世界の送金システムを革新する!リップル(XRP)

仮想通貨と聞いて、多くの人が最初に思い浮かべるのは、やはりビットコインでしょう。しかし、実際には仮想通貨と呼ばれるものは数え切れないほどあります。また、日夜新たな仮想通貨が生まれているのです。今回は、そうした数ある仮想通貨の中から「リップル」について紹介します。

目次

リップル(XRP)とはなにか

リップルとは、銀行間取引における送金を迅速かつ安い手数料で実現するためのプロジェクトであり、XRPというトークン(仮想通貨)が利用されています。

リップル(XRP)の特徴

リップルは銀行間取引の迅速化を目指して開発されています。2004年にカナダの Ryan Fuggerというウェブ開発者により作られ、現在はRipple Inc.(リップル社)によって開発が行われています。

リップルのプラットフォーム上でやり取りされるトークンxRapid(XRP)が仮想通貨として取り扱われています。リップル社はXRPをブリッジ通貨とすることで、為替や送金の手数料を大幅に低下させたり、決済速度を引き上げたりしようと考えているようです。

例えば、他国の通貨を日本円と交換する場合、一度XRPに替えるという過程を経ることで、各通貨との為替を意識せずに交換できるようになります。こうすることで多様な通貨での取引におけるコストを抑えようとしているのです。

また、2018年1月の段階でも、ビットコインよりも遥かに速い決済処理が可能であり、利便性という面でも注目を集めています。

リップル社と提携したり、共同開発や技術提供の契約をしたりしている銀行は増え続けている状況です。2018年2月時点でも、すでにイギリスやサウジアラビアなどの中央銀行がリップル社と共同開発を行っています。

日本国内の三菱UFJ、みずほ、三井住友といった大手銀行も参加を表明しています。ビットコインと違い、直接買い物をするための通貨というよりも、国境を問わず送金ができる「システムを作る」ための仮想通貨だといえるでしょう。

リップル(XRP)の特徴・時価総額

リップルの基本情報(※)
時価総額 2.1兆円(第3位)
上限発行枚数 1,000億XRP
承認アルゴリズム Proof of Consensus(PoC)

※:2018年3月現在の情報です

リップル(XRP)の将来性

リップルが目指しているのは、仮想通貨として一般の人々に利用されることではありません。リップルネットワークという銀行間取引をスムーズに進めるためのシステムを構築することで、国境を越えた資金の流れが円滑かつ低コストで行われる未来を目指しています。

いってみれば、既存システムを革新するためのものです。ビットコインを含めた多くの仮想通貨が目指す「非中央集権化」という理想とは、全く異なった目標を持っているわけです。

むしろ、中央集権的な現状の銀行システムを強化するために利用されるものかもしれません。だからこそ、政府と直接かかわりのある中央銀行やメガバンクから注目を集めているのも事実でしょう。

大きな後ろ盾を持つ可能性がある仮想通貨という意味で、リップルに期待を抱く人は少なくありません。

リップル(XRP)のチャート

リップルの値動きで、大きな変化が最初に見られたのは2017年5月でした。それまで1XRP=5円以下を維持していたにもかかわらず、一気に暴騰して1XRP=40円を超えるという状況が生まれました。

原因はリップル社が保有しているXRPについて、550億XRPについてロックアップする(システム的に売却を不可能にする)という発表があったからです。

実はXRPについて、「値上がりしたところでリップル社が売り抜けるのではないか」という話がずっと囁かれていました。ですから、リップル社が保有する大量のXRPが市場へ一気に放出される懸念がなくなり、一気に買い注文が殺到したようです。

ただし、あまりにも暴騰したため、当然調整局面を迎え、以降は1XRP=18円前後を推移しました。そして2017年末に迎えた仮想通貨市場全体で巻き起こった高騰により、リップルも再び値を伸ばしました。

結局、1XRP=350円を超える史上最高値を付けますが、反転急落が起こり、2018年2月現在は1XRP=100円前後になっています。

リップル(XRP)の買える取引所

リップルを手に入れるのに最も手軽なのは、取引所を通じた購入でしょう。初めてリップルを買おうという人には、手軽さや安全性の面から見て、国内の取引所を使うことをおすすめします。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinではリップルを含めて、7種類の仮想通貨を購入することができます。さらに、レバレッジ取引に対応しているため、5倍レバレッジによって少ない元手でリップルを購入することができます。

もちろん、レバレッジをかければ大きく儲ける可能性がありますが、逆に損失が広がる場合がある点は忘れてはいけません。

また、DMM Bitcoinはビットコインとイーサリアムだけが現物取引できる仮想通貨です。リップル自体を引き出したり他のウォレットに送ったりすることはできません。

BitTrade(ビットトレード)

BitTradeでは、リップルを含めたアルトコインを取引所形式(利用者間で直接取引される形式)で売買できます。そのため売買におけるスプレッド(売買における手数料)が低く抑えられるのが特徴です。

GMOコイン

GMOコインの魅力は、とにかく売買のしやすさにあります。通常の取引所であれば、買い手と売り手がそれぞれに指値を入れて、合致すれば売買が成立する仕組みになっています。

ですが、これは指値が噛み合わないと売買が行われないという意味でもあります。取引を始めたばかりの人にとって、「どんな指値がよいのか」というのは、なかなかわからないところ。

GMOコインでは表示されている価格で、即座に取引を行うことができます。初心者にも利用しやすい仕様になっているのです。

リップル(XRP)の保有にオススメのウォレット

購入した仮想通貨を長期で保管するなら、自分にあったウォレットを選んで、そこで安全に管理することをおすすめします。

ripple-client-desktop

ripple-client-desktopはデスクトップ(ローカル)ウォレットの一種です。サイトからzipファイルをダウンロード、解凍してインストールすればアカウントを作成できます。

仮想通貨を送信する際に必要となる秘密鍵を自分で管理できる点で、ある程度安全性を確保できます。ただし、PC上で管理するウォレットですから、ウイルスやハッキングされるリスクがある点は覚えておきましょう。

Gatehub(ゲートハブ)

Gatehubはオンラインウォレットの一種ですが、自分で秘密鍵を管理できる点が特徴です。一般的に、オンラインウォレットの秘密鍵は管理人が持つもの。

Gatehub自体は取引所でもありますが利用者に管理鍵の保管をさせてくれるため、セキュリティの面で信頼性があります。安全面よりも利便性を優先したい場合、こうしたオンラインウォレットを活用する人が多いようです。

Ledger Nano S(レジャーナノS)

Ledger Nano Sはハードウォレットの一種で、根強い人気があります。リップルだけではなく、25種類の仮想通貨に対応しているため、非常に扱いやすいウォレットです。

仮にPCがウイルスに感染しても、ハードウォレットが取り外してあれば、仮想通貨を盗まれる心配はありません。ただし、破損や紛失をするというリスクはありますから、管理は慎重に行いましょう。

大手銀行が相乗りするリップル(XRP)ネットワークに期待!

仮想通貨XRPは、あくまでリップルネットワークの一部です。また2018年2月現在、XRP自体が個人で使用できる場面はありません。リップル社の方針から考えても、そうした利用法が普及する可能性は低いでしょう。

購入するとなれば、投資や投機目的となります。しかし、XRPを含め、リップルネットワークの拡大は時間とともに顕著なものになっています。

大手銀行と提携したり、共同開発を行ったりと、リップルの展望に期待を抱くだけの情報がたくさんあるのです。それでも、期待はあくまで期待である点は理解しておきましょう。

仮想通貨そのものが、開発途中であり発展途上にあります。投資をするとしても、あくまで余裕のある範囲を守ることが大切です。

カテゴリー内記事一覧

リップルの将来性と今後の価格を解説|SBIも注目する理由とは

リッ…

リップル対応ウォレット5種を徹底比較|種類毎の特徴を解説

今急…

リップル(XRP)取引所を徹底比較|用途別オススメ取引所を紹介

Goog…

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら