初めての口座開設!初心者でも取引しやすいおすすめの仮想通貨取引所とは

初めて仮想通貨の口座を開設する人にとって、口座開設の手続きは難しいことも大多いでしょう。初心者には、チャートやツールが見やすい取引所の方が取引をスムーズに行いやすいと思います。

ここでは、仮想通貨取引所に口座を開設する際の流れや準備の内容などをご紹介します。

仮想通貨取引所の口座開設に必要な準備は?

一般的に仮想通貨取引所で口座開設をする際に必要となる証明書類は以下の通りです。

顔写真付きの証明書類(運転免許証・住民基本台帳カード・個人番号カード・パスポート)1点

もしくは

・顔写真なしの証明書類(各種健康保険証・共済組合員証・住民票の写し・住民票記載事項証明書・印鑑登録証明)2点

仮想通貨取引所で口座を開設するまでの流れ

ここでは、国内の仮想通貨取引所で口座開設に至るまでの流れを解説します。手順通りに行うことで、初心者でも簡単に口座開設をすることができます。取引所によって口座開設までの流れが異なる場合もあるため、必ず公式サイトもあわせて確認するようにしましょう。

1.取引所でアカウント作成

まずは仮想通貨取引所のサイトからメールアドレス・パスワードを登録し、アカウントを作成をする必要があります。その際取引所の取引時交付書面や仮想通貨取引に関するリスクなどの規約をチェックする項目もあるため、必ず目を通してからアカウントを作成します。

※ 取引所からメールが届かない場合は、迷惑メール設定を設定し直す必要があります。迷惑メール設定を確認後、再度メールを送りましょう。

2.個人情報を入力

アカウント作成後はメールに記載されているパスワードなどを入力し、メールアドレス認証を完了させます。その後は、名前・住所・生年月日・住所などの個人情報を入力します。必須項目を全て間違いなく記入したことを確認し、個人情報を登録します。個人情報を入力する際は、身分証明書の内容と相違がないよう入力することが必要です。

3.本人確認

本人確認・住所確認ができる運転免許証などの画像を撮り、サイトへアップロードします。本人確認に必要な種類の書類は、それぞれ登録するサイトで確認しましょう。顔写真付きの本人確認書類と自分の顔が一緒に写された「IDセルフィー」のアップロードを求められる場合もあります。

4.住所確認

取引所からの郵送物(ハガキ)の到着によって住所確認は完了します。住んでいる場所により日にちが前後する可能性もありますが、3~4営業日程度で届くことが多いようです。大幅に郵便物の到着が遅れている場合には、公式サイト内の「お問い合わせ」などから確認する必要があります。

5.これで売買が可能に

本人確認・住所確認が完了することで、売買や入出金といった仮想通貨の取引が可能になります。取引所への申し込みが殺到している時期の場合は、手続きが完了する期間が長引く場合もあります。タイミングを逃さず取引を始めるためにも、早めにアカウント登録するようにしましょう。

仮想通貨取引所の口座開設でありがちなトラブル

初めて取引所で口座を開設する際に、スムーズに開設できないケースがあります。それは口座を開設するための条件を満たしていなかった場合や、本人確認書類の不備がある場合などです。初心者は、口座開設をする前に公式サイトの説明書きなどに目を通すことをおすすめします。

ここでは、口座開設の手続きで初心者にとってありがちなトラブルやつまずきやすい点、さらにはそれらの対処法について解説します。

口座開設には条件がある

取引所で口座を開設するためには、年齢制限や国内在住に限るなどの条件が定められている場合もあります。条件はそれぞれの取引所によって異なるケースがあります。アカウント作成前に条件を満たしているか、必ず確認するようにしましょう。

本人確認はどんな画像が必要?

IDセルフィー(本人確認書類と自分の顔が1枚におさまっている画像)を送信する必要がある取引所が多いため、日中に明るい場所で写真を撮っておくことでスムーズに登録することができます。アップロードする画像は白黒のものである場合、加工したと判断され審査に通らない可能性もあります。IDセルフィーを自分で撮ることが難しい場合は、他の人に撮ってもらうかカメラを固定した状態で、タイマーなどを使用して撮ることをおすすめします。

本人確認書類もしっかり準備を

本人確認書類は、表面だけではなく裏面や住所のページも提出を求められます。引っ越し後に運転免許証などの住所変更の書き換えを行っていない場合は、本人確認書類として認められません。取引所の公式サイトでどの面をコピーすればよいかを確認してから手続きを始めることで、焦らず登録を進めることができます。

住所確認ハガキはいつごろ到着?

住所確認のハガキが到着するまでは、最短でも2~3営業日ほどかかることを認識しておく必要があります。申し込み者が多いときなどにはさらに日数がかかる場合もあります。1週間は余裕をもつよう心掛けましょう。

初心者も簡単に口座開設できる取引所は?

日本国内には多数の仮想通貨取引所がありますが、その中でも初心者にとって利用しやすく人気の高い取引所があります。取引所の公式サイトに関する口コミ数などが多く、「見やすい・使いやすい」といった意見が多い取引所がおすすめです。ここでは、初心者でも簡単に口座開設することができる取引所をご紹介します。

ビットフライヤー

特徴

  • メールアドレス以外にも、Facebook・Yahoo!ID・Googleアカウントでアカウントを作成できる
  • アカウントを作成してから約4~5営業日で手続きが完了
  • 口座を開設する際には、「ウォレットクラス」と「トレードクラス」の2種類のアカウントから選択可能
  • アカウントのクラスに応じて、利用合計金額の上限やサービスが異なる

zaif

特徴

  • 口座開設までの手順が初心者にも分かりやすい
  • メールアドレスで手軽にアカウントを作成可能
  • 住所確認には3~4営業日ほどかかる
  • 年末などは申し込み数が増える傾向にあるため注意が必要

GMOコイン

特徴

  • 口座開設までのスピードが速い:口座申込の当日から1営業日以内に審査が実施される
  • 仮口座と本口座の2種類があって口座開設時は仮口座で登録される
  • 住所確認には3~4営業日ほどかかる
  • 取引をスムーズに始めるためには、本口座の登録が必要

しっかり準備すれば
仮想通貨取引所の口座開設もスムーズに

口座開設したいと思える取引所が見つかった際は、本人確認書類などの準備物や口座開設までの流れを把握してから開設手続きをするようにしましょう。口座開設をする前にしっかりと準備をしておくことで短時間でスムーズに口座開設をすることができ、口座開設時のトラブルを未然に防ぐこともできます。

取引所を迷っている間に、仮想通貨の取引タイミングを逃してしまうケースもあります。1カ所に決められない場合は大手の取引所に複数登録しておくことがおすすめです。複数登録しておくことで分散投資をすることもでき、リスクを分散させることにも繋がります。無料でアカウント登録することが可能な取引所が多数あるため、まずは口座開設してみましょう。

関連記事

スプレッドで比較!仮想通貨取引所の口座開設はどこがいい?

仮想通貨の取…

MIT発、分散型クラウドコンピューティングEnigma(エニグマ)とは

求人情報-ライター募集-

仮想通貨プレゼントキャンペーン過去の当選者様一覧

“暗号通貨元年”のG20を振り返る

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら