スプレッドで比較!仮想通貨取引所の口座開設はどこがいい?

仮想通貨の取引所で口座開設をする際には、スプレッドで取引所を比較することは重要なポイントです。スプレッドを比較することでより有益な取引ができるためです。

ここでは、スプレッドの概要や取引所ごとのスプレッドの比較、FX取引におけるスプレッドの比較などをご紹介します。

仮想通貨取引所で発生するスプレッドとは

スプレッド

仮想通貨の取引所内における売り注文と買い注文の価格差
実質的には取引する際の手数料と考えられます。たとえば買値が100円で売値が90円の場合、スプレッドは10円になります。

スプレッドは通貨ごとに異なり、基本的にアルトコインよりもビットコインのほうが幅は小さい傾向にあります。一般的には以下のようになります。


スプレッドの幅が広くなる
     ⇓
取引コストが高くなる
     ⇓
トレーダーにとって利益が少なくなる

具体的には、流通量が多い仮想通貨で相場の乱高下がなければスプレッド幅は小さくなります。それに対し、流通量が少なく相場の乱高下が起きやすい仮想通貨ほど広くなりやすい傾向です。

国内の仮想通貨取引所別にスプレッドを比較!

スプレッドは公式に明示されるものではありません。通貨の値動きなどによって変動し、購入・売却時に初めてスプレッドも含めた金額が表示されるため、購入手続きの段階にならなければ分からないのです。ここでは、国内の取引所別にスプレッドを比較してご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

スプレッド:ビットコインで4%程度、その他のアルトコインでは10~15%程度
モナコインやビットコインキャッシュは割高の傾向であり、16%程度スプレッドがかかります。またbitFlyerではモナコインとライトコインは板取引で購入はできず、販売所のみで購入が可能です。

zaif(ザイフ)

スプレッド:簡単売買ではビットコインで3%程度、モナコインは4%程度
ビットコイン以外のアルトコインの場合、スプレッドが小さいことが特徴です。その理由として、アルトコインはユーザー間同士でやり取りするため適正価格で購入できることが挙げられます。

GMOコイン

スプレッド:500円~6万円
GMOコインは販売所の取引のように板取引ができません。スプレッドも仮想通貨の価格変動が激しいと固定ではなく仮想通貨によっても異なりますが、非常に幅があります。

FXごとにスプレッドを比較!

仮想通貨におけるFX

法定通貨と仮想通貨の間にある価格変動を利用して行う取引

FX取引でもスプレッドが発生するため、FX取引を行うのであれば事前にスプレッドの確認方法や評判を調べてみると良いでしょう。スプレッドは公式に明示されているのではなく、通貨の値動きなどにより変動するため、売買のタイミングを見極めて取引を行いましょう

ビットフライヤー

ビットフライヤーでは最低取引額0.001BTCからFX取引を行うことが可能です。スプレッドは固定ではありませんが、比較的低く設定されている(0.1%程度)との評判があります。

ザイフ

ザイフのAirFXではレバレッジを最大25倍まで設定することができます。スプレッドは取引が行われている板で確認します。

GMOコイン

GMOコインの仮想通貨FXでは、最低スプレッドが500円に設定されています。しかしあくまで「最低」スプレッドのため、取引状況によっては数千円、数万円まで上がることもあります。

ビットバンクトレード

ビットバンクトレードはビットコインFXに特化しており、最大20倍のレバレッジで取引ができます。取引におけるスプレッドは、ログイン後に約定板から確認できます。

スプレッドの小ささで仮想通貨取引所を選ぶなら

ビットコインビットコイン・ザイフはスプレッドが小さい傾向
アルトコイン:ユーザー間で取引可能なザイフがおすすめ

QUOINEX

・10社以上の海外取引所と接続している
⇒取引時のスプレッドによる負担が最小限に抑えられている

・25倍(法人は50倍)のレバレッジをかけて取引できるため、高い倍率のレバレッジ取引をしたいトレーダーから人気

仮想通貨取引所のスプレッド比較は重要

仮想通貨取引所ごとにスプレッドはそれぞれ異なります。スプレッドの幅が大きい場合はトレードで利益を出すことは困難になり、スプレッドの幅が小さいほど利益が出しやすくなります。価格変動が激しいときにはスプレッド幅も大きくなるため、その際は取引を控えるなどタイミングを見極めるよう心掛けましょう。少額の仮想通貨を頻回に取引することで、スプレッドで差し引かれる金額は大きくなります。

スプレッドで損しないためのポイント

スプレッドで損失を出さないためのポイントは、長期保有したり大きな金額で売買をしたりすることです。初心者は、スプレッドの幅が小さい取引所を選んだ方が良いでしょう。登録は無料である取引所が多いため、いくつかの取引所にアカウント登録をしてスプレッドを比較してみることもおすすめです。取引を始める前に各取引所のスプレッドをよく比較し、取引を開始することを心掛けましょう。

関連記事

MIT発、分散型クラウドコンピューティングEnigma(エニグマ)とは

求人情報-ライター募集-

仮想通貨プレゼントキャンペーン過去の当選者様一覧

“暗号通貨元年”のG20を振り返る

仮想通貨はいくらから始められる?仮想通貨初心者の基礎講座!

仮想通貨を…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら