取引が可能であるため、リスクの少ない取引に向いている取引所であるといえます。

注目アルトコインの最小取引単位

ビットフライヤーのイーサリアムの最小取引額は0.00000001ETHです。ビットフライヤーでイーサリアムを売買するためには「bitFlyer Lightning」というツールが必要となるので注意しましょう。ビットフライヤーでのビットコインキャッシュ最小取引額は0.00000001BCH・ライトコインは0.00000001LTCです。

少額での取引スタートにおすすめの取引所

仮想通貨の取引が初めてとなる人にとって、まずは仮想通貨がどのような取引であるのかを理解するために少額から取引をスタートすることがおすすめです。ここでは、仮想通貨の取引を少額でスタートするためにおすすめの取引所をご紹介します。

コインチェック

コインチェックでは、リップルやネムといった1コイン3桁円の通貨の取り扱いがあることが特徴です。このような少額コインは、モナコインのように大きく値上がりする可能性を秘めています。

モナコインはビットフライヤーで扱われたことで急騰し、1年で約100倍まで価格が上昇しました。リップルはビットフライヤーではまだ取り扱っていませんが、アメックスでも導入され全ての銀行が取り入れることで上がる可能性が高いと見られています。1コインあたりの価格が低く、これから大きく伸びそうなコインを数多く取り扱っているコインチェックは少額投資にも向いているといえます。

zaif

zaifでは、zaif積立というユーザーの銀行口座から毎月自動引き落としで一定額を積立購入するサービスを導入しています。zaif積立を利用することで、少額でも比較的ローリスクな投資が可能です。
1000円から始めることができ、自動買付けのため「売買タイミングがつかめない・常に値動きを追えない」という仕事などが忙しい人でも利用しやすいことが特徴です。

一定額で買付けを続ける「ドル・コスト平均法」に基づいているため、価格が上がれば少ない量を、価格が下がれば多くの量を買うことが可能です。そのため長期的な積立保有が簡単に実現でき、リスクを軽減しつつ収益も増やすことが難しくありません。また、レートを自分で指値できることがzaifのメリットとして挙げられます。

仮想通貨の少額投資で利益を得るには?

少額投資で利益を得るためには、供給量が少なく単価の安いコイン(草コイン)を早期の段階で購入することがポイントです。安いコインを選ぶ際のポイントとして、公式サイトをチェックし「どのようなプロジェクトを行っているのか」が明確になっている銘柄を選ぶよう心掛けましょう。

プロジェクト内容は、その銘柄の将来性をも表しているといえます。他の仮想通貨のプロジェクトにはない特徴を持っていることや、取引所内での流動性がみられるかも判断材料として重要です。単価が安く、有名企業が出資者となっている仮想通貨は上昇期待値が高いと考えられます。

入手後は単価の安いコインの値上がりを待ちますが、リスクとして詐欺や開発中止になる可能性も高いということが考えられます。また利益を得る方法として、毎月同じ日に同じ金額で仮想通貨を買い続ける「ドルコスト平均法」という買い方がおすすめです。仮想通貨を購入後は短期で結果を急ぐのではなく、長期的な視点を持ち取引をすることが資産を増やすことに繋がります。

仮想通貨の敷居は低い!少額から始めてコツをつかもう

仮想通貨取引を始めるために、多額の資金は必要ありません。しかし、初心者がいきなりレバレッジ取引などでハイリターンを狙うと、リスクも大きくなります。現在は1コインあたり数十円の通貨でも、将来的に用途が広がる可能性を秘めており、価値もそれに伴って上昇する可能性があります。

仮想通貨は数千円からでも投資を始めることが可能であり、株などの投資と比較して敷居が低く、数多くのユーザーを生んでいます。中には価格の変動が大きい銘柄もあるため、まずは少額投資から始めてコツを掴んでいくようにしましょう。

関連記事

【仮想通貨】販売所と取引所の違いとは?メリット・デメリットを紹介

求人情報-ライター募集-

Protected: 【入門編】誰でもわかる仮想通貨にかかる税金と申告方法

仮想通貨で…

スプレッドで比較!仮想通貨取引所の口座開設はどこがいい?

仮想通貨の取…

MIT発、分散型クラウドコンピューティングEnigma(エニグマ)とは

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • ※現在新規登録停止中です
  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら