「オタク」が作った日本初の仮想通貨!モナコイン(MONA)

2017年は、仮想通貨にかかわるニュースが多く聞かれた年でした。2018年に入ってからも、良くも悪くも世間を賑わせているようです。

しかし、仮想通貨といっても、その種類はさまざまです。1500種を超える仮想通貨の中から、今回は「モナコイン」について紹介していきます。

目次

モナコイン(MONA)とはなにか

モナコインは、日本の大手掲示板「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)」発祥の仮想通貨です。

モナコイン(MONA)の特徴

モナコインの基礎を作ったのは、Mr. Watanabeと名乗る人物でした。今でも正体がわからない人物となっています。というのも、モナコインは匿名掲示板を通じて生まれ、開発されている仮想通貨だからです。

ライトコインの技術を基礎にして開発されたモナコインは、「2ちゃんねる」という掲示板に参加する有志の人々によって開発が進められています。

モナコインは開発当初から、利用目的がハッキリしていました。インターネット上において匿名で行われる創作活動などに対する「投げ銭」として利用しようというものです。

商業目的ではないイラストや動画、音楽などの公開について、「この作家さんを応援したい」という気持ちで金銭的な支援をするための仮想通貨として誕生したのがモナコインなのです。

おかげで、いわゆる「オタク」と呼ばれる人々の間で広まり、根強いファンが多くいます。ビットコインが極めて大きな範囲での普及を目指しているのに対して、モナコインは「特定の趣味を共有できる人々」の間で利用されるようになっています。

モナコイン(MONA)の特徴・時価総額

モナコインの基本情報(※)
時価総額 229億円
現発行枚数 1億512万MONA
承認アルゴリズム Proof of Work(PoW)

※:2018年3月現在の情報です

モナコイン(MONA)の将来性

モナコインは利用目的がハッキリとしている仮想通貨として生まれました。特定のファンを抱えているという点が強みです。コミュニティでの取引も盛んに行われ、モナコインを利用できるサービスもあります。

利用方法のない投機的な仮想通貨も多い中、すでにモナコインを利用できるサービスや店舗が存在するというのは将来性を感じさせるでしょう。

また、2017年8月にビットコインが分裂した原因である「segwit」という機能を世界で最初に実装したのはモナコインでした。

さらに、ビットコインやライトコインが実装した「アトミックスワップ」についても、モナコインはすでに実装済みです。ビットコインと比較して、6倍の処理速度を誇るという点も含めて、スペックは非常に高いといえます。

反面、コミュニティの参加者が限定的になっている部分もあります。モナコインを使えるサービスがイラストやマンガの購入だったり、秋葉原のPCショップやメイドカフェの利用だったりと、かなり偏りがあるのも事実です。

日本のサブカルチャーと結びつきの強い仮想通貨であり、それらの発展がどうなるかで、モナコインの未来も変わってくるでしょう。

モナコイン(MONA)のチャート

モナコインは2015年以降、2017年まではほとんど値上がりすることもなく、1MONA=10円以下で推移していました。

変化が起こったのは、2017年4月です。仮想通貨におけるスケーラビリティ問題(処理速度が遅くなる問題)解決のために開発された「segwit」を取り入れることを可決し、実装することになりました。

世界に先駆けたsegwit実装は注目を浴び、一気に1MONA=24円という高値を付けます。直後に調整局面を迎え価格は半減しますが、7月に入ると再び上昇基調に入りました。

理由のひとつはモナコインの半減期(新規発行量が半分になるタイミング)が7月16日に予定されていたことと、8月にビットコインのハードフォークが予定され、資金が逃げていたためです。

一時1MONA=400円を軽く超える価格を付けますが、再び半減します。そして、2017年末に起こった仮想通貨市場全体の暴騰に乗り、モナコインは1MONA=1500円という史上最高値を記録しました。

その後、市場全体の下落基調もあり、価格が低下していき、2018年2月現在は1MONA =500円前後を推移しています。

モナコイン(MONA)の買える取引所

仮想通貨を購入するためには、取引所を利用するのが最も手軽です。海外の取引所もありますが、初心者はまず、日本人でも利用しやすい国内の取引所を使ったほうが良いでしょう。

Zaif

日本で最初にモナコインを取り扱った取引所です。手数料が非常に安いことを売りにしています。モナコインも購入方法によっては、手数料なしで購入することが可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

国内最大規模の仮想通貨取引所です。資本力のある大企業が株主として名を連ねています。不正アクセスに対する保証などもあり、セキュリティ面を考えても安心して利用できます。反面、販売所として高いスプレッドを設定しているというデメリットもあります。

bitbank.cc(ビットバンク)

仮想通貨の現物取引に特化した取引所です。2018年6月30日まで、仮想通貨交換業登録記念として、取引にかかる手数料を無料にするキャンペーンを行っています。

モナコイン(MONA)の保有にオススメのウォレット

購入した仮想通貨の保存というのは、きちんと考えなければいけません。取引所の口座に預けておくのもよいですが、取引所自体に問題が起きる可能性も否定できないからです。少なくとも長期での保有を考えているのなら、自分のウォレットを作って管理をすることをおすすめします。

Monacoin core

モナコイン専用のデスクトップウォレットです。オンラインウォレットとは違い、自分で秘密鍵を管理できますからセキュリティ面で信頼性があります。ただし、ウイルスやハッキングの危険性がありますので注意が必要です。

Trezor(トレザー)

仮想通貨用ハードウォレットであり、モナコイン以外にも多数の仮想通貨を保管することができます。ハードウォレットは完全オフラインでの管理ができるため、ウイルスやハッキングに非常に強い点が魅力です。

反面、紛失や破損など物理的なリスクがあります。また、モナコインを保管する場合は、専用のウォレットのサポートが必要になります。

bitaddress.org

ペーパーウォレットを作るためのツールです。秘密鍵を紙に印刷する保管方法であり、ネットを通じたハッキングやウイルスによるリスクとは無縁です。

ただし、紙を紛失したり損壊させたりすると復元できません。また、ウォレットの作成時にPCをオフラインにするなどの注意点もあります。

モナコイン(MONA)のファンになれるなら購入もあり

モナコインは生まれた時点から、目的を持った仮想通貨でした。それゆえ、ファンというものが存在していて、強く支持されているという面があります。

モナコインを保有したり利用したりする人の多くが、そうした「モナコイン自体に愛着を持っている人」だったのです。2018年2月現在、アルトコインの多くは利用場所もなく、単なる投資や投機の対象になっています。

ファンによるコミュニティが確立していて、すでに利用できる場所が存在しているという仮想通貨は多くありませんから、モナコインの将来性に期待できる面もあるでしょう。

しかし、実際に利用できる場面が、非常に「マニアック」であるという事実もあります。2017年には大型プロモーションを打つなど、何とか認知度を高め、普及に努めようとしている最中です。

今後の発展は未知数ですが、実際に使い道がある人なら、今後の値上がりも期待して持っておくべきでしょう。モナコインのファンが多いサブカルチャー業界にはあまり興味がないのなら、あくまでも投資先のひとつ程度に見て、慎重に行動するべきです。

カテゴリー内記事一覧

【2018年版】モナコインの将来性・今後の動向を考察

仮想通貨を始めるなら安心・安全な取引所で

日本最大手の取引所「bitFlyer」

  • 日本最大の仮想通貨取引所
  • 金融庁公認なので安心
  • 口座開設手続きがスムーズ

公式サイトはこちら

仮想通貨FXなら安心のGMO

GMOコイン

  • GMOなのでセキュリティ万全
  • 2wayプライスなので取引が簡単
  • 現物取引にも対応

公式サイトはこちら